月別アーカイブ: 10月 2017

「夜が掴む」ので「うまくできない」

何も書きたいことがなくて、それにも増して書きたい気分じゃなくて、エラそうにスランプなどというのではなく、現実のお仕事でいろいろあったがためである。 でも一応、月の最後にブログを仕上げることを、ここ数年ささやかなおのれの使命にしていて、意欲を掻き立てるネタが何かないものかググってみると、今日(10月31日)はつげ義春の誕生日とあった(Wikipediaだと10月30日)。

1937年の生まれだそうで、してみると御年80歳。 今もご存命なこと自体、大げさでなく言葉本来の真っ当な意味から“奇跡”と思われるし、この世に呼吸を続けているそのことだけが嬉しいというか、有り難いことに思えてくる。
今さら新作など望むべくもないし、でも近影がちゃんとウェブ画像にあって、その佇まいにあるのは思想や集団から最も遠く、でも孤高という程に屹立としてもない、違和感と“らしさ”が同居し、互いを阻害し合わないといった様相である。

migつげ義春は、描く作品を芸術の域にまで昇華した、おそらく歴史に唯一の漫画家だろう。 手塚治虫を巨匠とは呼べても、壮大な「火の鳥」をもってしてさえ、“沈黙”とは対峙しえない。 つげ作品のみが、“沈黙”の比重に釣り合っていると感じられるのだ。
今も時々、作品集を開く。 若いころの過剰な思い入れも抜け、再読する「李さん一家(1967年6月)」や「大場電気鍍金工業所(1973年4月)」、「夜が掴む(1976年9月)」や「必殺するめ固め(1979年7月)」。 いずれもノスタルジーでなく、あたかもいま初めて接したような、色あせぬ、初々しいまでの感性と果てしのない線の拡がり。 つげ義春を通し、僕の人生は豊かになったと断じ得るほど、彼の諸作品が奥深くにまで浸みている。 雪舟の系譜を、継ぐとみた。

つげ義春を表現しようとしても「いい」と言うほかはなく、それ以上付け足すことがない。 できるだけ長く、この世に留まっていて頂きたい。 意外とご本人は、健康に気を使われているのではないか。

ここから先、最近相次いで逝去した遠藤賢司と平尾昌晃(先月前振りしておいた)に話しを繋ごうとするも、半端ない虚脱感にギブアップする。 あぁ・・・夜だ。

うわー

じゃあもう1回、もう1回だけ(日を改め)やらせて下さい!

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 「夜が掴む」ので「うまくできない」 はコメントを受け付けていません。

体調管理

C6kZIZ5WkAAMtW5梅雨のような長雨が続いており、気温も例年より低いようです。 皆様、体調はいかがでしょうか? 年々、体調管理が難しくなるのは歳のせいでしょうか?

まもなく年末調整が始まります。 毎年この時期になると。猫の手も借りたい忙しさです。 今年は昨年と違う事も多々あるので、今から不安です・・・

健康第一。 今から体調に気を付けて、忙しい時期を乗り越えたいと思います。

カテゴリー: 健康 | 体調管理 はコメントを受け付けていません。

秋の収穫

先月のブログから、早や1ヶ月が経ちました。 季節的には秋本番のはずですが、急に暑い日があったりと気候の安定しない今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は季節ネタと言う事で、我が家の庭で収穫した栗についてのお話です。 栗と言えば、皆様は何を想像されるでしょうか? 栗山千明、栗田家具、栗林忠道最高司令官、まさか、「栗と栗鼠」とか。

一般的な食べ物としての栗について調べてみました。

栗は皮がかたく、種を食用とするフルーツに分類されるそうです。 一般には、ナッツとされているそうです。 フルーツと言われるとピンときませんが、マロングラッセやケーキのモンブランを思い浮かべれば、スイーツのイメージはしっくりくるかもしれません。

その栗ですが、歴史はとても古く、縄文時代の遺跡から数多く出土されています。 9千年程前から、野生の栗を採集して(食べていた)いたと言われているそうです。 戦国時代には、栗の実を乾燥して臼(うす)でつき、殻と渋皮を取り除いて保存食として用いられてきた「かち栗」を兵士に持たせていたそうです。 その「かち栗」の栄養価の高さや、臼で搗く(つく)の古語、「かつ」と「勝ち」をかけた縁起の良さから、士気を高める目的があったそうです。

downloadもちろん収穫した実は、栗ご飯でおいしく頂きました。 しかし私は栗が格別好物でも無いし、嫌いでも無いと言う微妙なコメントを残す事になるのでした。 アラフォーの好物は、やっぱり「栗と栗鼠」ですかね。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 秋の収穫 はコメントを受け付けていません。

長い道のり

朝晩が肌寒く感じます。 私の嫌いな冬が、もう少しでやってきます。

最近のブログはプライベートな話ばかりでしたので、久々に仕事の事を書かせて頂きます。

9月から新しい現場が始まりました。 立ち上げを任され、当日まで眠れぬ夜を過ごしました。 現場の立ち上げは今回で2度目ですが、前回とは状況が全く違っていたためです。

以前は同じ敷地の中の建て替えで、作業内容の追加や変更箇所など、あるていど勝手が分っていました。 作業手順も、少し考えれば頭の中で組み立てられたので、精神的に余裕がありました。

今回はオフィスビルで、様々なテナントが入り規模も異なります。 想像するほどに不安が先走り、悩み続けながら当日を迎えました。 しかもオープン前日、採用内定していた方から電話が入り、何と辞退の意思表示。 スタート初日、管理監督者のはずの私が、ひとり仕事につくはめに。 元請けさんからも、「まさかの●上さん1人?」なんて言われる始末。 お先真っ暗、精神的に持つのか、泣き叫びたい気分でした。

あれから1ヵ月、何とか現場はまわっています。 それでもいつここを抜けられるのか、まるで分かりません。 年末にかけ、テナントさんが一気に入居してくるとの事です。 これからが本当の戦いです。 始まりではなく、“戦い”だと感じています。 現場との戦い、何より自分との戦いです。 潰れない様に。。。。。前進あるのみ? 「何とかなるさ」と、物事を楽天的に受け止めることのできる人が、心底うらやましいと感じる私です。

秋来たりなば冬遠からじ。 やっぱり、冬は嫌いです。

 

ビル画像2

カテゴリー: 日常業務, 求人・採用 | 長い道のり はコメントを受け付けていません。

最低賃金改定の10月が来ました№4

10月です。 今年もあと3ヶ月を切りました。 朝晩の冷え込みが厳しさを増す昨今は、最低賃金改定の季節でもあります。 ちなみに私のブログによる報告は、4年連続となりました。

今回は、静岡県807円→832円 神奈川県930円→956円の改定です。 yjimageRH9JC4B2従業員さんにとっては朗報でしょうが・・・

当社では、箱根・横浜と慢性的な人不足が続き、現場の皆さんにご苦労おかけしております。 毎週募集を更新しておりますが、職種や時間帯によって、反応ゼロの状況も珍しくありません。 人不足による企業倒産も、現実に起き始めているそうです。 派遣会社においても状況は変わらぬようで、たとえば小田原のA物流会社では通常4,000人が従事し、11~12月の繁忙期には1,500人の臨時従業員を募集するそうです。 今年はこの目標人員に遠く及ばないとの声を耳にします。

宿泊施設等からお仕事のご依頼もありますが、断腸のおもいでお断りせざるを無い状況です。

検討中の外国人実習生制度にも、そろそろ舵を切らねばならない時期がきているよう感じます。

カテゴリー: 求人・採用 | 最低賃金改定の10月が来ました№4 はコメントを受け付けていません。

全国制覇!

こんにちは! またまたブログ更新遅れております… すみません。

さてさて、先日(11月23日・24日)、所属する団体が参加の、全国サッカー大会が行われました!
今年は石川県七尾市での開催。 始めていく場所でしたが、有名どころといえば加賀屋旅館が有名ですかね!! 私は外観をおがんだだけですが・・・ 七尾湾から能登島が望め、非常に良い場所でしたよ!

私が出場するのは今年で6回目。 毎年、全国の青年経済人たちとサッカーを通じ交流しています。 今年の目標は優勝! 静岡サッカー王国復権を掲げてきました。 と、毎年毎年言っていますが(笑)

Jリーグを見れば、我らが清水エスパルスもなかなかどうしたものか… 成績が振るいません。。。

我々小さな力ですが、優勝カップを持ち帰り地域を元気にしたい、そんな思いで頑張ってきました!IMG_0683

いよいよ大会本番。 予選からエンジン全開、3選を全勝で突破! 翌日のトーナメント戦へコマを進めることが出来ました。

トーナメント一回戦目はなんと藤枝さん。 まさかの静岡対決となりましたがPK戦のすえ勝利、勢いそのままに決勝まですすみ、なんと、念願の初優勝をすることが出来ました! やったー!!  この結果は、中日新聞にも掲載されましたよ^^

仕事にプライベートに全力のチームメイト、最後はみんなでオヤジ泣きしてましたね笑

帰省後、関係各所へ優勝報告をしています。

よーし!仕事にプライベートに、まだまだ全力で頑張るぞ!! エスパルスも、優勝はむりでも残留だけは死守してください。

IMG_0682

IMG_0681

では、また。

 

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 全国制覇! はコメントを受け付けていません。

熱盛 清水エスパルス

皆さん、お疲れ様です。 暑い夏もようやく終わり、過ごしやすい秋の到来です。

秋と言えば・・・ 食欲・読書などイロイロと思い浮かびますね。 夏の成果と冬への備えが、同時に問われる大事な季節だと思います。 私もフランソワ・ラブレー「ガルガンチュアとパンタグリュエル」やロラン・バルト「エクリチュールの零度」など、是非ひも解いてみたいものです。 でも、夜は社会的な要求の高い、出会い系バーにおける貧困女子の実態調査で忙しそうだし…

ところで、清水の夏はまだ終わっていません。 清水エスパルスがJ1残留をかけ、選手・サポーター・関係者、そしてもちろん我が社も、毎試合が真夏なみの熱さなのです。

ご存じの方も居られると思いますが、残り6試合です。

10/2現在、13位と厳しい立ち位置。 年間16~18位になれば、J2に再び降格してしまいます。

えすぱesupa

次回の10/14、ジュビロ磐田戦(静岡ダービー)は、負けが許されない試合となりました。

13~16位まではだんご状態。 仮に下位3チームが勝ち、エスパルスが敗れると、順位が一気に↘16位と危険水域にあります。

地元の皆さん、清水エスパルスを応援しましょう。

私も貧困調査は二の次に、今度の試合にかけつけます! 仕事でですが。

カテゴリー: イベント, 担当者の趣味、その他 | 熱盛 清水エスパルス はコメントを受け付けていません。

落としたものの代償は?

一日の寒暖差が大きくなってきたためか、先日、久々に風邪をひきました。
今は順調に回復に向かっていますが、運悪く嫁にうつしてしまいました。 夫婦共々協力しながらの子育てを、より必要とされるここ最近です。

最近、25年ぶりに財布を落としました。1-r3bfrwuHf4Ex2pVLQXUQ7Q
結論から先に言うと、翌日の夕方に財布を拾われた方から連絡が入り、財布と中身はぶじ手元に戻ってきました。
なんと良い方に拾って頂いたことか・・

もしも見つかっていなければ、今こうしてブログを更新出来たのかさえ分かりません。
25年前と現在で異なっているのは、財布の中身の質です。
お金も大事ですが、社会人として責任を負うための証(資格者証)の類は、セキュリティーの役割も持ち合わせています。

各関係者へ報告の際、取引先担当者様に電話で言われた事が印象的でした。
「財布にはお金だけを入れて(財布は無くしたらお金だけ抜かれて財布は捨てられるから)、それ以外のカード類は入れ物を変えてチェーン等でベルトループに付けている。 従業員全員が会社から叩き込まれている」との事でした。

この歳になって財布に色々詰め込み過ぎていたことを反省し、今回をきっかけに、財布とカードケースを別々に持ち歩くようになりました。
財布を落として、無くす代償を一人で負えるとは限りませんので、皆様くれぐれもご用心下さい!

カテゴリー: 健康, 担当者の趣味、その他 | 落としたものの代償は? はコメントを受け付けていません。