미치광이

未知との遭遇

未知との遭遇  「オクシズ」といったって、ご当地以外メジャーな存在じゃない。静岡市の中山間地「奥静岡エリア」の愛称で、市民に周知されてきたのだって、ここ数年だ。  僕は余所者だから(とはいえ四半世紀も住んでいれば地元民といえるか)、観光の宝庫・静岡県は魅力的で、引っ越した頃から隈なく周ってきた。  先週末、天気も良くて絶好のドライブ日和。久しぶりオクシズまで足を延ばす。梅ヶ島方面から井川ダムを経由し、千頭から島田に降りるルートだ。  16℃あった下界のポカポカ陽気が、山上近く進むに従い残雪が目立ち始める。車内表示は3℃まで下がり、窓を開ければ手に触れる空気の冷たいこと。  ふと道端に目をやれば、見知らぬ生物がこちらを見つめている。なんだコイツ。熊か?タヌキか?それともキツネか? いやぁ、そのいずれでもないな。どことなく人懐っこい表情が愛らしい。ひょっとしてオレは今、未知の生命体と出会ってしまったのだろうか。   車を停め、遠距離からスマホでパチリ。拡大写真はボケボケだが、耳の形状の独特なのがお分かりいただけるだろうか。こいつはもしや、一大スクープだぜ。  後ほど調べると、ニホンカモシカとやらに形状が近い。しかし、断言できるほど酷似もしていない。いったいキミは、何者だ。 仕事だって、未知へのチャレンジはいかが? お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 표시

風のマルシェ

風のマルシェ  余所者の僕にとって、静岡は観光資源の宝庫と映る。例えば浜松からの帰り道、東名高速を使わず御前崎までの寄り道コースをとれば、少し上がった高台から、こんな夕暮れの海を味わうことができる。しかも貸し切り状態だ。さしでる光の一条は、海原を黄金色に染めて揺らぎ続ける。詩人ですね。  しかるに静岡の連中ときたら、他県からの集客に積極的な感じがまるでしない。言っちゃ悪いが隣の山梨と比べれば、魅力的スポットははるかに静岡の方が多い。なのに山梨は静岡に比して、3倍もの集客力を誇る。ホント、努力してるよなぁ。  今や関東からの観光地トップに挙げられる熱海など、静岡県においてはほんの序の口だ。ここを拠点に伊豆を一周するだけで楽しい。海・山・川の幸、七滝温泉や常連の滝、美術館や博物館の見ごたえだってある。そこまで遠出せずとも、僕が住んでいる名もなき裏山を2時間かけて登頂すれば、メディアにはかすりもしない絶景が広がっている。  逆説的に、売り込まないからこそ守られている景観・静けさとも言える。異人さんで溢れかえり、住民がバス一つ乗るのに苦労するメジャーな観光地など、考えてみたら無縁でよろしい。 海の上は少し墨汁を加えた牛乳のようにぼんやり暮れ残って、そこらにながめやられる漁船のあるものは、帆を張り上げて港を目ざしていたり、あるものはさびしい掛け声をなお海の上に響かせて、せわしく配縄を上げているのもある(有島武郎 / 生まれいずる悩み)。 文学だなぁ、ポエムだなぁ。 田舎はいいぞ! お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 표시

わが心のモーツァルト

「ごきげんいかが? どんな服着てるの? お通じの方は順調かい? 快く仲直りしてくれない? さもないとぼくの名誉にかけて、バーンと一発やらかすぞ! どうせきみは笑ってるだろ ― 万歳(ヴィクトリア)! 僕らのお尻を、和平条約調印のしるしとしよう!」 「そう、ぼくのあれは元気です。二週間後にパリへ立つけど、きょうもひとクソたれておこう。もし、そちらアウクスブルクの町から手紙をくれるつもりなら、ぼくが受け取れるように早く書いてね。でないと、ひょっとしてぼくがもう立ったあとだと、受け取るのは手紙のかわりに一通のウンチ。ウンチだ!」 以上、世界の王侯貴族から御用達の大作曲家、モーツァルトのお手紙の断片です。素敵ですね。 知らずに聴けばたいへん敬虔な気持ちにさせられる、「Leck mich im Arsch」という声楽曲もあります。 「俺の尻をなめろ 陽気にいこう 文句をいってもしかたがない ブツブツ不平ばかりじゃしかたない ホント悩みの種は尽きない だからこそ陽気にいこう 俺の尻をなめろ」 日本語に訳せばズバリ「俺の尻をなめろ」です。どうです、一度聴いてみたくなりませんか。 マニアな世界がお好みのあなたも お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 표시