厄払いは大事!?

暖冬と思われた今年の冬ですが、1月中旬以降、日本各地で大雪が降ったり、奄美地方で雪が観測されたりと、いきなりビックリする寒さの到来です。 とはいえ静岡県は比較的暖かく、雪はほとんど観測されません。 恵まれた土地で生活していることを実感します。

この時期は入札をはじめとして、多くの現場で契約の見直しが行われるなど、慌しくなります。 警備事業部においては、後期の現任教育を2月に行うことが恒例になっており、今15415248年も3班に分けて行う予定です。

SBMの警備員さんたちは1か月ごとの勤務表に基づいて勤務しており、あまり変更等はないのですが、2/4(木)、静岡地区で3名の警備員さんの身にトラブルが発生しました。 私が10年以上担当している中で、初めての出来事です。 警備員のシフトは、誰かが急な病気などあっても大丈夫なように余裕を持って管理しているのですが、一度に3人も勤務できなくなるなんて想定外でした。

順を追って説明します。 午前中、1人目から「朝のウォーキング中、横断歩道を渡っていたら車に突っ込まれて、足を打撲した」と連絡がありました。 幸い軽傷で週明けから復帰できる見込みと聞いて、ホッと一息です。

2人目は「体調が思わしくないため退職したい」とのことで、数日前から前兆はあったものの、よりによってこのタイミングで… 今月の勤務を変更しなきゃと思案しておれば、夜になって3人目の電話が鳴り、療養中であった御身内が危篤で出勤不可と報告うけます。 夜8時半ごろ、慌てて勤務を組み替えるべく各隊員に電話したところ、警備員の方たちは自らの用事をキャンセルしてまで、仕事を優先してくれるとのこと。 頭が下がる思いとともに、仲間を慮る連帯感に喜びを感じました。13138046

ここで、タイトルの「厄払いは大事!?」ですが、前日の2/3は節分で厄払いをする日だったのにすっかり忘れていたどころか、今日(2/4)恵方巻きを買いにコンビニ行ったら売ってない → 節分は昨日だった(-_-);と初めて気が付いた次第…

個人的に神様の存在は信じておりませんが、厄払いを忘れた翌日にこんなことがあると、バチが当たったかな?と思わずにはいられません。 これで鬼が退散してくれることを、こんなときだけ、神様に祈るばかりです。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 日常業務, 未分類, 警備   パーマリンク

コメントは受け付けていません。