冬の支度

今年も残すところ、2ヶ月足らずとなりました。 弊社でも年末調整申請書が配布・回収されるなど、年の瀬を感じさせる昨今です。

そんな中、(私が担当する)空調機の冷暖切替点検時期となりました。 難しいのは、朝と夕方は例年通りとして、日中は気温が随分と上がり、1日を通すと極端な温度変化があります。 体調管理に気を配らなければ風邪をひいてしまいそうな日が続いております。 出向く現場の空調を前に、なかなか難しい切替の判断を求められますが、それも勉強と業務を遂行して参ります。th5PZCF6WR

弊社が請け負っている空気環境測定業務を、自手で行う方針となりました。 私が入社したころ、人が足らず外注化していたものを、スタッフの充実から元に戻した形です。

空調切替点検業務と並行して、空気環境測定を委託している協力業者に業務部・村松誠氏と同行し、各案件の引継ぎを行っている最中です。 こちらに関しては、おおむね今年を目途に引き継ぎを終える予定です。 目には見えない空気中のさまざまな特性を数値化し、お客様にお伝えする仕事です。 機器の操作や、現場によって異なる測定条件など、充分理解し臨まなければなりません。 04211158_58f9756d7cecb[1]しっかりとした引き継ぎが必要不可欠です。 落ち度の無い様に、さらに将来は、誰に引き継いでも円滑に業務を繋げるよう努めて行きたいと思っております。

年末が近づくにつれて、公私ともに慌ただしい日々が予想されます。 皆様も体調管理・怪我等に留意頂き、残り少ない2017年をお過ごしください。

 

カテゴリー: 天候, 建築物環境衛生, 空調   パーマリンク

コメントは受け付けていません。