月別アーカイブ: 7月 2013

暑さとの戦い

 本格的な夏に突入しましたが、各地でゲリラ豪雨による被害が頻発しており、いつ自分たちの身に降りかかるかと、少し不安になったりします。 日本も、熱帯雨林化してきているのかと感じます。 夏の風物詩ともいえるセミの鳴き声も、私が子供のころとは全く違います。 30年くらい前、静岡県では 「 アブラゼミ 」 「 ニイニイゼミ 」 が圧倒的に多く、 「 クマゼミ 」 は貴重でしたが、今では 「 ニイニイゼミ 」 など見かけません (多分北に行ってしまったのだろう) 。 代わりに増えているのが、南方系の 「 クマゼ ミ」 です。 平均気温が上がっていくことに、自然は正直に反応するものです。

 これは陸の上に限った話ではなく、海の中でも当てはまります。 私は趣味で釣りをします。 夏から秋にかけては青物 ( 回遊魚 ) シーズンで、主にルアー ( 疑似餌 ) で狙います。  運が良ければメジマグロやカンパチなどが釣れますが、ここ数年は堤防から、1mを超すシイラが連れたりします。 昔なら考えられません。 釣りのターゲットとしては楽しいのですが、冷静に考えると異常気象やら生態系の破壊やら、いやでも頭をよぎります。

 今は自然環境だけでなく、経済や隣国との関係も気になるところです。 アベノミクスは金持ち ( 大企業 ) に恩恵はあるものの、庶民 ( 零細企業 ) は苦しめられて終わるようにしか思えません。 日本は資源が乏しいことが弱点ですから、近海に眠る 「 燃える氷 」 ( メタルハイドレード) を国家プロジェクトで推進することこそ、経済安定の突破口になると思うのですが…どうでしょうか?

 身近な話題に戻すと、夏場は我が警備事業部にとって、年間を通してもっとも厳しい季節となります。 冬は防寒対策をすればある程度しのげるものの、夏の暑さは逃れる術がありません。 炎天下の中、日陰もないアスファルトの上での業務は、何しろ体にこたえます。 できるケアとしては、日焼け止めをシッカリ塗ること、十分な水分(塩分)をとること位です。 具合が悪いと感じたら、我慢せずに休憩することです。 限界まで我慢して、意識を失って倒れでもしたら、それこそ大変な事態です。 私としては、そのようなことにならないよう現場の各隊員さんに声をかけること、契約先の担当者様に理解を得ることが、重要な役割になります。 契約先の中には警備員用に、保冷剤まで用意してくださる現場があったりで、感謝に堪えません。 今年の8月は、静岡地区で1ヶ月限定の臨時警備が入ったことから、例年以上にハードな勤務に立ち向かわなくてはなりません。 隊員さんによっては、通常の2倍近い勤務をこなさなくてはならないのです。 それでも、 「 仕事があるのはありがたいこと。 がんばります 」 と応えてくれる方がほとんどで、うれしい限りです。 遠隔地からの応援要請にも、嫌な顔一つせず引き受けてくれたり、本当にありがたいことです。

警備員のみなさん、力を合わせて今年の夏を乗り切りましょう!

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 日常業務, 未分類, 警備 | 暑さとの戦い はコメントを受け付けていません。

我が家について 7

 みなさん、猛暑の中のお勤め、本当におつかれさまです。 お勤めが嫌になったか、突じょ消息をたった未来の缶チューハイ伝説のような御仁もおられますが、それはさておき。

 今回のブログは、久しぶりに 「 我が家について 」 シリーズでいかせて頂きます。

 7月も今日で終わり。 まさに、夏本番の日々が続いております。 そのせいもあって、我が子たちは小学校のプールや保育園のプールで日に焼け、既に真っ黒(笑)
 小学校に通い始めた娘にとっては、今回が最初の夏休みです。 この時期限定の公文に通いながら、充実した毎日を送っているようです。
 下の息子には、まだ夏休みがありません。 保育園の先生を困らせながら、彼なりのやり方で毎日を楽しんでいるようです ( 保育園の先生、おっぱい星人の父子で、ホントすんません m(__)m ) 。

 先日、静岡市の運営する市民プール ( 静岡市 駿河区 大浜プール ) に、子供と出かけました。
 かつては自分も夏休みになるたび、父と母に連れて行ってもらった、思い出いっぱいの場所なのです。
 今はこうして自分の子供たちと来れる小さな幸せ? を胸に抱きつつ、プールに浮かびました。
 今回は嫁さんが仕事の為、自分一人で連れて行ったのです。 浮き輪・ボート・息子が溺れない為の腕輪を用意し、二人が満足するまで付き合う予定のところに、突然のカミナリ注意報。 結局2時間程遊んだあたりで、一時閉館。 仕方なく、帰路に着く事に・・・ 計画よりも短時間ながら、それでも疲れてしまったのか、帰りの車中は二人とも夢の中でした。

 家に着くなり、さっそく息子が 「 明日もプールに行く! 」 と仕掛ければ、娘は 「 疲れたから明日は行かない! 」 と言い放ち、彼女は我が家で心身ともにリフレッシュするラグジュアリーな休日を選択します。
 ああ、俺も。 ノドまで出かかる願望を、男タカちゃんグッと飲み込み、息子の希望通り次の日もプールに出向き、非常な疲れを残したまま、貴重な休日は過ぎていったのでした。

 子供が喜べばいいやと思えるのも、自分が親だからこその感情かもしれません。
 こうした何気ない日常が、子供たちにとってかけがえのない思い出になるのかもしれませんね。
 何十年かぶりに大浜プールに来て思い出す、まだ自分が幼かった頃のように。。。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 我が家について 7 はコメントを受け付けていません。

第24回目

 毎月1回の投稿から、はや2年を迎えることとなりました ( パチパチ!(^^)! )

 いつものように、ぐだぐだでお送りします。 「 いやぁ~、今月もいろいろありました・・・ 」

 ピー ( 仮にどっかの上司の話です ) が、ピー ( たとえば突然のバックれ ) で、ピーーーー ( 挨拶はおろか引き継ぎもなしなんてマンモスきびピー! ) とか、そこんところ、友達でもないのに察してください (汗) 。

 去ってしまった過去にとらわれず、先に進むしかない今日この頃 (と言うか、つい最近) 。 なので、そうそうポジティブにばかり、なってられません。

 ← (内容ではないですよ)

 なんですねェ。 上ばかり向いて歩けばこけてしまうので、よく足元を見ながら前進です ( 上を目指さないわけではないが・・・ )。

 とにかく、どぉやったら上手く ( 楽しく ) できるか、目下思案中であります。 その効果が日の目を見るのはいつの日か・・・

 少なくなってしまう人員を、いかにカバーするか? おかげ様で、頼りになる仲間が私にはいっぱいいます。

 何とかなるでしょう。 とか自分に言い聞かせて、上見て下見て、ときには振り返り、頑張って参ります。

 暑い日が続きますが、皆さんも私も体調崩さず、あくまで仮の話ですがどこかの上司のように缶チューハイなど飲みすぎてバックれることの無いよう、また8月の終わりに(^_^)/

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 空調, 電気設備 | 第24回目 はコメントを受け付けていません。

今年の夏は…!

 どうも。 昨今ニュースでは、ゲリラ豪雨の被害を取り上げる機会が増えました。 わが町清水は、おかげさまで大きな被害もなく、穏やかな日々を過ごさせていただいております。 被災された方々には、謹んでお見舞いを申し上げます。

 さてこの時期、浴衣を着て涼しげに歩く若い男女を、会社帰りなどよく拝見します。 そのつど 「 夏だな~ 」 実感させられます。 私はというと、ひと夏の心ときめく出会いも期待薄、今年もきっとこのまま終わるんだろうな~とか思いつつ、仕事一筋ちょっと寂しくも励んでおります。 7月下旬からは現場を離れ、本社 「 桜橋そうじろう 」 の企画運営に奔走しており、改めて体を動かしている方が性に合っているなと…笑、 ま~、そうも言ってられないので、頑張って足りない頭をフル回転させていますよ^^; 

 9月より静岡県下のCM放送も決定し、いよいよ本格始動です! 協力業者様も少しずつではありますが、我々 「 桜橋そうじろう 」 にご賛同いただく会社が増えてきました。 今後ますます、良きパートナーになっていければと、いろんな企画を考えています! お客様・協力業者様、そして 「 桜橋そうじろう 」 が三位一体となり、皆が笑顔になれるよう努力していきます!
 そしていずれは、大輪の花を咲かせてみせます! わが社の理念である 「 小さな輪(和)から大きな輪(和 )」 を、全国に拡げていきたいです!!!

 お家の事ならなんでも、”桜橋そうじろう” で ズバッ!と解決!!!

 それでは皆様、事故や怪我のくれぐれも無いよう、ひと夏を満喫してくださ~い♪

カテゴリー: ハウスクリーニング, 営業 | 今年の夏は…! はコメントを受け付けていません。

菅野さん、カネ返せぇ~! その2

 最近、無気力化がますます進行している。

 思い返せば今年初め、母親逝去から日常のペースが一時乱れた。 精神的ダメージはさほど無かったものの、四十九日までの短期間、諸々の手続きに追われ、千葉と静岡を往ったり来たりせざるを得なくなる。
 一息つくころには、半年続いたウォーキングもいつしか途絶え、せっかく落ち気味だった体重は、見事リバウンドした。 6月中旬まで毎朝作っていた娘の弁当も、奥様が契約満期で早朝パートに区切りをつけたため、ひとまずお役御免となった。 毎朝5時起きで気合を入れて作っていたので、ホッとして気が抜けたのもあるか。

 今では休みと言えば、朝から晩まで映画三昧。 それも前回記したように、後には何も残らぬエンターテイメント中心で、たまに 『 サマー ~あの夏の記憶~ 』 http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102173/ みたいな佳作に出会うと、言い知れぬ余韻に 「やっぱ、まっとうな作品に触れにゃあ、あきまへんで」 と、どこの方言かも分からぬまましみじみしたりもするのであるが、続く2本はつい、ゾンビ映画などに走ってしまう。

 ちなみに昔のゾンビだと、いかにも死んだ人らしく、ゆっくりバランス悪そうに歩いていたものが、最近では体重100キロは超えていそうな初老のおばさんゾンビでさえ、めちゃめちゃ素早く生者に襲いかかるのである。 あんた、生前なら走れなかったでしょ体型の死者が、何故に?
 かようにゾンビにまで効率化が求められるのだとしたら、まったくの筋違いである。 進化や生産性といった概念から、最も遠い “彼ら” である。 近づいてきても、サッと身をかわせる人間との駆け引きこそ、醍醐味であったはず。
 さらに言うなら、いくら元気そうにみえても実際は死んでいるゾンビたちが、何日経とうと腐敗もせず歩き続けるのは理に合わない。 座って休憩している元アル中のゾンビなど観たことないし、今の僕なんかより、よっぽど活動的である。 生者よりはるかに威勢がよくて、ある意味 “病気知らず” なゾンビという変種。 おお、そうじゃ。 疲れを知らぬ彼らに自らの青春時代を重ねあわせるべく、無意識に僕はゾンビ映画を選んでしまうのかもしれない。 無念。

 男にも、更年期があるそうだ。 老化とともに性ホルモンの分泌が少なくなってくる期間のことをいい、ちょうど青年期から老齢期に移り変わる間の状態だそうだ。 「 男性更年期障害を見分けるためのポイントとなる症状のひとつが 『 原因不明の倦怠感 』 です 」 お、これか?
 「 男性の更年期障害の原因のうち、一番大きな要因が 『 加齢による男性ホルモン(テストステロン)の減少 』 です 」 出たな! デストロン。
 「 男性更年期障害は几帳面な性格の人に起こりやすいと言われています 」 これ、ちゃう(違う)。
 「 男性更年期障害は運動不足の人に多く起こりがちだと言われています 」 これだ。
 「 男性更年期障害は、なぜか二代目社長に多く起きます 」 淳ちゃん、気ぃ付けぇや。
 「 男性更年期障害は、男性らしい男性に多く起きます 」 何だ、それ?
 
 ともかく ( 「兎も角」とも書く )、 「 男性更年期障害は一見すると、単なる怠け者に見えなくもない症状であるため、本来は病気による症状なのに、自分自身や周囲の不理解により、単なる怠け者としか見られない 」 そうで、となると、オレよりぴったり当てはまりそうな人物が、いたな、最近まで。

 7月18日。 51歳の誕生日の朝である。 箱根の業者会で本社に寄る予定のなかった僕に、社員から一報が入る。
 「 出社したら管理部長の机に、U課長の退職届と貸与品一式が置いてあるんですよ、常務、何か聞いてます? 」 むろん、なにも事前情報はない。

 U課長、ものの見事にバックれたのである。 皮肉で言うのではない。 見事である。 仮にも設備管理工事課という、今の我が社で稼ぎ頭の親分が、顧客はおろか部下や取引業者にひと言もなく、「 今後、出社しません 」と書かれたしかし退職日は1か月後の8月17日としてある紙切れ1枚で、連絡を断ってしまったのだ。
 「 いくらなんでも、1回呼んで話を聞くように 」 社長から指示を受け、内容証明で出社を促すお手紙を出してみた。 もちろん、無反応。 こんだけのパフォーマンスやっちゃったあと、反応するわけないよな。

 バックれる前日の朝、ホワイトボードに行先だけ書いて、いつものように事務所を出ていこうとするU課長に、ご注意申し上げた。
 「 具体的な報告をして下さい 」 最近、どこで何をされているのかよく分からない状態だった中間管理職に、年下とは言え一応上司の自分として、最低限聞かざるを得ない指摘であった。 指摘すればそれだけご本人を追い詰める可能性は理解した上、放置したからなにか改善に向かう兆しとてなく、つまり流れとは、そうしたものだ。

 ここ半年、持病が悪化してるのは、目に見えて分かった。 死に至る病ではないものの、近くに行くと臭うので、酒量の増加と、シャワーを浴びる最低限の身だしなみさえおざなりになっているのは、確実だった。 それは 「 ちょっと、人前に出せそうもない 」 レベルだった。
 「 具合、悪いでしょ? 」 「 具合、悪いです 」 元気そうに振舞う日でも、日を追うごと言動は微妙にずれていった。
 いきなりヘンになるなら他人の気づきも早いが、えてしてチョットずつチョットずつ壊れていくので、 「 どっかおかしいんだけど、気のせいか 」 の時期が続くのだ。 「 あれ? 」 となるあたりはすでに仕事も乱れ、コミュニケーションのズレから人心は離れ、いらついて現場には居丈高な態度に出るなど、悪循環が続いた。

 4年に満たない在籍ながら、U課長なしに獲得できなかったであろう物件は、数も成績も少なからず列挙される。 その功績たるや、大したもんなのである。 とくにハイテンションだった入社初年度は、 「 いてもたってもいられなくなって 」 深夜出社し、徹夜で資料作成ということも、一度ならずあった。 あの時のU課長、ホント仕事が楽しくて仕方ないと言う風情だった。 だから今回の結末も、確かに社会人失格のそしり免れようもないが、余分なお給料 (失礼ながら) になりかけたところを自ら断たれた潔さには、あっぱれの決断なさったと、個人的には評価する。 為すべきことを成して、結果として後任も育ったころ、正当な評価を受けることなく風のように去って行ったのだ。 カッコいいぞ、U課長。

 「 男性更年期障害は一見すると、単なる怠け者に見えなくもない症状であるため、本来は病気による症状なのに、自分自身や周囲の不理解により、単なる怠け者としか見られない 」  今思うに、病と同時にもしかして、こちらの時期を迎えていたのかもしれない。 だからと、どうしてやれることも出来なかったことに、変わりはないのだが。

 Cooさん。 いろいろ互いに言いたいことはあるし貴方にもありましょうが、会社の歴史に刻まれた多大な貢献まで否定されるはずもなく、改めて感謝の意を表して締めたい。 ありがとう、Cooさん。 そして、さようなら。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 菅野さん、カネ返せぇ~! その2 はコメントを受け付けていません。

たぎる思いで殴り込み、もとい、飛び込み営業スタートです!

 7月。 いよいよ、株式会社ワン・ステップとしての活動がスタートしました。

 4月からの重役(ウフッ♥)会議では、営業ツール作成・経営理念の確立・営業戦略検討に加え、慣れないプロモーション用の写真撮影までも経験しました。 準備万端、いざ南熱海から、飛び込み営業開始です。

 突然ご挨拶に伺わせて頂いた各施設の皆様、お忙しいところ、大変ご迷惑をおかけいたしました。 

 今後もお邪魔させて頂きたいのですが、チラシをご覧になって、少しでも意に沿うものが有れば幸いです。

 初めての飛び込み営業前日、一睡もできませんでした。 6時過ぎには自宅を飛び出し、車の中で待機します。 心臓バクバクを耐えに耐え、我慢できず飛び出したのが朝8時。 当然、最初の訪問先で 「 何時だと思ってんだ! 」 さんざんお叱りを受け、あえなく撃沈しました。

 初日で24件。 快く招じ入れお話を聞いてくださるオーナー様もいれば、 「 お前、嫌がらせに来たのか! 」 と、目の前でビラを破り捨てるご主人もおられました。 覚悟はしていたつもりでも、精神的ダメージは結構受けます。 なにくそ、慣れていくためには、数をこなすのみです!

 ワン・ステップは 「我が地元・熱海を少しでも元気に」 を目指し、オーナー様のお力添えになればを、目標の第一歩に据えております。 最前線に立つ私が、弊社の思いを感じとって頂けるよう、ご挨拶回りを重ねて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

 7月御成約頂きました案件

 ・シャンデリア清掃・ガラス(鏡張り)清掃

 ・エアコン分解清掃

 誠に有難うございました。

カテゴリー: One Step, ハウスクリーニング, 営業, 担当者の趣味、その他 | たぎる思いで殴り込み、もとい、飛び込み営業スタートです! はコメントを受け付けていません。

超カンタン!! 『”祝”簿記塾開講』

 簿記をはじめよう  ②

師匠 「 どうじゃな。 前回までの説明で、多少 『簿記』 というものが分かってきたかね? 」
弟子 「 思ったより身近なものだっていうのは分かったけど、簿記を覚えて何か良いことがあるの? 」
師匠 「 どっかの会社で経理さんとして、働くことができるようになれるぞい 」
弟子 「 ・・・・・・(別になりたくないんですけど)・・・・・・ 」
師匠 「 あぁ、もっと身近な利点としては、就職活動などに役立つかな 」
弟子 「 へぇ! それなら使えるね! じゃあ簿記は、必ず勉強した方がいいのかな? 」
師匠 「 当たり前だけど、自分に全然関係ないと思うなら、無理して学ぶ必要はないぞい。 会社に就職したり、お店を経営するなら話は別じゃがね 」
弟子 「 前に言ってた、ビジネスマンに役立つ、とかいう話なの? 」
師匠 「 そうじゃ。 ビジネスマンは、 『自分と会社にお金を儲けさせる』 ことが仕事なんじゃよ。 簿記はその儲けを管理するための手段と、理解すればよいのじゃ。 簿記を使えば、お金の流れを的確に知ることができる。 これはとても、大事なことじゃろう? 」
弟子 「 簿記が分かれば、儲かってウハウハってこと!? 」
師匠 「 フムフム。 簿記だけを武器に儲かるなら言うことなしじゃが、さすがに世の中、そこまで甘くはないわな。 むしろ、儲けるための最低条件として簿記は欠かせない、とは言えるかな。 さて、ここで ”簿記はやった方がいいの?” に結論をつけようかの。 一番弟子のコバちゃん、説明してもらおうか 」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

師匠 「 次回からは、単式簿記と複式簿記って?を、具体的に説明する予定じゃ 」

カテゴリー: 総務・経理 | 超カンタン!! 『”祝”簿記塾開講』 はコメントを受け付けていません。

夏本番、海水浴だー!

 私は、大磯生まれの大磯育ち。 30歳までかの地に暮らし、湘南ボーイなどと呼ばれもしましたが、実はカナヅチです!笑・・・ ちなみにT常務も、30歳過ぎまで同じ大磯の徒歩数分のところで商売をしていたと、入社してから知りました。 不思議な縁です。

 今回ご紹介するのは、大磯海水浴場。 なんと、日本初の海水浴場として有名です。

 明治18年(1885年)。 初代軍医師総監を勤めた、松本順によって開設されました。

 健康増進が目的とされています。

 高校生の時、友人・親が経営している海の家で、呼び込みのアルバイトも経験しました。

 幼少のころから現在に至るまで、海水の透明度はよくありません。 これは平塚・茅ヶ崎・江の島に連なる海岸線に共通する色合いで、地元の人間に言わせると 「この “汚さ” が良いんだ」 とか。 海も景観に限った話なら、伊豆の白浜海岸・清水の三保など、よほど美しいと思われます。

 ところで最近は、海よりプールの人気が高いと言われています。

 潮のべとつき感・砂が付く・髪の毛が傷むといった理由のようですが、でも、それこそが「海」本来の姿であり、醍醐味と思うのですが・・・

 浜から10メートル沖には、「かぶと岩」というシンボル的な岩があります。 そこまでは、遠浅になっており遊泳可能なエリアです。

 日本最古の海水浴場でした。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 夏本番、海水浴だー! はコメントを受け付けていません。

年甲斐もなく青春

 どうも。 暑いですね~! 蝉の声が一段と暑さに拍車ををかけますね^^;

 さる3連休、私が所属する団体のサッカー部は、千葉県で行われた全国大会に出場することになりました! 昨年悔しい思いをしたので、今年こそはと優勝をめざし、1年間仕事の合間を縫ってみんなで練習してきました。 入部当初は健康のためと始めたものの、若いころの血が騒ぎ、今では部活並みに動いてます。。。 もちろん10代のころのように機敏な動きは影をひそめておりますが、気持ちだけは若いつもりです。 気持ちはあるものの体がついてこない結果、大会直前に右足首靭帯損傷&右肋骨ヒビという最悪な状況に。。。 はい!試合終了~!! 大事な時に、いつもこれですよ^^;

 チームには同行し、少しだけ試合にも出させてもらいました。 予選は危なげなく勝ち上がり、決勝リーグへ駒を進めます。 しかし敢え無く、決勝リーグ2回戦で敗退。。。 ベスト8で、今年の夏が終わりました(←高校球児みたい笑) 

 多種多様の業種の方が集まり、サッカーで汗を流し、酒を酌み交わし、年甲斐もなく本気で大会に挑み負けて悔しがる。。 なんだか、青春時代が戻ってきたような感じです! これを仕事の活力につながるようにしないとですね!!

 来年度は静岡にて、全国大会が行われる予定です。 試合はもちろんですが、全国から多くの方々がお越しいただけるので、運営も皆様が満足されるようにしないと!

                          大会時の写真です↓

カテゴリー: イベント, 健康, 担当者の趣味、その他 | 年甲斐もなく青春 はコメントを受け付けていません。

夏のごあいさつ

 今年の梅雨明けは例年より早く、県内の小中学校では、ようやく今週から夏休みに入ったはずです。 なんだか、長い夏になりそうです。 一昨日投開票が行われた参議院選挙もあまり盛り上がりを見せず、予想通り自民党の圧勝でした。 我が静岡県も前評判通りの結果で、ドキドキするような接戦はありませんでした。

 接戦といえば、高校野球の県予選が開催されております。 我が家はケーブルTVで、最寄りの愛鷹球場の試合が生中継されます。 地元高校も出場して、甲子園とは異なるレベルの試合も、見ていて楽しいものだと思いました。 たまに子供の中学の同級生が出たりしますので、思わず 「打て~!」 とTVに向かって叫んだりしています。

 この時期は、お中元のシーズンでもあります。 昔からの風習で、盆暮れ日本の挨拶です。 これについては賛否両論ありましょうが、いつもより少し上席の方と会えるチャンスであったり、世間話から仕事につながることがあったりするものです。

 私がごあいさつに回るエリアは、静岡県全域となります。 方面別に、日程を分けてまわります。 今年は西部・中部地区から回りました。 お客様から様々な話題が上がりますので、楽しくもあり、ついて行かなくてはというプレッシャーもあったりします。 そんな中、ワザワザ話題を提供してくれるような事件が発生したりもします。 今月に入り、契約先で深夜の盗難事案が2件も発生しております。 いずれも多額の被害ではないのですが、物騒であることは否めません。

 変わって東部地区では、古くからお世話になっている社長が新しくバイクレンタル事業を始められたそうで、聞けばまあまあの出足との事です。 都内ではだいぶ増えてきているらしいのですが、静岡に限ってはまだ数軒ほど。 今後の需要が見込めるだろうとのことで、2号店も計画されているそうです。 宣伝の方法等、「桜橋そうじろう」の営業展開のヒントになればと、情報をうかがいました。 やはり同じ趣味の方同士での、Facebook等を使った口コミが強い武器になるようです。 これからは、SNSを活用することが欠かせないでしょう。

 ある契約先では新しい業務の相談に始まり、世間話へと話は盛り上がり、気付いたら2時間経っていたりしました(日が長いと、時間を忘れてしまいがちです)。

 このような機会を通じ、より親近感を強め、仕事のヒントをいただき、受注につなげられればこれに越したことはありません。 盆暮のあいさつ時には、普段聞けない話が聞けるのも魅力と感じます。 何にせよ暑い夏を乗り切り、秋の決算、来期に向けてのステップをシッカリ踏まなくてはと思います。

カテゴリー: 営業, 担当者の趣味、その他, 未分類 | 夏のごあいさつ はコメントを受け付けていません。