月別アーカイブ: 1月 2012

溢れ出す自我 その2

 自我とは、というか僕が勝手に定義する自我(=エゴ)とは、精神以前の状態で、それ自体として制御不能な「衝動」そのものを指す。

 ウワッ、自分で打っててワケわかんない。

 こんなご時世、例として使うにはあまり穏当でなかろうが、核反応を外界から遮断する原子炉をイメージ頂く。いうなれば自我という極めて危険な存在を、精神という炉がしっかり封じ込めている状態。炉内を暴れ回る分には社会生活に支障なく、むしろ核分裂が活発に繰り返されるのは、日常にとって極めて有用。それがちょっと事故ったりして炉の一部が破損し、やたら元気で目的性のない核物質が外部に漏れたりすると、突じょ制御不能に陥ってしまう。
 それでもまだ(安全対策としての)格納容器内に収まっていれば、周囲に気づかれないまま過ごせよう。好転しないままメルトスルーの段階を迎えれば、「キ~!!」とやにわ白目を剝いて絶叫、二度三度繰り返せば、教室や職場に居にくい環境を招いてしまう。
 もちろんこれには前兆があって、自分を中傷する(自分にしか聞こえない)会話が聞こえたり、他人には見えないコワいお兄さんたちに囲まれ、大声で謝罪を強制されたりといったパターンが生じていたりする。
 「ねぇ、ちょっと聞いて」なんて同僚や警察に相談しても、聞こえない・見えないものを訴えるキモチ悪い人と遠ざけられ、孤立感は増すばかり。他人が感じない存在をナマで体感しているなんて、もしかしたら素晴らしい可能性を有した人かもしれないのに。

 社会に適合できなくなれば即「異常」と診断され、「統合失調症」と名づけられた心の病として、隔離なり入院なりを、直接・間接的に強要されるハメとなる。人間社会は生産活動を前提に成立しているから、無産者に価値はなく、無価値=「異常」という烙印をほどなく押され、専門家以外のコミュニケーションの機会を奪われる。すると俺って私って、生きていても価値のない人間なんだと自らを責め(実はそう仕向けるのも自我の成せるワザ)、「回復」は遠のくばかり。
 でも、ちょっと考えてみれば増大する一方の矛盾に満ち満ちた、あらゆる対象が分裂した現代(とくにここ数10年)に、平気な顔して生活している鈍くて軽い僕らの精神構造こそ、「異常」そのものと言えなくもない。

 マトモだったら、オカシクならない方がマトモじゃない。 ウワッ、ますますもってワケわかんない。 そのうち「アンタ大丈夫?」と、心配される側になるのかもしれない。

 閑話休題。

 バド・パウエル(Bud Powell 1924-1966)を聴いた。久しぶりに通しで、数枚のアルバムを聴いた。そうしたら自我(=エゴ)という厄介な命題も、難なく理解できてしまった(気がする)。 やっぱ本物は、コワくてスゴい。
 でもその前に、ジョン・コルトレーン(John Coltrane 1926-1967)のプレイを、これも数年ぶりに聴いてみて、「何でこの人、あんな風になってっちゃったんだろう?」の方が出発点なので、モノの順序に従い考えていく。

 ジャズを聴き始めた10代の終わり、すぐに好きになったのは、コルトレーンがソプラノ・サックスを吹く「マイ・フェイヴァリット・シングス(1960)」だった。
 映画「サウンド・オブ・ミュージック(1965)」でジュリー・アンドリュースが歌い、一躍有名になった曲。前奏のマッコイ・タイナーのピアノがスーッとなかに入ってきて、続くエルヴィン・ジョーンズのジャ~ンのキメも恰好よくて、今思えばジャズのノリというより、ポピュラーや映画音楽の延長みたいなものとして、取っ付きやすかったんだろうと思う。決して短くない曲なんだけれど。 http://www.youtube.com/watch?v=I9qzO-oS_Js
 さすがにこの歳で、「マイ・フェイヴァリット・シングス」を聴きたいとは思わなくなった。不遜に申せば、音楽が浅いのだ。もっと言うとコルトレーンの音楽自体に、深淵といえるほどの底知れなさが不足しているのだ(逆にパウエルならすぐにピンとくる、そうした類のもの)。
 ところがこの人、図体やら人生やらはやたらとヘビーで、まじめを絵に描いたような人だった(そうな)。その真面目さすらも、重みというより鈍い方に作用する要素だった気がしてならない。同時代の60年代なら、真摯な生き方を音楽とイコールに受け止められたかもしれないが。

 初期の傑作とされる「ブルートレイン(1957)」も、昔だったら大好きでよく聴いたアルバムなのに。とくにカーティス・フラーやリー・モーガンのカッチョええ前奏をうけて、おもむろに吹き始める「パラーララ・ラ・ラー・・・パラーララ・ラ・ラー」、痺れたんスけどね。今だと、「ウワッ、くさ」となってしまう。
 じゃ、聴かなきゃいいじゃん。嫌いなんだろう? 自分で自分に問い詰めれば、そうは言うけどマイルス・デイビスがリーダーの「カインド・オブ・ブルー(1959)」なんて、すごくいい味出てるんですよぉと弁護を始めるもう一人の自分がいて、これも最近読んだ川上弘美著「真鶴」の気分(面白い小説。神奈川の真鶴を知る人に特におすすめ)。
 慣れるとおいしいクサヤの干物。あの匂い、クサいんだけど噛めば旨みが口中に広がるあの感覚、コルトレーンなんだよなぁ。聖人という名の、しかし美徳とも断じにくい彼の音楽について次回、ちょっと妄想してみたい。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 溢れ出す自我 その2 はコメントを受け付けていません。

第6回目

 1ヶ月は早いもので、毎回ギリギリ(もしくはout)な投稿です。

 年明けはお取引先の都合上、現場の仕事始めは1月10日と、のんびりスタートしました。そのぶん月のノルマを正味16日間で実施しなくてはならず、大丈夫かな?終わるかな?と心配しておりました。なんせ1か月で、2000基からの室内空調機が相手です。  ところが・・・早いです(^o^;)   余力を残し、ちゃんと予定をクリア出来そうです。
 よい方向の想定外に、現場スタッフのみんなの能力に頭が下がります。業務がスタートしてほんの2か月、個人の能力だけでなく、チームワークの良さが効率を上げてくれるのだと思います。
 この調子で事故なく、年度末まで頑張っていきたいです。昨年10月完成の大型現場です。SBMが(私が)腕を振るえる仕事は、これからいくらもあります。現場を預かる者としては、お客様から日々信頼を重ね新たな契約に繋がるよう努力するのみです。

 話は変わりますが、ここのところ寒い日が続き、山間部では道路の凍結や雪で車両通勤に難儀しています。事故や渋滞の頻発するためです。
 前日の初雪?では、熱海から三島まで約2時間(>_<) いつもの倍以上かかります。
 これからまだ寒くなりますので、気を引き締めて通勤です。降雪地帯の皆さん、真冬のご苦労お察しいたします(この程度の雪じゃ甘いか)。

 では、また来月(^-^)/

カテゴリー: 常駐設備 | 第6回目 はコメントを受け付けていません。

特別清掃№2(高所作業)

 今回の現場は、小田原に本社を置く某同業者からのご依頼です。 

 同業者といっても、私が平成20年5月まで20年来、お給料を頂いていた会社です。              

 現場は何と、新幹線が止まる駅舎ホーム・改札内外の高所作業です。

 通常であれば、12月に予定されるそうです。今回はご依頼が昨年の暮れだったため、年を越して1月16日・18日・24日に実施しました。終電の新幹線が発車後、作業開始となります。

 特に初日の月曜は、小雪がチラホラ舞う凍える深夜、手はかじかみ吐く息も白い中で作業をしました。

 最終日は朝から入り、昼すぎにはすべて終了。初回としては、順調に推移したと思います。

 実施に当たっては、制服・帽子・作業員名簿・車両許可等の事前準備に加え、当日の入館証提示の義務付けと、さも当たり前のように厳しい手続きがいくつもありました。さすが天下の●●!

 今回も当社・協力会社シノハラクリーンさんに作業依頼。ところが本音では、代表の篠原さんは夜間作業が苦手(笑)・・・理由は、仕事終わりの晩酌が楽しめないため!!! 

3日間で、延べ20名での作業でした。

カテゴリー: 特殊作業 | 特別清掃№2(高所作業) はコメントを受け付けていません。

ビルメン会社の「管理部」ってどんなことしてるの?(その18)

 さて前回、「財務業務は『カネの管理』に責任を負っていて、資金ショートしないように資金繰りを行っている」ところまで書きましたネ。ところでもし皆さんが、日々の生活に支障ない位の収入と少しまとまった貯蓄があったなら、そのゆとりある資産をどのように活用しますか? 単純に何もせず貯めるというヒトもいれば、定期預金で利率を地道に稼ぐヒトもいるでしょう。株や不動産に投資して、一攫千金を狙うヒトもいるかもしれません。

 会社だって考えることは同じです。ただし法人の場合は、取引先とのお付き合いや色んな駆引きがあったりして、個人の単純な思惑と同レベルで議論することはできません。持っている資金をただ眠らせて単純に利子だけ懐に・・・って考える会社であっても、少なく何らかのカタチで「資金運用」を行っています。

 かつてバブル崩壊で、これでもかというほど景気が悪くなった時代に、倒産する企業が続出。理由は土地ころがしや株式取得・ゴルフ会員権購入に走った結果、価値が下がってさあ大変。。。。。。。。。なんていうニュースをよく目にしました。それは企業が本業、つまり自分が取り扱っている商品を地道に売って稼ぐ以外の方法で儲けた、謂わばあぶく銭です。そんな手段で後々コケて火傷しても、「自業自得!」と言えなくもありません。

 一方で、どんな優良企業でも資金運用は行っています。今でもそうです。それは例えば系列グループ間の力関係であったり、上に書いた取引先との付き合いであったり、持ち合いであったり。企業が大きくなればなるほど、色んなシガラミが出てくるものです。それを一概に悪いことであると断定はできませんが、バブル時代に本業を忘れるかのようにそっちを向いて走った反動が、今日の日本経済衰退を招いた一因とも言えそうです。

 資金運用として、リスク管理や収益追及を念頭においた「デリバティブ」(金融商品のリスクを低下させたり、リスクを覚悟して高い収益性を追及する手法)を用いて運用することも、企業では普通に行っています。丁度よい機会ですので、次回はこの「デリバティブ」について詳しく書いてみます。

 まだまだ、続きますヨ。

カテゴリー: 総務・経理 | ビルメン会社の「管理部」ってどんなことしてるの?(その18) はコメントを受け付けていません。

お元気ですかぁーーーー!!No,31

 どうも  どうも。

 1月も下旬に入りました。早いモンです。皆様、いかがお過ごしでしょうか? 消費税増税・東電契約料値上を、どうお考えですか? 平田信容疑者の黒幕は宗教か、それともいずこかの国家が別の意図をもって動かしているのか。 え? ゴタク並べず本題に入れ?・・・ハァーイ。

 つい先日、大手賃貸の管理会社様からご要請で、クーラーの取り換えを行いました。当初は “修繕” ということでご指定場所に出向き、点検・確認を行ったところコンプレッサー故障と診断。管理会社様に報告し、「それなら取り換えて下さい」となったのです。

 まぁ、そこまでは普通の流れですが、お預かりした鍵を返しにその管理会社様に立ち寄ってびっくり!!  「今日はお金が発生するんでしょうか?」 ですって・・・ 「何ぃ!」 カチンと来るのを必死にこらえ、車に戻るやタバコを立て続けに3本吸い、気持ちを落ち着けてから帰社し、エアコン購入手続きやらなんやら、冷静を保っている振りをして帰宅しました(その日、焼酎を飲む量が倍増したのは言うまでもありません・・・)。

 「お客様の入居日前に終わらせてください」 と時間を限ってのご依頼だったので、社内でも配送センター様にも急いで下さいと、「お願い島倉何とか」でバタバタ工事なのを、当のご本人は多少なりとも感じないのでしょうか! よっぽど●のト●い●鹿っちょなのだろうか・・・。  

 紙一枚「発注書」を出せば終わり・・・「お前みたいな小さい業者なんぞ、仕事やるだけでありがたく思え」とでもお思いか? 人が動きゃゼニが発生すんのは、「アッタリ前田のクラウス・ノミ」でしょうが。 

 何とも後味の悪い仕事でした。

 もう少し物の道理と人の機微に通じた人材を、フロントに据えにゃあかん。仕事の内容も解らんくせに、いや解らんこと自体はシャーないにしても、解ろうとする努力も一切せんで、値段だけは物言いをつける。

 んじゃ、自分でやりなはれ!とこちらは思う。この繰り返しです。上手く行かないもんですねぇー、ストレス口実に酒量が増えますねェ。

 本音は「こんな現場いらねぇー」と言いたくもなりますが、なにせ僕はしがないサラリーマン。 【 忍 】の一字有るのみ。

 なぁーんちゃって・・・。そんな大した事でもないんですけれど、「カチンッ!」と来たのも事実で有りますので書かせて頂きました。どうせ同じ仕事をするのに、 “笑って” とまで行かずとも、せいぜい気持ちよくやりたいものです。

 そんな奴には料金(請求額)で仕返ししよっと・・・(冗談ですが・・・気持ちは解って頂きたいなぁー)。

 そんじゃ。 また。  by、COO

カテゴリー: マンション管理, リフォーム・エクステリア, 営業, 常駐設備, 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他, 給排水設備, 自動ドア・昇降設備, 電気設備 | お元気ですかぁーーーー!!No,31 はコメントを受け付けていません。

現場紹介  No.6

 今更ですが、あけましておめでとうございます。

 今年に入り、初めてのブログになります。

 今回ご紹介の現場は、地元清水にあります(やっと地元です!)。

 日常・定期の清掃でお世話になっている、清水総合運動場です。

 

 体育館・陸上競技場・武道館などさまざまな施設があります。写真のように入り口ロビー脇にまで卓球場があり、毎日たくさんの市民の人たちでにぎわっています。監視員の業務はありませんが、併設されているプールを含め、ともかく広い!

 私が顔を出すのはたまにですが、日常の方が何処にいるのかわからなくて・・・やっと見つけたころにはもうクタクタになってしまいます(汗) 常駐2名体制の内、お1人は当社に長くお勤めの先輩ですが、年齢は私とあまり変わらず20代♡ ではあまりにサバを読みすぎで、両者とも花の30代で~す。

 空調も行き届かない中、冬は凍え夏は汗だくの大変な作業ですが、目立たず確実に毎日を完了してくれるこういう方がいてくれるから、社会も会社も回っていけるんですよね。

カテゴリー: 定期清掃, 日常業務 | 現場紹介  No.6 はコメントを受け付けていません。

time is money! speed is money!

  我々ビルメンテナンスの商売は、年度末が近づくにつれ忙さのピークを迎えます。大げさに言えば寝食を忘れ仕事に励む訳ですが、本当に食べないで済むはずもありません。

 外食の手間を惜しむ日々、本社スタッフは近所のお蕎麦屋さん「岩久」で、出前を取ろうという事になります。近所と言っても徒歩で10分近くかかる距離、目と鼻の先というほど近くはありません。

 落語や小話で蕎麦屋の出前となれば、「注文したがまだ来ない、どうなっているんだ!」って催促されて、まだ支度もすまない内「へ~い、いま出ました。もう着くころなんで、しばしお待ちを」っていうのが大概ですが、岩久さんのスピードは天下一品です。

 本日はカレー2皿・チャーハン・野菜そば・たぬきそばと、ばらばらに5人前を注文しました。受話器を置いてアイフォンのストップウオッチで計測すれば、7分17秒後に「へ~い、お待ち!ありがとございます」 もう到着です。

 おそらく日本国中探しても、こんなに早い出前の蕎麦屋など滅多にお目にかかれないはず。なにしろ直接お店で注文するより、出前のほうが早いという不思議な現象です。

 出前が速いだけでなく、味だって中々なものです。

 「ナニコレ珍百景」というテレビ番組がありますが、そこに投稿してみるのも良いかと思います。

 まさにTime is money!   Speed is money!

 我々もこのスピードと味を、大いに見習うべきであります。

 さあ! 今日も「岩久」さんの出前で寝食も忘れることなく、頑張って忙しい年度末を乗り切りたいと思います。

 

カテゴリー: 営業, 担当者の趣味、その他 | time is money! speed is money! はコメントを受け付けていません。

新年・新人・新現場!

 今回、新しい現場が増えました! 多角経営のお客様から、カットのお店の定期清掃です。

 このご時世、夜間作業だろうが早朝作業だろうが、お仕事を頂けるだけで非常にありがたいことと感謝しております!

 定休日がないため、開店前の作業です。

 朝6時に本社を出発し、お客様の所に。

 今までは自社の方が実施されていたそうですが、今回から我がエス・ビー・エムにご依頼頂きました。 実績を積み信頼を頂いた証しと、張り切って作業に入ります。

 初めてということで段取りがいまいちな所もありましたが、何とか開店前に終了!! 

 今年から正式に特掃に配属された望月君も、自分のできることをやろうという姿勢がうかがえました。

 後はもう少し、積極性を持ってくれればいいのですが・・・

 そうなるようにするのが自分の仕事かな(笑)

カテゴリー: 定期清掃 | 新年・新人・新現場! はコメントを受け付けていません。

お元気ですかぁーーーー!!No,30

 どうも  どうも。  少し遅れましたが、「明けましておめでとうございます」。 ごく一部のご愛読者の皆様、本年も宜しくお願い致します。

 とまぁ、気取った挨拶はこの位にして、今年もお気楽にゆきましょう。  

 先日1/11~12、箱根の現場の「貯湯槽」清掃に行ってきました。 清掃自体はさほどの問題も無く完了。ですが・・・その後に「赤水」、つまり配管の中の「錆」が大量に出てしまい、現場責任者のご苦労たるや、誠に恐縮せざるを得ない状況でした。

 どうにかならないの? 怒気を含んだ問いかけも、お気持ちは充分解るのですが・・・としか言い様がなく、ご苦労かけました。深く反省致しております。

 その帰り道、箱根の頂上から芦ノ湖を撮影した写真です。前日降った白雪も残る、寒い寒い一日でした。

 そうそう、わたくし富士市に在住して居りまして、今朝玄関を開ければ何年ぶりかの積雪でありました。あまりの寒さに目を覚ませば、まだ3時40分。外は真っ暗で雪に気づかず、7時15分出社しようと外に出て、「ありゃまぁー」車が真っ白で有りました。

 てなわけで新年も始まり、「新たな気持ちでガンバロー」「おぉー!!」と自分で自分を盛り上げつつ。お役人様に頭を下げぇーの、皆様にも謙虚に穏やかに、接してまいりたいと思っております。

 思っているだけで「実現」するとは限りません。 “どうせ去年と同じだよ” なんてお思いの諸兄! 実はそうなんです。私も同意見・・・へへへ。

 1月より営業マンが同行して居るんですが、 “切れ者” の片鱗を垣間見せており、会社の期待を一身に背負う立場になる人材と踏んで居ります。

 期待と若干の媚びを込めて、少しだけ褒めておきました。

 まぁ2~3年は掛るでしょうが、期待の新星はどう光るか?お楽しみに・・・。

 次回、設備管理について、現場写真を交えながら、本来のブログにするつもりです・・・ “どうだか?”  と思っている諸兄!!  その通り、いつものペースで頑張ります。んじゃ!  By,COO  

カテゴリー: 営業, 担当者の趣味、その他 | お元気ですかぁーーーー!!No,30 はコメントを受け付けていません。

一期一会

 どうも。年も明け、早いもので2週間が経ちました。そろそろ皆様も、本格的にお仕事モード突入ってところですかね!

 職種が変わり現在は、諸先輩方とお取引先へ同行しております。日々いろんな方々とお会いし、ご挨拶させて頂いております。新しい業務は、まだまだわからないことだらけ。日々勉強!と心を引き締め、頑張っていきます。

 毎日違うご商売・異なる年代の方とお会いして、改めて人って面白いなと思います。生まれも育ちも違う他人同士が、時に同じ目標を共有しながら切磋琢磨し、時に衝突し、時に愛想笑い(笑)を浮かべながら人生を進んでいる。考えれば考えるほど、お付き合いが広がれば拡がるほど面白いし、奥も深くなる^^

 私も一営業マンとして弊社の顔として、仕事をしていくことはもちろん、お会いできた方々に少しでも影響を(できればいい意味で…)与えられる人間になれるように、その時その時が一生に一度という思いを籠めて、主客とも誠心誠意、真剣に精進していきたいと思っている今日この頃です。

 改めて今年1年もよろしくお願いします!!

カテゴリー: 営業 | 一期一会 はコメントを受け付けていません。