カテゴリー別アーカイブ: 建築物環境衛生

4月に入り色々と!

桜4月に入った先週、気温が上がり暖かい日が続きました。 桜もほぼ満開に。

例年、この時期に撮影している箱根湯本小学校前。 4月6日はあいにくの小雨模様で、気温は16度でした。

年度末は、契約更新や入札等で忙しく過ぎていきます。

私の担当部署で4年間、建築物環境衛生・定期清掃の業務を行っていました富士・浜松のネクスコ中日本さんの業務が終了しました。

ちょっとショックです。 担当者間では、何の問題もなかったものですから・・・・

価格交渉の結果がもらえていないお客様や、仕様変更で見積書の回答待ちなどあり、落ち着かない日々が続いています。

さて、気分を変えて

今年の阪神タイガースはどうなるでしょう。 昨年の順位は借金8の4位。 今年はFAで糸井を獲得し、後は鳥谷の復活、高山・藤波の活躍に期待しています。 何処までやってくれるか、若手の台頭も期待してまっせ・・・yjimage 中谷と北条、頑張れ!

カープ・ジャイアンツは出足快調ですが、ベイスターズも面白い存在ですね!

ちなみに、日ハム・大谷の活躍も楽しみのはずが一転、怪我で長期離脱⁉︎ 波乱含みの幕開けですが、我らがタイガースには春の嵐を存分に吹かせてもらいたいものです。 くれぐれも、春の椿事で終わりませんように。

 

カテゴリー: 営業, 天候, 定期清掃, 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他 | 4月に入り色々と! はコメントを受け付けていません。

建築物環境衛生管理技術者

51XvmJvP2mLみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今月の社内報で書かせて頂きましたが、毎年悩まされる花粉症と苦闘の日々が続いております。 こんな状態があと約2ヶ月続くのか、憂鬱になるのが正直な所です。

今回のテーマは『建築物環境衛生管理技術者』。 弊社が請け負っているとある物件の、通称「ビル管法」に基づく保健所立ち合いについてです。

そもそも、ビル管法とは??
、『建築物における衛生環境物における衛生的環境の確保に関する法律』で定められた3.000㎡以上の建物が対象となります。
該当する建築物は環境衛生管理基準に沿って維持管理を行い、そのために管理者を選任しなければなりません。
私も委託された建物の管理を行う資格責任者の一人です。 この資格は、原則1人1棟のみしか請け負うことが出来ず、掛け持ちは認められません。 それだけに管理を徹底しなければならず、非常に重い責任を担う事になります。

保健所担当者2名、取引先の担当者と設備管理責任者、ビル管選任者の私が立ち会い、先日立ち入りが実施されました。
これまで上司同行による立ち合いの経験はあったものの、1人となると保健所からの質問に自ら(円滑に)答えなければならず、緊張しました。 報告者も書類もしっかりされていたため、概ね順調に推移します。 保健所側から気になる項目や業務に対して説明を求められるなどありましたが、滞りなく終える事が出来ました。

『建築物環境衛生管理技術者』の責任を改めて考えさせられた立ち合いでした。

カテゴリー: 健康, 建築物環境衛生 | 建築物環境衛生管理技術者 はコメントを受け付けていません。

法令順守は優良企業の証です。

images11月に入り、寒暖の差が一気に広がりました。 体調を崩される方もいるようですので、天気予報には毎日注意しているこの頃です。

この時期、各監督省庁が行う立入検査の機会が増えます。 とくに「特定建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(通称:ビル管法)や「警備業法」に関する立入検査の多い時期であり、事務系においても「社会保険事務所」や「労働局」「税務署」といった監督省庁の立入検査が行われることがあります。

警備業については、毎年必ずこの時期に「定期立入検査」が行われます。 業務の性格上、また近年の社会情勢に伴い多様化している業界であり、東京オリンピックに向け民間警備会社が担う責任は増しております。

認定業となっている警備業は、清掃業などの登録業に比べ要件が厳格であり、静岡県公安委員会(静岡県警生活保安課)が監督指導しております。 このようにもともと厳しい監督下にありながら、今年新たに生活保安課の中に「許可事務指導管理室」が新設され、警備業を初めとする許認可指導の徹底を図ってきております。 このような部署が新設された背景は多々あるでしょうが、ここではあまり触れず進みます。

我が社では11/7(月)午後から、所轄の清水警察署生活安全課による立入検査が行われました。 昨年まで1時間掛からず終わっていたと記憶しておりますが、今回は1.5時間ほど掛かりました。 特に問題があったわけではなく、検査する内容がより詳細になったことによるものです。

警備業の立入検査の重要事項は、①新任教育・現任教育といった「法定教育」の計画書と実施簿、②警備員名簿等の「書類の整備」となります。 それに加え、現場における「指導監督」の計画及び記録簿となります。 ただし、現在指導監督に関する書類は法定備え付け書類から除外されておりますので、これに関しては不備があっても法令違反にはなりません。 とはいえ、警備業法第21条2項で「警備業者は、その警備員に対し、警備業務を適正に実施させるため、この章の規定によるほか、内閣府令で定めるところにより教育を行うとともに、必要な指導及び監督をしなければならない。」と規定されているため、当然備え付けられるべき書類と言えます。 この立入検査による法令違反で多いのが、「教育の懈怠」とそれに伴う「虚偽記載」です。

違反の主な理由としては、「教育は経費が掛かる」「現場で人手が足りないから」といったところでしょうか。 教育したように装い、「教育実施簿」を作成し、警備員名簿に虚偽の記載を行うのです。 因みに教育は、一般警備員では採用時に行う「新任教育」30時間を受講しなくては、現場で業務を行うことができません。 仮に採用した警備員が1名であった場合、マンツーマンによる講師が必要です。 警備会社側からすると、両名合わせて60時間分の費用負担となります。 加えdscn1305て6か月ごと、すべての警備員に8時間の現任教育を受講させなくては勤務ができなくなります。 例えば100名の警備員がいた場合、半年ごとに800時間の経費が掛かります。 馬鹿にならない負担ですが、必要不可欠な経費であると考えます。 さらにその教育方法や講師の熱意が、「良い警備員」を育てます。 この良い警備員を育てることこそ、最大の経費削減になるのです。 良い警備員が増えると、管理者がクレームで奔走することがなくなります。 退職者も減り、新任教育の回数も格段に減ります。 因みにSBMには約50名の警備員が在籍しておりますが、今年4月以降退職者0名=新任教育なしとなっております。

最後に、20年以上立入検査を受けてきましたが、今回初めて教育実施簿とタイムカードの照合がありました。 これに警備日誌を加えた3点セットで照合されれば、教育懈怠や教育実施簿の虚偽記載は、すぐに判明するでしょう。 SBMでは法令順守はもとより、充実した教育指導を行うことで、警備業務の適正な実施と利益を追及しておりますので、全く問題ありませんでした。

優良企業であるためには、法令順守により働きやすい職場をつくり、優秀な警備員に永く勤めてもらうことが不可欠であると考えます。11007056883

 

 

 

 

カテゴリー: 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他, 警備 | 法令順守は優良企業の証です。 はコメントを受け付けていません。

シロアリってやっぱり怖い!?

6月に入りました。 沖縄から順次、梅雨入りしていく季節です。 日本ではすでに、ゴールデンウィークを境に虫たちが活発に動き出しています。 虫の盛りは夏だと思っている方が多いかと思いますが、多くの虫たちは猛暑より、程よい暖かさを好むものです。imagesCAGBZ12C

一口に虫と言っても、可愛らしいのもいれば、グロテスクなものまで千差万別です。 とりわけ害虫といわれる、人の生活に悪影響を及ぼすものは、先入観からでしょうか、見てくれもあまり良くありません。 その中で今回は、家屋に深刻な被害をもたらすシロアリについて、触れたいと思います。

シロアリは「木を食べる白いアリ」と思っている方が多いかもしれませんが、実はアリではなく、ゴキブリの仲間なのです。 ゴールデンウィークが終わるあたりから梅雨前にかけて、羽アリとして巣立つシロアリを私たちは目にしているはずですが、実は羽アリのうちは黒いのです。 それで、シロアリと気づかない方が多いといわれています。

日本には、全国に分布するヤマトシロアリと、南部に分布するイエシロアリがおります。 静岡県は、このイエシロアリの分布境界線に当たります。 どちらも大事な家の木材に巣をつくり、食害を発生させますが、1つのコロニーが数万匹程度のヤマトシロアリに比べ、数百万単位で発生するイエシロアリの被害は甚大です。 よって新築時の木材にはシロアリ防除加工を施しますが、10~15年で効果がなくなります。 さらに最近は規制が厳しくなり、強い薬剤は使えないため、5年程度で薬剤効果がなくなるといわれております。images

シロアリは自然界に多く生息しており、特に山間部や海の近くほど数が増えます。 市街地でもちょっとした公園など、木のあるところには生息しておりますので、ほとんどの家で被害にあう危険性があります。 シロアリは地面の中から這い上がり、床下の柱から食い荒らします。 部屋の柱などに被害が出てから気づいたのでは、床下が悲惨な状態になっていることも少なくありません。 そこで定期的な防除施工を行うことが、不可欠になります。

SBMでは、このようなシロアリ等の調査・防除作業も行っております。

先日、山間のお宅で調査した際にシロアリの生息が確認されました。 その後、羽アリが家の中でも目撃されましたので、すぐに防除作業を実施しました。 作業は主に、家の床下を中心とした木部全体に薬剤を注入していく方法で行います。 その場にいたシロアリはもちろん、逃げ帰れば巣の中のアリたちまで駆除できます。 さらに5年間、薬剤効果でシロアリが発生しない保証もお付けします(それ以外の害虫の発生も、抑制できます)。

大事なマイホームがシロアリに食べられては大変ですし、被害が進行してからでは多額の修繕費が掛かります。 イエシロアリが多く分布する九州地方では、5年毎に必ず防除施工をする家が多いそうです。 地球の温暖化に伴い、北上してくるイエシロアリの被害にあわないたDSC_0295めにも、ぜひSBMにご相談ください。imagesCA3FFJYD

カテゴリー: 健康, 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他, 未分類, 特殊作業, 鼠・害虫防除 | シロアリってやっぱり怖い!? はコメントを受け付けていません。

半田家の一族 = 半田一家

皆様、お疲れ様です。 今回も箱根の現場から、スタッフによる自己紹介をさせていただきます。 先月の社内報で会社の方にはご紹介済みですが、天成園のホープ(しんせい?わかば?)金子君になります。 では、どうぞ。

箱根湯本温泉「天成園」で、施設管理を担当しております。 箱根のウリ坊こと金子浩寿です。 先月の村松睦に続いて、出没させていただきます。

半田所長からお話をいただいて・・・ 初めてのブログ・・・ まだまだ未熟な自分が、何を書いていいのやら・・・
自己紹介? 作業内容? あらためて文字にしようとすれば、思考がまとまらず途方に暮れるばかりです。

ちなみに所長からは、「温室みかん」と呼ばれております。 さて、このあだ名の意味するところは何ぞや。 温室みかんのように、甘くて美味しくて、1年中食べれるってこと? 俺って、そんなに美味いしいのか。 たしかに自称ウリ坊ゆえ、猪鍋にでもしたら案外イケるかも。 猪鍋を夏場に食す場合、この時期の肉はよく血抜きして生姜と味噌で煮込まないと、獣特有の臭みが残ってしまいます。 実に後を引くイヤな味で、小さなお子さんは一生のトラウマになってしまいますので、くれぐれもご注意ください。 逆に冬場の肉は固いものの、臭みも気にならずとっても美味。 機会がありましたら、皆様もぜひお試しください。

ちょっと違う(笑)

「温室みかん」とは、快適なハウスから一歩も踏み出すことなく、しんどい事をひたすら避けて、ヌクヌク育ってしまったという揶揄なのか(汗)
そこでなにくそ、今年の春に一念発起。 施設の事・客室の事、不慣れながらもがむしゃらに取り組んだら、半年で体重が20㎏近くまでしぼれました。 最近はまた元に戻りつつあるため、気を引き締めなくてはと思っております。
日々、予期せぬ事が起こったり、しくじったり(なぜか失敗ばかりの気もする)。 そんな中、みんなに支えてもらっているのに、プイッと横を向いてしまう自分がいて・・・

所長との関係は、はたから見て「親子ケンカのようだ」と言われる事もあります。
でも所長、見ててください!
ボクは将来、みかんの王様「デコポン」になってみせますよ!! デコポンたって、「デコボコ・ポンコツ」の略称じゃないんですから。 まして、「ヒデコとヒロポン」では、決してありませんのよ。 「ありませんのよ」なんて、とつぜん語調が「犬神家の一族」の野々宮珠世になったりして。

ここで、天成園について少しご紹介します。
温泉はもちろん、庭園には箱根のパワースポット「玉だれの滝」があり、毎月21日には名水祭という神事が、厳かにとり行われています。
広い池にはアヒルやコイなどが悠然と遊び、都会の喧騒からも遠く離れ、ゆったりとした時間が流れているのを体感できるはずです。
200室近い客室・天空大露天風呂・日帰り入浴と、沢山のお客様にご利用いただいております。

所長から事あるごと言われているのは、「ホテルの売りである温泉、客室、料理。 このうちの2つの業務に、我々は関わっているんだぞ。 清掃・設備は裏方だけど、誇りを持って仕事に取り組め」

去年までの僕とは、仕事に対する心構えが違ってきている実感があります。 
あくまで裏方ではありますが、お客様にご満足いただけるよう頑張っていきたいと思います。 助清さんさえ・・・よろしければ。

カテゴリー: スタッフ紹介, ホテル, 常駐設備, 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他, 日常業務, 空調, 給排水設備, 自動ドア・昇降設備, 電気設備, 鼠・害虫防除 | 半田家の一族 = 半田一家 はコメントを受け付けていません。

ちょっと寂しい新年度・・・

4月も中旬近くなるのに、気温の変動が極端な今日この頃です。 桜も満開の盛りを過ぎ、企業の入社式・学校の入学式もひと段落、新しい期のスタートです。

(事務所から見える)箱根町小学校の桜も花がだいぶ散って、むき出しになった枝が冷たい雨にさらされています。 曇天の空とあいまって、淋しげな風情が漂います。

寂しいと言えば、、、 3月末で現場数箇所が、契約終了となりました。

1つ目は、大手フードー会社様からご依頼のあった、箱根某企業様の保養所です。 運営方針変更に伴い、契約打ち切りとなりました。

2つ目は、御殿場にある結婚式場。 こちらは借地権の関係から営業継続を断念。 立ち上げから勤務頂いた授業員の女性とも、先月末でお別れです。 長い間、お疲れ様でした。

3つ目は、地元清水の官公庁舎と熱海市ほか警備業務の数件。 すべて入札物件です。 どの物件も勝負すれば守れたでしょうが、終わりの見えない低価格競争につきあいきれず、潔いよい数字で入札。 その結果、他者の管理となりました。 中には積算すると最賃割れの物件もあって、どうやったら運営できるのか、首をひねるばかりです。

その他の現場でも、仕様減による売り上げ・利益共にダウンと厳しい中、全員営業の精神で、新規獲得に尽力してまいります。

カテゴリー: 営業, 天候, 定期清掃, 常駐設備, 建築物環境衛生, 日常業務, 警備 | ちょっと寂しい新年度・・・ はコメントを受け付けていません。

SBMが出来ること

皆様、新年明けましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年1回目の投稿は、改めて弊社のサービスを紹介したいと思います。
第1弾 設備管理・点検
建物の外観点検・給排水設備・電気設備・消防設備・エレベーター設備等の保守点検を行います。 設備定期点検整備業務には 、建築基準法・電気事業法など各法令で義務付けられている「法定保守点検」と、設備機器を常に最良の状態に維持する為の「定期自主点検」に分けられます。

①建築基準法
特殊建築物等定期調査報告
建築設備定期検査報告
昇降機等の定期検査
②電気事業法
受変電設備定期点検
③消防法
消防用設備定期点検(総合点検)
消防用設備定期点検(機器点検)
防火対象物定期点検報告
防災管理点検報告
消防用ホース ・連結送水管の耐圧性能試験
④ビル管理法
空気環境の測定
飲料水水質検査
遊離残留塩素測定
貯水槽の清掃
排水設備の清掃
ネズミ ・昆虫等の調査
ネズミ ・昆虫等の防除
建物内の定期清掃
雑用水水質検査
⑤労働安全衛生法
ボイラー圧力容器性能検査
⑥大気汚染防止法
ばい煙濃度測定

⑦その他
冷温水発生機保守点検
空気調和機点検整備
パッケージエアコン点検整備
空調用エアフィルター清掃
空調用エアフィルター取替
照明器具清掃給気 、排気口清掃
自動扉点検整備
機械駐車装置保守点検
昇降機等保守点検
シャッター設備保守点検

上記のように設備点検・整備といっても様々なものがあります、お困りのことがあればご相談だけでも構いませんので是非お問い合わせください。
今年も快適な環境で皆様が生活できるよう微力ではありますが尽力していく次第です。

カテゴリー: One Step, アルカリ電解水, イベント, カーペット清掃, ハウスクリーニング, ホテル, マンション管理, メガソーラー事業, リフォーム・エクステリア, 工事, 常駐設備, 建築物環境衛生, 指定管理者制度, 日常業務, 植栽, 特殊作業, 省エネ, 空調, 給排水設備, 自動ドア・昇降設備, 警備, 電気設備, 鼠・害虫防除 | SBMが出来ること はコメントを受け付けていません。

第31回目

3月の投稿を最後に、9か月過ぎてしまいました。

お久しぶりでございます。これだけ間を開けたから、さぞいろいろ報告できるかと思ったのですが・・・

まったく何を書いてよいのやら、あいか

「あいかわらず」と入力したいところ、途中で力尽きたらしい。 わずか3行にも満たない、苦悩のブログがここにある(編集者注)

カテゴリー: 工事, 常駐設備, 建築物環境衛生, 空調, 給排水設備, 総務・経理, 自動ドア・昇降設備, 電気設備 | 第31回目 はコメントを受け付けていません。

現場紹介№13

 「現場紹介」は昨年11月のNo.12以来。 久しぶりです!

 今回の現場は地元清水、IAIスタジアム日本平(清水日本平運動公園球技場・庭球場)です。

 1993年Jリーグ開始の1年前からスタートし、それから22年間、清掃管理を行っています。

 ホームの清水エスパルスに関しては、Jリーグ・ナビナコカップ・天皇杯等の試合の前後と当日の3日間が、一セツトの作業になっています(他では高校サッカーなどで利用されています)。 その他、年数回の定期清掃・環境衛生管理業務も、当社で承っています。

 Jリーグ第19節。 前日の清掃では、主にスタンドの清掃(鳥糞除去)・トイレ清掃を実施。

 当日は、ゴミの処理・トイレ巡回・試合終了後スタンド清掃を実施(試合中の作業は困難で、全員各ポジションで待機します)。

 後日は、選手の控室・シャワー室・関係者の控室・コンコースなどの通路清掃を実施。

 従業員さんはご近所が多く、20年前後勤務されている方も少なくありません。

 一年間を通して、夏の炎天下や強風にあおられる雨天での作業など、従事される皆さんには頭が下がる思いです(試合の観客数により約15名前後での作業)。

 8/9(土)は対徳島ヴォルティス戦。 村田のゴールで1-0で勝利。 ゴトビ前監督から急きょバトンタッチした大榎監督の、ホーム初勝利でした。

 当日は台風接近のためもあってか、観客は11,000人程度。 試合終了前に雨が降り出しましたが、作業は無事に完了しました。 ゴミの量も、普段より少ない状態でした(それでも11,000人分の後片付けは、並大抵ではありません)。

カテゴリー: イベント, 天候, 常駐設備, 建築物環境衛生, 日常業務 | 現場紹介№13 はコメントを受け付けていません。

家族はアメリカ・ひとり箱根の梅雨の空

 久しぶりの投稿です。

 近況報告になりますが、私はグループで運営する箱根湯本「天成園」にて、6月開始となる施設管理業務に備える日々を送っております。 そのため設備全体の把握と、業務引き継ぎが急務となります。

 特に、宿泊施設の命である温浴設備には、多くの時間が割かれています。

 先行してスタートしている共用・客室清掃と併せ、今後はエス・ビー・エムで温泉・客室という、旅館業かなめの2業務を担うわけです。

 強い責任感と高い志しのもと社員一丸となり、お客様に「また来たいね」と言って頂ける空間を常にご提供すべく、24時間・365日、努力する所存でございます。

カテゴリー: ホテル, 常駐設備, 建築物環境衛生, 日常業務, 空調, 給排水設備, 自動ドア・昇降設備, 電気設備 | 家族はアメリカ・ひとり箱根の梅雨の空 はコメントを受け付けていません。