メディアの断末魔

北の隣国で、核搭載可能なICBM(大陸間弾道ミサイル)が完成間近と騒がれる。 そもそも10数年も前から、日本全土に着弾可能な中距離弾道ミサイル「ノドン」が実用化・配備されているのに関わらずだ。 今回のメディア報道は、北の核武装が最終段階にあることと、米朝の緊張が最大限に高まっている事態を示すにすぎず、国防の観点からすれば、今さら感は否めない。

北がその気になって攻撃すれば、今すぐにでも日本は終わるか、最低でも壊滅的な被害をこうむる、それが厳然たる事実だ。 アメリカの意志や中国の出方が云々といった他国の都合ばかりでなく、僕たちが生活するこの国土をどう守り、そのために何を覚悟しなければならないか、そういった視点で物事を論じる者が、メジャーなメディアで皆無に等しい。 今もなく、10数年前にもなく、もしかしたら戦後70年間、僕たちが持たずに過ごして来た、それは“覚悟”かもしれない。

では日本側の迎撃態勢は万全かというに、もちろん敵方に正確な情報を与えるわけにいかない国家機密であっても、100%防御可能を言い切る専門家は皆無だ。
1発なら90%前後とされる迎撃精度も、発射場所が移動式となって直前までつかみにくく、しかも3発同時に打ってくるという演習まで、相手国は成功させている。 もし日本への攻撃が現実となれば、再び核被爆国となる惨状は避けがたい。

5月の記念日に合わせ、安倍首相が憲法の一部修正・もしくは加憲に言及したのも、こうした危機的状況を前にした現実的アプローチであったろう。
憲法9条1項と2項を維持しながら自衛隊の存在を明記するとした今回の案は、9条に「国防軍」の保持を明記する自民の改憲草案(2012年策定)から、大きく後退したようにみえる。 新たな改憲案は「(12年草案と)違うので、批判もあると思うが、それを受け止めながら結果を出したい。 いかに苦しくても(党を)まとめあげる決意だ」と、国のリーダーは真摯に訴えた。

そこから、何が始まったか。 マスメディアによる、あまりに露骨な倒閣運動である。 とくにテレビ局の総攻撃には、目を覆うものがあった。

1月に接触事故があり、首と腰にダメージを負った僕の配偶者は、家で横になってテレビをつける時間が必然的に多くなった。 その彼女がしきりと、安倍政権批判を口にする。 つど僕がそれを否定し、口論となる。
それもあながち、無理な話と思えない。 安倍首相(および周辺関係者)に対する思い込み・ねつ造を、情報弱者でありながら発言力だけはやたらと大きいタレントに語らせるワイドショーの手法、言動の切り貼りによる印象操作は、実に徹底している。 たちが悪いのは独裁国家のように、報道など鵜呑みにしないという国民の常識がないため、流される情報がすべて真実であるかのごとく、受け止められてしまうことだ。

大局から観れば、日本を不安定化させて喜ぶのは誰か、一目瞭然のはずだ。 しかし何故か、日本を貶めることに必死な人達が少なくない。

1970年代、三菱重工爆破事件・連続企業爆破事件などのテロを連続させた東アジア反日武装戦線に、「反日亡国論」という思想がある。

teroprm1505210008-p1_201705241045317f3日本という国は、明治帝国主義による朝鮮侵略・琉球侵略・アイヌ侵略など、建国以来、侵略・虐殺の歴史を繰り返してきた。 その遺伝子を受け継ぐ現代のあらゆる日本人は、恥さらしで醜悪な犯罪者である。 よって日本という史跡そのものを解体しなくては、根本的な解決に至らない。 過去を完璧に消し去れば、我々はやっと償いを終えて、他国からの赦しを得られるだろう。 そのためには、建国以来の日本的・大和的なもの、及びそれに連なる一切の伝統文化・風習・民族、そしてアイデンティティを根絶やしにするしかない。 道理を重んずるのであれば、むしろ非国民たるべきだし、反日売国奴と呼ばれることに誇りを持つべきである。

日本を愛するがゆえに、根本から日本を否定し、イチから再生すべしというのが彼らの主張である。 アホらしいと、あなたは一笑されるかもしれない。 しかし、こうした極端な思想を持つ人物が国を掌握した悪夢のような現実を、現代史は示している。

1976年かphoto_4ら1979年、カンボジアを支配したポル=ポト政権では、原始共産制の実現のため通貨を廃止し、学校教育の否定などからおびただしい犠牲者を出した。 旧勢力や帝国主義勢力のスパイから防衛するという口実で、暴力的な排除を正当化する。 原始共産主義に害をなす存在として、医師や教育者など知識人層が皆殺しにされる。 カンボジアは完全な監視社会となり、洗脳を受けた子供たちは、だんらんの場で一言愚痴をこぼしたと親を密告し、自らも肉親の処刑に加わるという悲劇まで繰り返された。 何の罪もなく無抵抗な同じ民族を、100万人単位で拷問・虐殺したと記録にある。 言語に絶する行いは、理想の国家を築こうとする独裁者の迷妄から生まれたものだ。 過去をリセットし、理想の国家を打ち立てる。 それはまさに、(彼ら言うところの)中国三千年の歴史でもある。 暴力革命を実現した、全ての国家の理念でもある。

集約された権力は、当然の帰結として歯止めを失う。 正論・反対を唱えるものは即粛清される。 肚でどう思おうが表面上はイエスマンに徹しなければ、やはり命を取られる。 「ボス、それやばいっすよ」などの忠告は、一切ご法度の社会にならざるを得ない。

安倍首相をヒトラーになぞらえ、堂々と街宣して回れる今の日本は、その対極にある。 なんという自由な、もしかすると自由に過ぎてかつ無責任に過ぎる国だろうか。 アベノミクス効果によって株価は2万円台を維持し、若者が就職氷河期に苦しんだのもいつの話しか深刻な人手不足へと転じ、経済的な努力を評価されて然るべき政権が、本当は問題でもなんでもない加計や森友といった事象で追い込まれているのは、もしかして「反日亡国論」が功を奏しているのではあるまいかと、疑ってしまいたくもなる。 日本の総理大臣ほど報われない職業はないと、有本香さんがおっしゃっていた。

では僕たちは、NHKや朝日新聞に代表されるマスメディアによって、「反日亡国」一色に洗脳された危機的な時代を生きているのだろか。 もちろん今が、国難というに値する環境にあるのは事実かもしれない。 では、昔の日本においてどうであったか。

img_1批評家・江藤淳は、最大の国難の時代を戦後ではなく、江戸末期から明治初期に見出す。 開国によって、民心は二分された。 「攘夷的保守論」に代表される閉ざされたナショナリズムと、窓を世界に開きながらあやまりなく自己実現をしていこうとする開国的ナショナリズムである。
その過程にあって、江藤はややもすれば歴史の中に埋もれがちな徳川慶喜を高く評価する。 同時に勝海舟こそ、危機回避のため当時最良のインテリジェンス(外国の軍事・政治・経済に関する情報を収集する能力)であり、今の時代の手本になるとも説いている。 1960年代に記された彼の批評は、まるで今を示しているかのごとく正鵠を射ている。

私どもがやらなければならないことに、景気の良いことは何もない。 たいへん地味なことばかりである。 しかしその地味なことを着実に実行していくために、どれほどの強い信念と知力、どれほど大きな胆力が必要であるか(二つのナショナリズム)

平和とは戦争回避の国利に根ざした努力の継続にほかならず、民主主義とはそれを否定する要素を内包することによってはじめて成立する体制だというのである。 人が生きるとは、善のみならず悪をもおかしつつ生きるということである。 それがどうして国家についても真実でないことがあろうか(新しい国体)

ただ、憲法が一切を変えてしまうということはありえず、平和は戦争の回避でしかないという事実をみとめるだけである。 そして、そういう事実に対してできるだけ虚心にならなければ、― 知識人の信奉してきた仮構ではなく、希望的観測を去ってものごとの有様を一旦眺めつくさなければ、政治的な実行についてなにもはじまるわけはないというのである。
「戦後」という仮構をとり去ってみるがいい。 日本を支えてきたものが実際家たちの努力で、それを危機に追いやったのが理想家の幻想であったという一本の筋が今日にまでつながっているのが見えるであろう。 そしてこの実際家のひとりひとりが、どれほどの不幸に耐えて来ているかということが見えるであろう。(中略)
ものの役に立つ思想などという既製品がそこらへんにごろごろしているはずはない。 自分の眼で見たことを自分でいう以外に思想に役の立ち方などありはしない。 権力と思想、道徳の野合はもう沢山である(“戦後”知識人の破産)

いまから50年以上も昔、実際家(=国を動かす人達)の地道な努力と常なる不幸を予見し、ものの役に立たない思想を振りかざし国を危機に追い込む理想家(=メディア・権威主義的学者・左派政党)の破たんを説いた江藤の批評は、古びるどころか、ますますリアリティをもって読み手に迫ってくる。

明治維新から今日に至るまで、何度と訪れた国家の危機を回避してこられたのは、報われること少ない実際家の行動によってのみである。 僕たちはその本質的な努力の結実のみを注視し、理想家の耳障りよく平易で虚ろな言葉に、決して心乱されてはならない。 腐敗したマスメディアなど、“もう沢山である”。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。