忘却

先日の幹部研修会は、今まで出会った中で一番苦手な人をイメージし、その人の取り扱いについて説明するという変わった企画でした。
私は以前働いていた職場の上司について説明しましたが、後日改めて思い返すと、更に苦手な人がいた事に気付きました。 きっと拒否反応から、記憶が脳の奥底に封印されていたんだと思います。

生まれ育った環境や出会った人は皆バラバラですから、性格も千差万別です。
私に対して苦手意識を持っている人も、必ず存在しているはずです。

661a3972私にとって苦手な人に共通するのは、自己主張が過剰に強いという性質です。 言い方を変えれば、相手に対し『共感』する能力に欠けている人達です(決して、上から目線で言っているつもりはありません・・・)。

性格や考え方が違えど、相手に『共感』する気持ちは、自分が置かれている立場や年齢に関係なく大切な事だと、改めて思いました。 相性の合わない人とは一生合わないと思いますが、こうした意識付けをこれからも肝に銘じて、人と接していくでしょう。

最後に、今月我が家に新しい家族が増えました。 6月11日、午前5時33分、3066g、49.7cm、男の子です。 身長以外はゾロ目という、まるで勝負師として生まれたかの様です。

写真のアップは、今後機会を見て行うかもしれません。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 研修   パーマリンク

コメントは受け付けていません。