カテゴリー別アーカイブ: 浴室清掃

鏡のウロコ(水垢)お手入れ方法②

先月の続きとなります。

yjimageFZOJROA4

浴室の鏡に付着した白い水垢汚れは、普通にこすったくらいでは全く歯が立ちません。 逆によほど軽微な汚れであれば、指に歯磨き粉をつけてブラッシングするだけでも効果はあります。 クエン酸に水を1:1の割合で混ぜ、メラミンスポンジでこするのもお手軽な方法です。

それでもダメな場合、当社では弱アルカリのペースト状専用剤を使い、白パット付電動ポリッシャーや手作業にて、汚れを除去していきます。 時間と手間はかかるものの、今のところ最も確実な方法です。 デメリットは私たち業者に依頼されるより、新品に買い替えた方が安上がりに済む場合があることです。 かといって、ご自身で資機材を揃えるのもバカにならない出費ですし・・・

市販のダイヤモンドパットで落とすやり方もあります。 人口のダイヤモンドを使用面に塗布したもので、水を付けてこするだyjimageVB3GJ0FYけでも、結構水垢が除去できます。 個人でトライされるなら、ダイヤモンドパットはお勧めです。

使用に際し、あまり強烈に力をいれるとキズがついてしまいますので、出来るだけ優しく鏡をこすり続けます。 水分がなくなったら水で濡らし、同じ作業を繰り返します。 かなり根気がいる作業です。

中程度の汚れなら、鏡面にレモンやクエン酸を塗り、その後キッチンペーパーやサランラップで湿布し、出来るだけ長い時間放置してからやわらかいスポンジ等でこすります。 yjimageTRL4B17I あまり除去されていない場合は、同じ作業を繰り返します。 最も長丁場な作業になりそうですね。

最近では、アルミホイルを丸めて鏡の面を水に濡らし、軽くこするやり方も紹介されています。

キズがつく可能性もあるので、隅の方で試してから作業しましょう。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 浴室清掃, 特殊作業 | 鏡のウロコ(水垢)お手入れ方法② はコメントを受け付けていません。

鏡のウロコ(水垢)お手入れは早目に①

ほとんどの人が、毎日一度は利用するお風呂場。 長く使っているうち、気になりだすのが天井や壁面に生えるカビと、鏡を侵食するウロコです。 浴室は、管理するに悩み多き空間なのです。yjimageVWF8CQTR

そこで今回は、水垢の原因を探ります。

水垢が付着しても、原因と除去方法を知っていれば、快適空間を維持できます。

水垢は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが結晶化して生まれます。

鏡にお湯が付いた後、水分は蒸発しますが、上記成分が残っているのです。

速やかに除去すれば問題ないのですが、長時間放置しておくと結晶化が進み、どんな強力な洗剤を使っても落ちない、頑固な汚れに変質してしまうのです。                          yjimage[9]

シャンプーやボディソープなどのカスも、知らず知らずのうち鏡に付着しています。

こちらも水分がなくなったあとそのまま付着して、放置すれば同様の結果を生んでしまいます。

理想の方法は、最後にお風呂に入った人が鏡をきれいに洗って、水滴をきちんと拭き取ることに尽きます。 しかし風呂上りにそこまでこだわる人は、少数かもしれませんね。

次回は水垢を除去する方法を掲載しますので、お楽しみに!

カテゴリー: 浴室清掃 | 鏡のウロコ(水垢)お手入れは早目に① はコメントを受け付けていません。