全てが無事に

今年も残りわずかとなりました。

12月初旬、嬉しい事が続きました。 まず1つ目は、地元清水エスパルスが最終節の勝利によりJ1残留を決めた事です。 ホーム最終節の新潟戦でまさかの逆転負けを喫し、正直残留は無理と覚悟しました。 期待(?)を裏切り、アウエイで上位チームを3-1で下し、年間15位でシーズンを終了しました。 来年は残る残らないでファンをやきもきさせることなく、一つでも上位を目指し、ホームで勝利を重ねて欲しいものです。

2つ目としては、10月に受講した建築物清掃管理評価資格者に無事合格したと、12月1日に報せがあったことです。 最初の講習を受けてから、10日という短期間で終了。 難しい課題の提出もあり、正直大変でした。 今回はダメかと落ち込んでいましたが、努力の甲斐もあってか受かりました。 ホッとしています。

3つ目は、12/4で結婚6年目を迎えたことです。 結婚6年目は“鉄婚式”と呼ばれているそうで、元々は「鉄のように強い人生を」との節目らしいですが、最近は「鉄のように強い絆で結ばれた夫婦」という意味で使われるそうです。 他人同士が同じ屋根の下、正直、もう無理かなと思った瞬間が無かったと言えばうそになりますが、何とかここまでやってきました。  結婚10年目には、妻がビックリするようなサプライズをしたいと思います。

こうして綴ってくると、私は物事を悲観的にみる傾向が強いことに気づきます。 来年はもう少し楽観的に、ダメでも死ぬわけじゃないんだからくらい、大らかな心でいることを目標にしたいと考えます。 でもやっぱり、こんな自分には無理な目標かもしれません。

エスパルス

カテゴリー: 担当者の趣味、その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。