落としたものの代償は?

一日の寒暖差が大きくなってきたためか、先日、久々に風邪をひきました。
今は順調に回復に向かっていますが、運悪く嫁にうつしてしまいました。 夫婦共々協力しながらの子育てを、より必要とされるここ最近です。

最近、25年ぶりに財布を落としました。1-r3bfrwuHf4Ex2pVLQXUQ7Q
結論から先に言うと、翌日の夕方に財布を拾われた方から連絡が入り、財布と中身はぶじ手元に戻ってきました。
なんと良い方に拾って頂いたことか・・

もしも見つかっていなければ、今こうしてブログを更新出来たのかさえ分かりません。
25年前と現在で異なっているのは、財布の中身の質です。
お金も大事ですが、社会人として責任を負うための証(資格者証)の類は、セキュリティーの役割も持ち合わせています。

各関係者へ報告の際、取引先担当者様に電話で言われた事が印象的でした。
「財布にはお金だけを入れて(財布は無くしたらお金だけ抜かれて財布は捨てられるから)、それ以外のカード類は入れ物を変えてチェーン等でベルトループに付けている。 従業員全員が会社から叩き込まれている」との事でした。

この歳になって財布に色々詰め込み過ぎていたことを反省し、今回をきっかけに、財布とカードケースを別々に持ち歩くようになりました。
財布を落として、無くす代償を一人で負えるとは限りませんので、皆様くれぐれもご用心下さい!

カテゴリー: 健康, 担当者の趣味、その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。