月別アーカイブ: 9月 2014

久しぶり尽くしでちょっと初体験

 毎月、お仕事頂いています有料老人ホームで、今回は診療所(通路)の剥離作業を受託しました。
 我が特掃班で床の剥離洗浄を行うのは、本当に久しぶりでして・・・ 不景気続きで床の美観の問題など、どこのお客様も二の次になってしまいがちですから。

 作業開始は19:00。 こちらも久しぶりの夜間作業。
 久しぶりが、こうも重なるとは。

 最近ずっと特掃班で作業をしています井上君にとって、床面のワックス剥離は初体験。
 リーダーの私が工程を一つ一つ説明しながら、安全に配慮して作業を進めます。
 自分も昔はこうだったなぁなんて、懐かしくなってきちゃいました。

 予定の時間を少しオーバーしましたが、ご迷惑おかけすることなく無事に終了。
 立ち会って頂いた施設の方にも、「明るくなったね」と喜んでいただけました。

カテゴリー: 定期清掃, 特殊作業 | 久しぶり尽くしでちょっと初体験 はコメントを受け付けていません。

2014 勝坂歌謡ショー

 9月27日、天竜区春野町の旧勝坂小学校で「勝坂歌謡ショー」を開催しました。 浜松市から受託している「指定管理者制度」地域活性化の事業の一環です。 昨年の歌謡ショーに続き、2回目となります。
 第1回は小学校の校庭をステージにして行ないましたが、今年は校舎の講堂で行ないました。

 歌謡ショーは2部制に分かれ、1部はのど歌自慢大会・2部は地元の「浜北弘二」さんと「澤木一技」さんのステージです。 のど自慢大会には20名程のエントリーがあり、いずれもカラオケ教室で本格的に鍛えた、自慢のノドを持つ精鋭ばかりです。
 山間に囲まれた校舎の講堂から音楽が流れ、いよいよムードも高まっていきます。

 我らが杉﨑委員長の、名司会ぶりが冴えわたります。 あの伝説のナレーター・芥川隆行さんを彷彿とさせる名調子です! https://www.youtube.com/watch?v=__0R7YuJk_I
 歌われるのは、昭和30年から40年代にかけての懐メロです。 懐かしい曲の数々に、同年代らしきお客さんもうっとり聞き惚れています。 皆さん、曲に合わせた素晴らしい衣装も披露されました。

 そして審査結果の発表。 なんと! 最高得点が2名と並びました。 杉﨑審査委員長の機敏な判断で、年上を優先しましょうとの同意を頂き、92歳の方が優勝となりました。

 さて、第2部は、「浜北弘二」さんと「澤木一技」さんの歌謡ショーです。
 さすがプロの歌手、歌に説得力があります。 曲も地元を歌ったご当地ソング「みさくぼ慕情」と「哀愁の浜名湖」。 御馴染の地名が歌われ、歌唱の見事さと相まってしみじみさせられます。
 年齢層に合わせた昭和時代の歌は、観客一体となって大合唱となりました。https://www.youtube.com/watch?v=kq2OSAzG9D0

 「浜北弘二」さんは曲と曲の間のトークもおもしろく、あっという間に時間が過ぎて行きました。 これからも、秋のイベントは続きます。 10月の勝坂まつり・11月の産業まつりで今年度の締めとなります。
 秋の昼下がり、ノスタルジーで胸をいっぱいにされたお客様、喜んで帰途に着かれた事と思います。

カテゴリー: イベント, 指定管理者制度 | 2014 勝坂歌謡ショー はコメントを受け付けていません。

警備員という仕事(その3)

 9月も、あっという間に終わろうとしています。 平成26年度前期の警備員現任教育も、無事終了しました。 と思ったら、恒例の公安委員会の定期立入検査が、10月初旬に決まりました(今年はずいぶん早い実施です)。 それまでに現任教育の書類をまとめ、一通り再チェックせねば…

 「警備員という仕事」の項は、今回で終了となります。 警備業界の厳しい環境を赤裸々にしつつ、逆に高齢者からでもやる気次第で活躍できる、可能性がある業界という点もしっかり提示したつもりです。 では、最終章をご覧ください。

 5.警備員になれない人がいます。

 警備業は、警備業法により規制されています。
 禁固以上の刑を受けて、その執行が終了してのち5年経たない人は、警備員になれません。
 暴力団関係者も、警備員になれません。
 麻薬中毒・アルコール中毒・精神障害のある人も、警備員になれません。

 鬱病者は、「警備員としての業務を行える」という医師の診断書があれば建前として可能ですが、実際にはほとんどの会社で採用に至りません(お気の毒ですが、それが今の現状です)。
 入れ墨があれば、まず採用されません。
 外国人の方も、ほとんど採用されません。
 残念ながら上記に一つでも該当する人は、警備業界で頭角を現すことを、諦めて頂かなければならないようです。

 

 6.こんな警備会社は考え物です。

 入社しようとする警備会社を、どう選べばいいのでしょうか?
 交通誘導がメインの警備会社は、入社前に雇用環境をよく把握されるべきでしょう。
 交通誘導に限った場合、一年のうち半分しか仕事がない事も珍しくありません。
 現場も毎日変わります。

 イベント中心の警備会社は、更に仕事が不安定になります。
 仕事が入ったときだけ、一日24時間酷使されるケースも・・・
 仕事が入らない日は、もちろん収入ゼロです。

 可能であれば、施設警備中心の警備会社を選びましょう。
 定所配置・定時配置をしてくれます。
 給料は低くても、安心して働けます。
 面接時に社会保険適応・有休休暇取得についての説明がない警備会社は、やはりパスしましょう。
 但し、面接時にこれらを聞くのはやめましょう。 警戒されて、まず採用されません。

 給料締め日から給料支払日までの期間が2週間以上の警備会社も、パスするのが無難です(SBMは末締め翌15日払いなので、これに該当しちゃいますが)。
 長ければ長いほど、会社の資金繰りがよくないリスクが高まります(ちなみにSBMは、決してそんなことないですよ)。
 基準は、「20日締めの月末払い」です。

 それから、交通費の出ない会社もパスしましょう。
 「近い現場に配置するから」と言われても、眉唾物です。
 片道2時間・3時間の現場へも、平気で配置されます。

 「正社員」という言葉にまどわされないでください。
 正社員に、基準はありません。
 時給待遇でも、その会社が「正社員」であると判断したら正社員です。
 警備会社では、正社員でもアルバイトと同じだと考えてください。
 警備員は、ほとんどが「3カ月雇用の自動更新」です。
 これは「不適格者を辞めさせやすい」ためでもありますが、それだけ「仕事がなくなることが多い」からです。
 「警備員は正社員でも3カ月の命」だと、覚悟してください。
 ボーナスなんか、ひっくり返ってもありません。
 有給休暇の “ ゆ ” を言えば、クビになります。
 退職金? そんなもの、あるわけないでしょう!

 これが警備会社の実態です。 夢も希望もない、ブラック業界そのものです。

 覚悟して応募してくださいネ。 しかしこれだけ羅列したら、警備員にだけはなるまいと思うのが、むしろ常識的な判断ですよね。     

 就職面接は、企業が応募者を見るのと同時に、応募者も企業を判断するものです。 上記のようなことは警備業界では珍しくないのですが、会社に悪気があるわけではなく、そうでもしないと倒産の危機にある会社が多いということです。 では、我がSBMはどうでしょうか? 施設警備の会社ですので、全ての警備員は1か月単位のシフト表で、定所配置されています。 (チョット遅いけれど)給料支払・交通費支給も、問題ありません。 雇用はほとんどが1年更新で、規定に基づく有給も取得できます。 確かに給与は安いですが、安心して働ける環境はできていると思います。 現在はほとんどが、年金受給者で構成された我が警備事業部です。 決してブラック企業ではありません。

 皆さん、笑顔を絶やさず、細くとも息長く頑張りましょう。             

カテゴリー: 営業, 担当者の趣味、その他, 未分類, 警備 | 警備員という仕事(その3) はコメントを受け付けていません。

一石一歩!

 前回のブログでもお知らせしましたが、ストーンケア(石の床の維持と美観復旧)スペシャリストとしての活動を、one stepで始めます。

 販促チラシも、10月中旬までには完成予定となっております。

 ただし実際の施工となると、まだ実績乏しい私どもだけでは荷が重いのも事実。 そこで立ち上げは、信頼度バツグンの助っ人業者さんに協力を打診し、すでに快諾を得ています。 現場での実践を積み重ねることで、独り立ちに向けての準備に代えて参ります。

 あとは仕事をいただけるよう、営業営業また営業と、努力する所存でございます。

 ストーンの事なら㈱ワンステップ! と、いつか言われる日を夢見て!

カテゴリー: One Step, 特殊作業 | 一石一歩! はコメントを受け付けていません。

One Stepの動向 その1

 久しぶりのブログ登場となりました。
 今回は皆様もよくご存じ(?)、株式会社one stepについてお話ししたいと思っております。

 去年の7月1日、㈱エス・ビー・エムの子会社として創業した㈱ワンステップも、はや1年2ヶ月経過しました。
 月に一度開かれる会議では、営業ツールとしての広告(チラシ)を役員一同で練ります(といっても役員3名で全員の会社ですが)。 半田取締役の知人であるPCインストラクターの女性に協力頂き、原案・構成・デザインなど工夫を凝らし、主に小田原、熱海、湯河原を中心に展開してきました。

 営業の中心となっているのが半田浩幸取締役。 現場でのフォローアップを、私が担ってきました。

 月に1度の営業会議と申しましたが、実は9月12日、半年ぶりに開催したのです。
 理由といたしまして、4月から業務全般請け負うことになった天成園をはじめ、新規物件や年度替わりの段取りによってなかなか時間が取れないという理由により、しばしお休みしておったのです。

 それでも振り返ってみると早くも次月、第8弾のチラシが完成します。
 仕事は黙っていては当然来ないし、お客さんに対してどの様に興味を持ってもらえるのか?またどの様に売っていくのか?大変重要だとつくづく思いました。
 

 今回の再開を切っ掛けに、One step営業会議の議事録を、私がまとめる事となりました。
 今までも、ただ話を聞いていたつもりは無いのですが、議事録といえば読んで字の如し。 打ち合わせ事項の経過や要点、それに対しての結論など、第三者にも理解させるための文章を構成しなければなりません。 私にとって非常に大変と言うか、苦手の仕事と言った方が良いでしょう(笑)
 何事も自分の為だと思い、前向きに努力して行きたいと思っております。 One Stepの動向について良いお知らせが出来る様に、(3名の)社員一同、頑張って行きたいと思うのでした。

カテゴリー: One Step | One Stepの動向 その1 はコメントを受け付けていません。

こんなのもウチの仕事です!・・・№4

 お彼岸を向かえ、季節もだいぶ秋めいてきました。

 今回ご紹介するのは、草薙(静岡市)にある某カラオケ店の建物外周の、枝木の伐採です。 平塚の同業者様からのご依頼です。

 隣の敷地まで枝が伸びてしまったため、ご発注となりました。

 ご覧の様に作業後はスッキリ、お客様からもご満足いただきました。

 協力会社の尽力もあって、予定日を待つまでもなく1日で完了しました。

カテゴリー: 天候, 植栽 | こんなのもウチの仕事です!・・・№4 はコメントを受け付けていません。

全身、油まみれ!

 以前、工場の跡地を床面洗浄した同じ現場で、今回は堆積した油を落としてほしいとのご依頼がありました。
 天井にある換気口から、かつて使用した機械油が垂れてくるらしく、2トントラックとローリングタワーをレンタルし、いざ現場に。

 長い年月を経た埃が油にブレンドされ、カチコチにくっついて凄いことに・・・ ちょっとやそっとで取れない事は、一目瞭然です。

 高所作業のため、ヘルメットを着用。
 油の垂れてくることが想定され、ツナギを着ての作業です。

 やはり全身、油まみれの状態に・・・

 半日かけ、何とかきれいになりました。 根気根気の長い一日でした。

カテゴリー: 定期清掃, 特殊作業 | 全身、油まみれ! はコメントを受け付けていません。

独立は熟れたバナナの味

 アイルランドを アイルランド人に返せ
 彼らの国が奪われたままなのを 許してはならない
 アイルランドは アイルランド人のものだ
 アイルランドの歴史をつくるのは アイルランド人自身だ!
 https://www.youtube.com/watch?v=kaO4XeHhwo8

 「アイルランドに平和を(Give Ireland Back to the Irish)」は、ポール・マッカートニー&ウイングスが1972年に発表した、最初のシングル。 BBCを始め当事国(イギリス)の公共電波で放送禁止とされた、ポール・マッカートニーとして唯一の政治的作品でもある。

 発表から数年経ち、中学生になった僕が近所のレコード屋で購入したドーナツ盤(裏表1曲ずつのシングル・レコード)。
 アイルランドが世界のどこに位置していて、そこで何があったのかなどには全く頓着なく、それでもポールが、いつになく差し迫った雰囲気でシャウトしていることは充分伝わった。
 最近、スコットランドの独立運動をニュースで知って、40年近く昔に聴いたこの曲を、久しぶりに思い出した。
 メロディ重視のポール・マッカートニーが、しかもビートルズ解散間もない全盛期に書いた曲だから、どんなに痛烈な歌詞であっても、あくまで耳あたりは良い。 “Great britian(大英帝国よ)!”と一区切りされた歌詞の意味を、イギリスの同義語と当時は理解していた。 イギリスを含む植民地・海外領土などの総称と知ったのは、ずいぶん後の事だ。

 時は流れ、ポールの作曲の動機となった「血の日曜日事件(1972年1月30日にロンドンデリーで非武装の市民権デモ隊にイギリス軍が発砲、13人の死者を出す)」も、イギリス側が近年になって非を認め、事態は沈静化したかのようにみえる。 だいたいヨーロッパの主要国が、今ごろ独立運動から国を割るなんて異常事態、想像の外のお話でしかなかった。

 ■現実味が出てきたスコットランド独立の可能性

 スコットランドの英国からの独立をめぐる動きが話題となっており、英ポンド相場などにも影響が出ている。
 9月18日(木)に実施が予定されているのが、スコットランド独立の賛否を問う住民投票。 それに向けて行われた世論調査が驚きの結果になったのだ。
 9月7日(日)、英サンデー・タイムズ紙と調査会社ユーガフ(You Gov)はスコットランド独立に関する世論調査の結果を公表。 独立賛成派(51%)が反対派(49%)を初めて上回ったのである。 これによって、スコットランド独立という一大イベントがにわかに現実味を帯び始めたのだ。 【ザイFX! 9月11日】

 意味合いは異なるものの、4年前の「アラブの春」を思い起こさずにおれない。

 ■ここ(エディンバラ城まで歩いて近い教会のホール)にカタルーニャ自治州出身の約100人が集まり、スコットランド住民投票の結果が判明するのを見守る。 スペインからの独立を求め同州が実施しようとしている投票にとって、どんな意味合いを持つのだろうと思いをめぐらせる。
 「考えただけで鳥肌が立ってしまう」と語るのは、カタルーニャから学生として渡英後スコットランドに住んで5年になるマーケティングマネジャーのラクエル・ヘジャ氏(25)だ。 「2カ国で歴史的瞬間を見られる人間はそうそういない」と付け加えた。
 カタルーニャは氷山の一角にすぎない。 スコットランド人が独立を選ぼうと選ぶまいと、スコットランドでの展開はベルギーのフランデレン地域からイタリアのベニスまで、地域独立を目指すさまざまな勢力に、夢がかなうチャンスがあることを知らしめてしまった。 【ブルームバーグ 9月10日】

 ■中国、国営メディアがけん制

 中国はウイグル族やチベット族など国内に民族独立問題を抱え、スコットランド独立を巡る住民投票の動向に敏感になっている。中国本土からの管理強化を嫌う香港の民主活動家への影響も懸念。 国営メディアなどを通じて「地方の独立を認めると国益が失われる」との主張を展開し、独立を求める勢力をけん制している。
 国営新華社は12日の解説記事で、住民投票に至る経緯の説明に大半を割き、独立の是非などへの細かい論評は避けた。 ただ、その中でもスコットランドが独立すれば「北アイルランドも続きかねない」とドミノ現象を招くと分析。 英国の外交力や経済力が大きく損なわれるだろうと指摘した。
 共産党機関紙、人民日報系の環球時報も社説で、スコットランドの独立を許せば「ロンドンにとっては悪夢だ。英国は欧州の二流国家になり下がる」と強調した。 http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2632.html

 来週9月18日は、世界史において大変な一日となる可能性がある。
 ウクライナにその前兆はあったものの、クリミア自治共和国政府による「分離独立」は、世界から承認されてまではいない。
 対して今回の住民投票は、2012年10月15日、キャメロン英首相とサモンド・スコットランド自治政府首相との間で交わされた合意書(「エジンバラ合意」)に基づくものであり、以前から予定されていたものである。 どうやらキャメロンさん、まさか本当にスコットランドが独立しちゃうとは考えず、タカをくくっていた節が垣間見える。 

 ■スコットランド・エジンバラ(CNN) 英国からの独立の是非を問うスコットランドの住民投票を1週間後に控え、キャメロン英首相は10日、スコットランドを訪問し、独立に賛成しないよう呼びかけを行った。 (中略) 
 キャメロン首相は10日付のデーリー・メール紙に寄稿し、「スコットランドのすべての人にはっきり分かってもらいたい。私たちは心の底からスコットランドに残留してほしいと願っている」「家族がバラバラにならないことを望んでいる」と訴えた。
 保守党、自由民主党、労働党はともに、スコットランドが連合王国に残るなら、同政府に対して税制や福祉政策などの権限委譲を進めると約束している。 【CNN.co.jp 9月11日】

 この笑うに笑えぬどたばた劇。 まるでギャグのような首相の読み違えから、大英帝国はいま崩壊の危機に瀕し、よもやスコットランド独立となれば、その影響は全世界に拡大すること必至だ。
 さすが1960年代にして「空飛ぶモンティ・パイソン」を世に出したお国柄。 https://www.youtube.com/watch?v=ou6AGNE4RJE
 国家という概念がいずれ消え去ると予言した「イマジン( Imajine)」は、そういえばアイルランド系イギリス人で元ビートルズの、ジョン・レノンの曲だったっけ。 http://www.youtube.com/watch?v=dq1z1rkjw-E

 はたして国家は、小さなユニットに分割されながら、いずれ消滅の方向に向かうのか?

 アナーキー・イン・ザ・UK! https://www.youtube.com/watch?v=qbmWs6Jf5dc

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 独立は熟れたバナナの味 はコメントを受け付けていません。

鰹節の味

 ある日、家に帰ると、かつお節と削り器が食卓にのっていた。 常づね削りたてのかつお節でダシをとった味噌汁をすすりたいと思っていても、それは僕が子供の頃には日常の光景だったのが、お手軽化学調味料や真空パック「花かつお」などの普及から、何10年もの間ご無沙汰の味になってしまった。

 聞けば「孤独のグルメ」で、 http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume3/story/0724.html 「静岡県賀茂郡河津町の生ワサビ付わさび丼」という回があって、主人公の井之頭五郎が、オキテ破りのお代わりまでして食すわさび丼を観て、衝動買いをしてしまったそうだ。 家の者、やるじゃないか。

 一杯400円也のこの丼ぶりは、白いご飯にかつお節を散らし、鮫皮おろしですりおろした生わさびをかけ、しょうゆを垂らしただけの極めてシンプルな料理。 飯・かつお節・わさびの素材そのものを、誤魔化しようなく味わうことになる。

 その日の食卓には、生わさびも用意されていた。 こんな珍しい素材を手軽に購入できるのも、静岡に住んでいる者の特権だろう。

 まず、かつお節を下ろす。 僕の不器用な手先では仕上がりもずいぶんと粗削りで、少なからず粉も混じる。 それもまた良し。
 削りたてが、プゥンとかおる。 あぁ、いい匂い。

 生わさびを、おろし器でする。 さすがに鮫皮までは用意できなかったようだが、番組のご指南通り、円を描くようにあまり力まず、ゆったりまったり時間をかけてする。

 ここに我が家オリジナル・板のりをはさみで刻み、しょうゆを垂らせば出来上がり。 いただきます。

 うぉ、こ、これは・・・ わさび丼の味わい、想像以上。
 チューブの練りワサビのようにツンとは来ない、あくまでまろやかにして馨しき、下ろしたての高貴なる薫りが口中に拡がる。 本来わき役であるはずのかつお節は、生わさびが第1ヴァイオリンなら低部を支えるチェロのように、存在感で引けはとらずとも、調和を乱す愚など決して犯したりしない。 のりも醤油も、妙なるハーモニーを奏でることだけに全力を傾け、わさび丼という奇跡の小宇宙を形成していくのだ。 頭の中を、ハイドンの「ひばり」が響きわたる。https://www.youtube.com/watch?v=ULkd3dKGDKc

 「お代わりください」 はんぐもんぐはんぐ 「もう1パイ」 はふはふほふ 「はぁ~(うまかった) ・・・ごちそうさまでした」

 50歳をとうに過ぎても、たとえ体重が絶え間なく増加しようとも、博多とんこつラーメンが好きで濃い味焼肉定食が好きで「サッポロ一番みそラーメン」が好きである。 接待で、いわゆるお御馳走を時期によっては飽きるほど食べる機会もある。 一流パティシエの作ったプリンがたいへん美味で、食べ放題をいいことに大皿に4杯お代わりした今年の夏もあった。 しかし君、いくら経験を積もうと食の奥義はそんなところには無いのだよと、わさび丼を前にして諭されてしまった気がする。 わさび丼、おそるべし。

 で、本題はわさび丼ではなく、かつお節の方。
 数日後、ちょっと早めに帰宅すると、家の人はまだ買い物から帰っていない。 しめた。 今日は麺だ。 具のない麺で勝負するぞ。

 さっそくかつお節を削り、片手鍋に一人前の湯を沸かし、ダシを取る。 花かつおではかなりの量をぶち込まないといい色合いにならないものだが、削りたては湯に入れた瞬間から黄金色に染まっていく。 “こがね色”なんて色合い、このダシにぴったりだ。 薫る香る、深みある芳醇なダシが、鼻先を快くくすぐる。
 同時並行で、からの鍋に本みりんを火にかけ、アルコールが揮発しだしたら醤油で冷ます。 これをダシに加えて色を付け、最後に塩で味を調える。 めんつゆが完成した。 ズズズッとすする。 うーん、いいぞいいぞ。 「だしの素」では絶対に出ない、この味わい。

 贅沢を言うなら、ここは蕎麦といきたい。 あいにく今日は乾麺を切らしているので、夏の名残のそうめんで勝負だ。 シンプルにゅうめんでいくぞ。
 2分足らず茹でて、ねぎを多めにみじん切り。 長野産のちょっと贅沢な七味をふって完成。 頂きます。

 うぉ、こ、これは・・・ 正しい! 「うまい」でも「深い」でもない。 この味は、正しい。 ひたすらに本物だ。

 シンプルなようで、かつお節がかつお節として独り立ちするまでには、長く険しい道のりがある。
 まずはカツオを解体し、三枚おろしに形成。 釜で煮て、骨抜きし、燻蒸して乾燥させる。 一度ではない。 ナラやシイのチップを使い、何度も燻蒸を繰り返す。
 表面を削って汚れを除き、水分を切って天日干しで乾燥させる。 閉め切った室に入れ、カビを繁殖させ熟成させるのだが、これを削り落としては同じ行程を繰り返すのだという。 あのカチンカチンに硬いかつお節が完成するまで、本枯節ともなれば、二年以上の長期熟成が必要となる。

 すべては、黄金色に透き通るダシを抽出させるだけのために。 見えないところにかけられる、この膨大な手間と時間。 手を合わせ、感謝し食さずにはおれない畏怖の念を感じる。 神宿る、かつお節のダシなのである。

 本物とは、底知れず透き通る湖面のようだ。 ただ覗き込むだけなら、夾雑物もなく、湖底まで見透かせそうですぐにも手が届く距離感である。 しかし実際そこに到達しようとすれば、目まいのするほどに遠い道のりが待っている。 いくら底をめざそうともがいても、少しも対象は近づいてこない。 深く進むほどに、焦燥と絶望が募るばかり。

 それでもいつか、必ず到達する。 支えるものは、達成するという強い信念のみである。
 にんにく醤油にスライスした玉ねぎを添えて食すカツオは、カツオ本来の味わいである。 9月は戻り鰹の旬。 今日の昼に食ったカツオの刺身の美味かったこと。
 人の追求によって生まれ変わったかつお節は、原型をとどめることなく、削られたエッセンスのみによって黄金の価値を放つ。 もしかしたらそれは人類にとって、戻り鰹よりも正しく、本物の存在と言えるかもしれない。 じゃないかもしれない。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 鰹節の味 はコメントを受け付けていません。

現場紹介№15

 今回ご紹介する現場は、静岡県東部の韮山にある某研修センターです。

 当社の運営開始H18・7~

 研修センターの清掃業務と施設管理(ボイラー・電気・ビル管)、別荘地の管理業務を実施しております。 また近年では、送迎バスの運行と用地巡回業務を行っております。

 別荘地の用地巡回につきましては、最低3ヶ月、道を覚えるまでの苦労が絶えません。

 清掃で8名、設備・用地管理・運転業務で12名が従事しています。

 昨日は清掃従事者研修のうち、座学を塚本常務、実務を星崎主任で実施しました。

カテゴリー: 常駐設備, 日常業務, 研修 | 現場紹介№15 はコメントを受け付けていません。