月別アーカイブ: 6月 2012

お元気ですかーーー!!No,41

 どうも  どうも

 旧●鉄の現場調査に、昨日行って来ました。 やたらとカネを掛けているのはひと目で解りますが・・・誤魔化されませんよ!見逃しません!

 ボルトやバルブの類が安物尽くし・・・。 いくらシステムで誤魔化しても、これじゃぁーねぇー。

 今日は熱源関連の見積をしていますが、相手が先回りをして抑え込んでいるらしく、どこのメーカーも色よい返事をくれません。

 このままではラチがあきません。 奥の手(元締めの親会社に嫌味の電話攻撃)を使おうか悩んで居りましたら、昔ワタシにやられた人が静岡支店に居りまして、「あいつ怒らせると話がややこしくなる・・・」とでも言われたんでしょうか? 昨日の態度とは一変!! 見積もりを頂ける事になり、一安心。

 今日は今日とて、焼津の小学校の空調切り替えの助っ人要請を体良く断り、ブログなんぞ書いて居ります。

 主任にバレたら・・・怒るだろうなぁー・・・。

 それもまた良し。 場数ですよ、場数。 ってなところで、また来週!!  By,coo

カテゴリー: ハウスクリーニング, マンション管理, リフォーム・エクステリア, 常駐設備, 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他, 給排水設備, 自動ドア・昇降設備, 電気設備 | お元気ですかーーー!!No,41 はコメントを受け付けていません。

ビルメン会社の「管理部」ってどんなことしてるの?(その28)

 前回告知したとおり、今回から法務関係です。

 法務部は総務部と兄弟部署になります。
 しかし、法務部として独立するのは、会社がかなり大きくなってからです。
 本来は総務部の説明のとき触れてもよかったんですが、書くのを忘れたため、ここで法務部として明確に区分けすることにします。
 実際の話しとしては、総務部の業務の一部であるというイメージで読んでください。

 法務部署の業務範囲としては、そのものズバリ「法務に関する業務」です。
  ①契約交渉・契約書作成・審査
  ②会社の業務運営に係る各種法令の調査
  ③社内規程等の作成指導・検証
 
 上記以外に、「商業登記手続・司法書士対応」なんていうのも業務としてはあるかもしれませんが、総務部がやっていることも多いので省きます。
 
 法務部の業務というのは、その名称とおり法律知識が基盤になっています。 法律を扱う部署であるがゆえ、お堅いイメージがあると思います。 そして想像通り確かに堅い、これは事実です。 しかし、経理部や人事部のような堅さとは、次元が異なります 。経理部や人事部では決まりだからダメ!っていう文句がまかり通るし、またそうしないとやっていけないということを書きました。 限りなく『合法的ルール違反に遠い』ってことです。

 法務部はどちらかというと、『合法的ルール違反が出来る気分屋仕事』のできるヒトが、望ましいんです。

 この続きは、また次回へ・・・・・・。

カテゴリー: 総務・経理 | ビルメン会社の「管理部」ってどんなことしてるの?(その28) はコメントを受け付けていません。

幸せの許容量

 先週末。 取引先の箱根の旅館で、8人だけの小宴会に参加。 毎年この時期この旅館で、恒例の懇親会となる。
 静岡県西部・老舗の建設会社と、たぶん全国的にも珍しい組み合わせによる有限責任事業組合 (Limited Liability Partnership; LLP) を立ち上げて早や5年、決算300万円に満たない初年度から、続けていくうち成果も現れ、年間目標1億円も夢ではなくなってきた。

 事業の推進役・NK村建設のS藤部長を筆頭に、同社・相談役のFJ原さん、関連会社の代表で(浜松ではかなりのカオらしい)YK山社長がご列席。 YK山社長は女性がお好きとの事で、初めて芸妓さん2名を呼んだ。

 前にも書いたけれど、コンパニオンが苦手である。 金払ってまで酌してもらうという意味が、まず分からない。
 見てくれも趣味でない。 せっかく東洋に生まれ、そのままで充分美しい黒髪を、何が悲しくて茶色や金色に染めなきゃならんのか(脱線すれば、白髪を紫色に染めている老婆ともなると、更に意味不明。人は終わりが近づくと、一足先に物の怪になりたがるものなのか?)。
 ユニフォーム(?)がまた気に食わない。 判で押したような単色ジャケット(大概ピンクか白が主流だが、緑のえげつない配色も地方で見た)と膝上スカート。 チープである。 ワタシ安いオンナなの、が見え見えとなってしまう装い。 己の虚ろな中身を露わにするのが本懐ならば、潔しとしよう。 これでオトコをそそろうというのだから、参ってしまう。 ま、そそられているオジサンも少なからずいるのだから、文句を垂れても詮無い話だが。
 色気というのは見せるものでなく、裡から醸し出されてナンボのもんじゃなかろうか。
 たとえばBSフジが再放送中の「悪魔の手毬歌(1977年・毎日放送)」。 ひなびた旅館で年増の女将を演じる佐藤友美さんなんて、まさに色気の権化であり、コンパニオンの諸君は是非このレベルを目指し修業に励んでもらいたい。 もっとも友美さんみたいな女性が隣に座り寄り添われでもしたら、それはそれで大変な緊張を強いられそうである。
 会話に知性が感じられない。 分けて、お追従笑いが腹立たしい。 「お前、そこ笑うとこじゃないだろう!」と、まるで立川談志みたいな気分になるのだが、だからと盛り上がらぬ話題に無理やりこっちから話を合わせた揚句、シラッとされるのがまた癪にさわる。 「クラウスなノミっぷりだねェ」などと、大変高度で洗練されたオヤジギャグも不発に終わることしばしばであり、カラオケで「アフター・ザ・フォール」をデュエット出来るくらいな教養をぜひ身に着けて頂きたい。 ホントに唄える人いたら、ちょっと怖いが。

 しかし宴席でこんなこと思うの、ワタシだけ? ワタシってネクラ? でもないようで、NK村建設のS藤部長も、接客のオネエチャンは苦手とおっしゃる。
 それに今回はコンパニオンではなく、ちゃんと着付けした芸妓さんなので、いつものイライラの心配は少ない。 いろんな経験積まれた大人の女性の苦労話は、人次第話題次第ではあるが、嫌いじゃない(娘が成人する結構なお年頃で、それでもご自分は三番目の旦那募集中なんて、松田聖子なネタまで平気で披露するお姐さんがいる)。

 いずれにしろ主賓はTKアーバンのYK山社長なので、あっちの方へ行って、あっちの方をお酌してと、芸妓さんをひたすら社長の方に追いやる。
 で、さぞやYK山社長ご満悦と思いきや、あんまり女性との会話は弾んでいない様子。 「いや~素晴らしい!」なんて登場した時は拍手喝采しておいて、隣の我社・T課長との昔話に、もっぱら花を咲かせている。 30代の若さでいかにもスキそうなK林主任も、口だけ助平で実は機能しない疑い濃厚のUE松係長に遠慮してか、あんまり盛り上がっていない。

 ひょっとして私のマイナス思考が、場を澱ましてしまったのだろうか。

 気になり始めたころ、酔うと人の身体にやたら触りたがるFJ原相談役が、旅館のルームさんの手を握ってチュッチュし出した。

 この旅館で “ルームさん” という。 一般的には仲居さんという方が通るか。 末席に控えて、料理を運んだり、注文を受けては酒を取りに行ったりする。
 毎年、新卒者が10数名入ってくる。 みんな花形のフロント業務に憧れて入社するようだが、現実は甘くない。 大半は彼女のように裏方に回され、陽の目を見る前に嫌気がさし、だって仕事がハードな上お局さんのいじめが半端じゃないから、順に退職していく。 それを見越しての大量採用らしい。

 高校を卒業して1年目だから、まだ18歳だろう。 ウチの所長の情報だと、三重から単身住み込みで就職したんだとか。
 実は宴会の前に部屋を訪れ、食前酒を何になさいますか聞いてきたのが彼女だったし、この旅館に止まること数10回、そんな気配りこの子が初めてだったから、最初から悪い気がしなかった。 宴席でも甲斐甲斐しい立ち居振る舞い、FJ原相談役が気に入るのも無理はない。 それが仕事と言えばそれまでだが、大した芸もなく客に媚びて時給はやたら高いコンパニオンとは、生き方として雲泥の差である(コンパニオン敵視しすぎ?)。 しかしまだ、成人前かよ。
 健気である。 見上げた覚悟である。 18歳の頃を思い出し、俺は何という体たらくであったか。 いま19歳の我が息子、17歳のわが娘を省みてどうであろうか。
 頑張れ~! 負けるな~!! 酔った勢い、一次会の終わりに声を掛ければ、おぉ、ぐっと拳を握りガッツポーズを返してきたではないか。

 私は決して邪な心からでなく、こういう子こそ真に可愛いと思う。 苦労を重ねても、最後には幸せな人生を送ってほしい。

 と、幸せな人生とはなんであろうか? 宿泊した客の中に、リッチで性格も良い安定企業の二代目に見初められ、次期社長夫人になることだろうか。 それともBIGのキャリーオーバーで6億円当て、老後の心配もなく家族と新築の家に住むことか。 もちろんご本人がそう思うなら、幸せだろう。 しかし私が一方的・独善的に考える彼女の幸せな人生とは、もっとささやかで、もっと根源的なものでなければならない。
 たとえば高倉健主演の映画で、よんどころない事情から人を殺してしまったダンナをひたすら酷寒の地で待ちわびる倍賞千恵子のように、ストイックで、しかし待つに値する男が最後に帰還してハッピーに終わる、それは幸せである。 生後数か月で病死したはずの娘が成長した姿で現れ、親と束の間の団欒ののち再び消えてしまう、本当に刹那な、同時に至上の、それは幸せである。

 そして気づくのだ。 18歳の少女に思いを託すのは、しかし翻って僕自身が、そうありたいと願うからに他ならない。 幸せにも許容量があり、あまりに満たされ器から溢れてしまうなら、幸せの何たるか味わうこと逆に敵わず、それは不幸せでさえなく、非・幸せとでも名づくべきものなんだと。   

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 幸せの許容量 はコメントを受け付けていません。

震災2次被害あおり・・・その後№3

 新大久保・某サウナの清掃業務を行っております。                  
 昨年の震災直後に、来館者(韓国人利用が大半)が通常の2割程度まで落ち込みました。 コリアンタウンの一角にあって、なにしろ周囲の飲食店・韓流ショップ等大半の商店は、軒並み一時休業。 しばらく人通りが途絶えていました。
 さらに外国籍の労働者も、日本に止まるのはむしろ少数。 仕事が減ったからではなく、原発事故による放射能の恐怖が、全世界を駆け巡った結果です(家族が呼び戻したそうです。肉親なら当然でしょう)。

 今週。 経営者との会話の中で、現在はお客様の利用に変化が出ているとの事でした。 (夜のお客様が減少傾向にある)隣接する歌舞伎町でも、同じ現象が出ているそうです。
 今は自宅でゆっくり飲むのが流行で、接待の利用も常に右肩下がりの傾向です。
 サウナのお客さんも、昨年帰国した方はあまり戻っていません。 逆に新たな韓国人が増えたとも、分析されていました。 客単価は若干伸びているものの、全体的には厳しい経営が続いているようです。

カテゴリー: 営業, 定期清掃 | 震災2次被害あおり・・・その後№3 はコメントを受け付けていません。

築15年なら、シロアリ防除をご検討

 今年は例年並みの梅雨入りとなったようです。 今日は台風4号の影響で、次第に天気が荒れるということ。 早く退散したい気持ちです。

 この時期は、害虫の発生が多くなります。 6月某日、静岡市内の契約先で、シロアリ防除の施工をしてきました。 じつは先月、こちらでヤスデ(太くて大きい)が異常発生して駆除作業を行った際、シロアリの形跡を発見したためです。 ヤスデは単なる不快害虫で大きな被害はないのに対し、シロアリは建物にとって深刻な害虫です。 取り急ぎ日程をとって、作業を行いました。 本来ならシロアリ防除作業は、建物全体に対して行うことが理想です。 多大な費用が掛かるため、今回は事前調査を行い、発生が見られた箇所を中心に一部施工としました。

 作業手順を簡単に紹介します(写真参照してください)。 初めに作業箇所の物品の移動と、養生を行います。 次に、壁裏に薬剤を散布するための穴をあけていきます。 この穴に薬剤(2種類)を順に散布します。 散布するためのノズルは、横方向に数か所の小さな穴が開いており、壁の中を広範囲に空間噴霧できます。 これが終わるとあけた穴を、コーキング等で塞ぎます。 最後に物品を戻し、養生シートを外します。 これが一連の作業ですが、今の薬剤は人体や環境に配慮されており、さらに効果を長持ちさせるためマイクロカプセル化されており、5年間は効果を発揮します。 ベテランの職人さん曰く、昔はもっと強力な薬剤を使用しており、一度散布すれば10年以上は虫が寄ってくることはなかったんだとか。 でも、環境的には問題があったらしい…

 SBMではこのような薬剤や、清掃に使用する洗剤なども必ずMSDS(化学物質安全データシート)を確認し、人体や環境に影響ない資材を選定しております。 シロアリについて言えば、新築時に対策を講じている家が多いと思いますが、築10~15年で点検及び防除施工を行うことをお勧めします。 特に海が近い山間部、近所でシロアリ被害があったお宅は、少し気にされたほうが良いかも知れません。

カテゴリー: 営業, 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他, 未分類, 特殊作業 | 築15年なら、シロアリ防除をご検討 はコメントを受け付けていません。

分かって活きる消防設備

 お世話になっているテナントビルで、消防設備点検の立会いをしました。

 一定以上の建物は年1回ずつ、総合点検と機器点検が義務づけられております。 消火器・スプリンクラー・避難はしご等、消防機器が正常に稼働するか確認し、消防署に報告しなければなりません。

 せっかく器具が完備されていても、入居者の方が取り扱いを理解されていないと、いざというとき役にたちません。 オーナー様には防災意識向上の機会とすべく、積極的なご案内に努めております。

 消火器の点検です。 消火器の中身も耐用年数があるのですが、点検していない建物だと、20年前の日付の物まであります。 こうなると用を為さないどころか、爆発の危険もあり注意が必要です。

 写真はスプリンクラー作動の点検(写真下)・避難はしごの設置と使用方法を説明しています(写真中段)。

 居住される皆様がいつも快適で安全な生活が送れるよう、きめ細かいサービスを心がけております。 御用命賜わりますよう、宜しくお願いいたします。 

カテゴリー: 営業, 常駐設備 | 分かって活きる消防設備 はコメントを受け付けていません。

熱いハートで苦労も買います!

 建物保守管理の仕事って、キホン裏方ですよね。

 たとえば、お客様が窓を開けなければ暑さ寒さを意識しないほどに、建物内を快適な温度に整えようとします。 最新の設備なら中央監視室で設定温度をコントロールも出来るでしょうが、何ぶんここ(300世帯の有料老人ホーム)は、築30年近くの古い設備です。 色々きめ細かい調整を、しかも刻一刻としていかなければ、居住されているお客様に快適な環境は提供できません。 一朝一夕で務まらない、研ぎ澄まされた勘と修練に支えられた職場なのです。

 そうした我々の努力や研鑽も、お客様からすればただ冷暖房のスイッチを押している人・暑いとき寒い時に文句を言う相手に過ぎず、日常のサービスを当たり前に享受するための雇人、くらいの感覚しか残念ながらお持ち頂けません(評価して頂ける方もいらっしゃいますが、いぜん少数です)。

 では、私どもがこれまで何をしてきたかというと、(会社には怒られそうですが)フェンスや外灯のペンキ塗り・浴槽のタイル目地の施工など、いわゆる業務外が多いのです。 業種でいうと、塗装・土木・大工・左官・造園・時には鳶まで多能工として、我々で可能な作業はすべてこなしてきました。 その甲斐あってか発注先から、「エスビーエムはこんな仕事も出来るのか、あんな仕事も出来るんだ」と、今は高い評価を受けるに至ったことを、自負する気持ちがあります。

 昔のひとは、「苦労は買ってでもしろ」と言いました。 正にその通り、無駄な苦労など一切無いと、実感させられます。

 座して待っても道は拓けぬ! 迷わず行けよ、行けばわかるさ!!

カテゴリー: 介護関係, 営業, 特殊作業 | 熱いハートで苦労も買います! はコメントを受け付けていません。

暑中の前にお見舞い申し上げます。

 福西君へ。

 東京で個展の際は、いつもお便り頂きありがとうございます。 都合をつけて顔を出そうと思うのですが、中々日程が取れません。
 ブログhttp://kaikaisei.exblog.jp/を拝見して、近況はいろいろと確認させてもらっています。 ご苦労もあるようですが、総じて良い人生を送られているようで何よりです。
 本職もさることながら、写真の腕もずいぶん向上されているご様子、モノクロの画像とかお気に入りです。 更新を楽しみにしております。
 ちなみに宮本輝では、『錦繍』が好きです。 ただし僕ならモーツァルトより、クセナキスとかリゲティとか柴田南雄の『ふるべゆらゆら』とかばっかり掛ける、健全な20世紀音楽喫茶を、いつか営んでみたいと妄想します。
 そこでは萌え~なメイド服の女の子が「ご主人様、リクエストはございますか?」とオーダーを取りに来ます。 「カーゲルの『デュオドラメン』を本人指揮のやつで」「承知しました。ラッヘンマンの『ヌン』の後になりますが、宜しかったですか? 宜しかったですか? 宜しかったですかぁ?」などと三度念押しする、これが日常的なやりとりなのです。 ちょっとドキドキしない?
 淹れるコーヒーは気が抜けていて、カレーは辛くて苦い。 なのにいつもうつむき加減のヤングたちで盛況、そして異様に静かな店内。 ラ・モンテ・ヤング、これぞ至福の時!
 ・・・これに懲りず、上京の際はまたお便りください。
 追記:ウィキペディアはやっぱりすごいぞ。 「一分間フリーソングテープ」で検索すると、ちゃんと私らの名前(塚本将人・福西雅之・小島昇一)も紹介されている。 霜田(誠二)さんが現役だからかなぁ。 もしかして、マニアの間でめちゃくちゃ高値で取引されてたりして・・・オレ、テープどっかいっちゃたけど。 

 高見沢様。

 いつもメールを頂戴しながら、ご返事出さず誠に申し訳ありません。 気に病みながらも、取引先の事務的書面などと同列では済まじとの思いこみから、結局そのまま返信せずという日々が続いております。 言い訳にもなりませんが。
 そのうちには日本の政府の皆様、原発の再稼働なんて、一週間前の弁当の箱開けて食べ残しの匂いを嗅ぐよりはるかに怖いこと、本気でやろうとされている。
 昨年3月11日、経●産●省に勤める親戚の者より、「安全と報道されようと、危険なので絶対(家族を)外に出すな」主旨のメール受信し、生命の消滅する恐怖にめまいがしたのを思い出しました。 ああした感覚は初めて経験しましたし、僕だけじゃなしに、日本の皆さんが等しく感じられたことではなかったでしょうか。 のど元過ぎれば・・・って、一年やそこらでそんなに簡単に忘れられるはずもないと思うのですが。 
 いろんな理屈はあるにせよ、死んじゃったらそれで終わりだし、だからと放射能でじわじわ体を蝕まれながら生き永らえるのだって、相当ツライはずです。
 そういう根源的な恐怖に対し、あくまで経済活動を優先しようとする思考回路が、揶揄でなしに全く理解できません。
 頭のどこかであんな災害や事故、そうそう起こるはずもないと、高を括っているのでしょうか。 だとしたらホンマのアホとしか言いようがないし、官僚お一人お一人がいくら優秀で国民を小ばかにされようと、賢い官僚様でもアホなシステムの中で思考活動する以上、アホな結果になるのは詮無い事であります。 しかしアホのせいで死んだり苦しんだりするのはあんまりにも不条理で、嫌で仕方ないですけどねぇ。
 「私が責任をとります」っておっしゃる日本のリーダー、具体的にどう責任をお取りになることが可能なのか。 冷却に使用した汚染水、がぶ飲みされるとか? あんまりオツムのゆるい事、言わんといて。 
 そちら本城はいかがですか? 箱根には人が戻り、月別で過去最高の売上を記録したお取引先もございます。 結構なことですが、どこかバランスを欠いた、居心地の悪さを感じるのは小生だけでしょうか。
 何かヘン。 被災地の、目を覆うばかりの惨状は一向に解決されていないのに、自粛って言うんじゃなく、そうそう観光を楽しめる人がたくさんいるのがやっぱり理解しにくい。 お客様がいらしてナンボの商売ですから、ありがたい事ではあるんですがどうも手放しに喜べない。 屈折の心境、日々募るばかりです。

 特に宛てなし。

 現在午後8:00。 矢継ぎ早に炸裂音が響き、会社の窓から海の方角を覗けば、今日は天神さんのお祭りだったのを思い出す。
 人が集まるハレの場が苦手で、祭りなどトンと縁がない。 もはや昨年の “自粛” 痕跡もなく、しかし日常が戻ることが、悪いと断じられるはずもない。 つかの間の “日常” に過ぎないかもしれないが。
 今ごろ部長職・課長職は、おのおの懇親会に出席し、宴たけなわという辺りだろう。 僕も来週末は、箱根の旅館で一泊二食の宴席だ。
 ひとまず “日常” を精一杯楽しむとしようか。 一度静まった花火が今、再び夜空に咲き誇っている。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 暑中の前にお見舞い申し上げます。 はコメントを受け付けていません。

夜明けにスキッと

 おはようございます。 

 実は今、夜通しの作業を終了してからブログを書いています(眠)

 T常務の、「ゆっりでもいいよ!」と変にやさしい言葉が非常に怖くて・・・ 後でもいいとは言っていないので、徹夜明けに「ゆっくり」時間をかけてワープロ打てば「いいよ」という意味なのかも・・・ さっさとやって寝よう。

 今回は久しぶり、夜中の作業です。

 なんと、レギュラー以外に助っ人が3人!!

 以前なら机やいすを移動してもらうだけでしたが、せっかくなので今回、ポリッシャーを回してもらいました(実は半強制的なんですが)。  CAD(キャド:コンピューターによる設計作業)の達人、小林主任の洗浄姿もサマになっています。

 始めは戸惑ってましたが、時間が経つにつれ、中々の上達かなぁ・・・ 一応褒めておかないと、次に手伝ってもらえないので(笑)

 他の特掃班メンバーも、細かい所まで気を配って頑張ってくれました。

 でも、今回は床面清掃だけではないんですよ!

 外がだんだん明るくなってくるのに合わせ、建物の2階部分のガラス清掃があるんです。

 他のメンバー、かなり眠かったんではないかと・・・

 何かあってからではいけないと、自分がスライダーに乗りましたよ!!

 本当は、(高所恐怖症の)T常務かU係長にお願いしたかったのですが・・・ そして朝5時、無事に作業完了です。 小田原を8時前に発ち、先ほど帰社しました。

 ブログもこれにて終了!!

 これで常務の言葉など気にせず、家に帰ってゆっくりと寝れますよ!!  そして夕方に起床し、イタリア対クロアチア、ウクライナ対フランスに備えるのです(あ、ヨーロッパサッカーの話です)。

 それではおやすみなさい。 常務、鳴らしても携帯出ませんから! 念のため。

カテゴリー: 定期清掃, 特殊作業 | 夜明けにスキッと はコメントを受け付けていません。

第一印象は仕事の要

 こんにちは! サッカーW杯最終予選 日本1×1オーストラリア ん~…
 ジャッジに不満はありますが、アウェーでドロー! 試合内容もよかったので、まー良しとしましょう!!

 さてさて、今日は何について話しますかね^^;  まったくネタが浮かばない…

 今、新事業ハウスクリーニングのネーミング&イメージを、自分たちなりに考えています。 今も隣で、6月入社の櫻井さんがパソコンの前で頭を抱えているようです(笑)  ネーミング&イメージ…本当に難しい。 
 新しい事業なので、お客様に認知していただくため非常に大事なものです。 なんとかいいものを作らねば! 第一印象のインパクト、大事ですよね!! このブログでも、決定次第お知らせしますのでご期待ください!!

 第一印象といえば、人は初めて会う人に対して、様々な印象を瞬時に感じます。 時間にすると、およそ15秒で第一印象は決まるとも言われています。 しかも五感の中でも、視覚が占める割合は約87%を占め、目から入ってくる情報はとても重要なんです。 われわれもお客様のご自宅に伺い、清掃させて頂く立場として、ファーストコンタクトは極めて重要です。 「気持ちのいい挨拶」と「清潔感のある身だしなみ」をつねに心がけ、業務を行なわなくてはいけません。 日々、いつ誰に見られても、恥ずかしくない組織創りをしていきたいですね!!

 それでは皆様、 ”本日もお疲れ様です! 明日も頑張りましょー!”

カテゴリー: ハウスクリーニング, 営業 | 第一印象は仕事の要 はコメントを受け付けていません。