今年最初のLED工事

 近年にない大雪が、しかも2週連続で広範囲に降り、各地に大きな打撃を与えました。

 私も高速道路等が通行止めになった影響で渋滞にはまったり、スーパーに買い物に行っても商品がなかったり… しかも、品薄の野菜はあっても高いなど、多少の被害がありました。 SBMの現場は山間部にもあり、屋外業務もありで、大変な思いをしたスタッフも多かったようです。 大きな事故がなかったのは、何よりです。

 最初に大雪が降った翌週の2/10~11、熱海市内にある大手企業の研修所に、LEDを設置してきました。 今回は、ダウンライト約200台の設置です。 共有部等の天井から、既存のFDL(ユーライン型)蛍光ランプ・及びダウンライト器具を外し、新規にLED電球+ダウンライト器具を設置する作業です。 工事は竹電工の竹村さん他、3名で行いました。

 今回は同タイプの器具をひたすら取り付けていくわけですが、計画図面との差異があったり、高所作業があったり、既存器具を外したら配線が…みたいなところもあり、いつものことながら柔軟に対応しなくてはならないことが多々ありました。 さすが職人さんたちは、この種の工事は手馴れていて息もぴったり。 2日間+予備日を見込んでいた工事を、1日半で仕上げてくれました。 私は工事立会いをしながら、図面と設置場所の照合や修正、工事写真の作成を行うとともに、施主対応をしました。

 LED電球に交換すれば、電気使用量の削減はもちろん、蛍光灯に比べより暖かみのある色を選択したことにより安らぐと、ご評価頂きました。 ダウンライトの光効率の良さも相まって、照度も格段に上昇しました。 見た目もすっきりしていて、お客様も満足そうな顔をしてくれていました。

 うれしかったのは、工事完了報告書を提出してすぐに、次のLED改修工事の提案依頼があったことです。 しかも、前回の倍くらいの工事規模になるボリュームです。 しっかり現調し良い提案をするように、次回もがんばろうと思います。

カテゴリー: リフォーム・エクステリア, 営業, 工事, 担当者の趣味、その他, 未分類, 省エネ, 電気設備   パーマリンク

コメントは受け付けていません。