定期検診(審査)でわかること

健康診断お盆を過ぎ、朝晩は過ごしやすくなったと感じます。 それはいいのですが、異常気象という言葉を毎年嫌というほど聞かされます。 今年は梅雨時期に雨が少なかったのと逆に、東京では8月に入り半月以上雨が続いているようです。 眩しく暑い夏はどこへ行ってしまったのでしょうか? 地球に健康診断があるとして、おかしな数値が出るんだろうな… そう思えるような自然災害が各地で起きております。

毎年7月に会社で行う健康診断を受けるわけですが、今年は少し楽しみでした。 それは、昨年秋から正月にかけてダイエットをしたため、数年前から続くメタボから脱出確実であったからです。

つい先日結果票が届き、体重も60kg以下で当然メタボ脱出! これは当然の結果でしたが、少し数値が高めだったLDLコレステロール等が正常値範囲に収まっていました。 唯一B判定だったのが血圧ですが、昨年よりも下がっていました。 多少食生活に気を配るだけでこうも変わるものかと、改めて感じました。 日常生活では、階段の上り下り等で息切れすることも少なくなり、快適です。 ただ、ドライバーを振っても以前ほど飛ばなくなったような・・・(少しはデimagesGFN768RBメリットもあるかなw)

このような定期検査(審査)は、仕事にもあります。 SBMでは各種の建築物に関する登録業の許可を取得しています。 そのほとんどで、6年ごとの更新手続きが必須となるのです。 必要な資格者を有しているか? 必要な器具を適正に維持管理して使用しているか? 業務に携わる人員に対し適正な教育指導をしているか?など、保健所生活衛生課が書類及び営業所立入検査でチェックします。 合格すれば、新たに6年有効の登録証を発行してもらえるのです。 今回満期を迎える「建築物空気環境測定業」「建築物飲料水貯水槽清掃業」の2種について、ぶじ書類審査が通りました。 後日、営業所の立入検査に合格すれば正式にOKとなります。

このように、人も会社(業務)も定期に検査(審査)することにより、健康で適正な状態が保てるのだと思うし、周りも安心して付き合えるのだと感じます。

sketch-1503046996164さいごにボヤキですが、今年の海はおかしい… 夏に接岸するはずの回遊魚はおろか、餌となるイワシ等の小魚も少なすぎます。 おかげで1mのシイラどころか、未だ50㎝にも届かない。 潮流のせいなのか? 他国の漁船が乱獲しているせいなのか?

終わりかけた夏ですが、最後まで諦めずがんばろーと思います。

カテゴリー: 健康, 天候, 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。