カテゴリー別アーカイブ: 防災

防火設備定期検査制度って?

DSC_0009遅咲きの桜は瞬く間に満開となり、沿道の桜吹雪の中を走る贅沢なドライブを楽しみました。

そんな折、「万葉町田館」では休館日に合わせ、様々な作業が行われます。 今回は法改正による初めての作業として、「防火設備定期点検」が実施されました。

これまでの消防設備点検と、何が違うのか? 消防法に定められた、「警報により火災の発生を知らせたり、消火を行う設備が正常に作動するかなどを点検する」のが消防設備点検です。

防火設備定期点検とは、建築基準法で定める「延焼を防止する防火区画の形成や、火災発生時の安全な避難経路の確保を行う設備が正常に作動するか点検するもの」となっており、管理する監督官庁も違えば検査の範囲も違うものとなります。 当然、それらを行える資格者の基準も異なります。 始まったばかりの制度のため、実際に点検を行うスキルを持った者が不足しているとも聞いております。

では、防火設備定期点検で検査するものとは? 主に防火シャッター、防火扉等となります。 これらは、センサーや自火報連動で作動する他、主導の装置で作動します。 その際の作動状況(開閉に要する時間・安全装置・閉鎖状態)や機器内部のコンディション、バッテリーの状況などを、作動させながら点検していきます。 内部を見るのにスコープカメラを使用したりもします。 検査に合格すると検査済ステッカーを貼り付け、完了です。DSC_0007

このような作業を、丸一日かけて行いました。 町田消防署館内でも実施している施設はまだ少なく、この日は午前中いっぱい消防署員も館内を見て回っておりました。 この種の法律は重大事故が起きるたびに改正され、年々厳しくなる一方です。 人命を守るため必要不可欠な点検とはいえ、費用も掛かりますので、施設を運営する経営者にとっては大きな負担です。 仕事を頂く立場とはいえ、正直複雑な気持ちです。

 

カテゴリー: 資格制度, 防災 | 防火設備定期検査制度って? はコメントを受け付けていません。

大事な大事な 消防設備点検

dsc_0499あっという間に、10月に突入しました。

齢を重ねるほど1年経つのが早くなると言いますが、正に実感です。 ついでに、老眼の兆候が出てきた今日この頃です…

SBMは9月決算ですので、新年度のスタートを切ったばかりとなります。 前年度は業績回復が確定していて、今年度はさらなる売上向上に取り組もうと決意しております。

企業にとって営業成績はむろん大切です。 実はそれ以上に、安全に事業を行うことが必要不可欠となります。 安全は、会社の財産となります。 財産には不動産・動産はもちろん、社員(人財)も含まれます。 SBM関係者はもちろんの事、管理させていただいているお客様の大切な財産を守ることが、私たちの大切な仕事です。

ビル管理業を営むSBMにとって一番大きなリスクは、何と言っても火災でしょう。 火災が発生しないよう細心の注意を払うと同時に、万が一発生してしまった時には、自動火災報知設備・消火設備が有効に作動するようメンテナンスをしっかり行う。 日ごろから初期消火や避難誘導の訓練を欠かさないことも重要です。

その大切な役目として、「消防設備点検」があります。 6か月ごと総合点検と機器点検を繰り返し、消防設備の正常な動作を確認するとともに、安全に支障となる建物使用がないかdsc_0497などを点検し、必要とあらば都度、修理・改善を顧客に要求するものです。 人命にかかわる災害を防ぐ業務となります。

9月下旬「万葉の湯」町田館の消防設備点検を行いました。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、こちらは24時間営業の施設です。 各所ごと点検できる時間が限られていたり、女性のエリアがあったりで、一筋縄ではいかない施設となります。

この日は女性を含む10名以上の点検技術者が、息の合った作業をてきぱきとこなしてくれました。 目立った不具合箇所もなく、一安心でした。

 

 

カテゴリー: 営業, 担当者の趣味、その他, 防災 | 大事な大事な 消防設備点検 はコメントを受け付けていません。

救いの道を示す、ありがたき誘導灯

早いもので、もう1年の1/12が終わりました… 富士山もようやく冬らしい雪化粧、やっぱりこうでなくっちゃ! インフルエンザも流行しているようで、弊社もスタッフや家族の方に感染が続出しているようです。 手洗い・うがい・マスク着用は、こまめに行いましょう^^

さてさて、普段はあまり気にかけてもらえない”誘導灯”。 いざ非常事態となれば、我々の身を守るうえで欠かせない目印です!

屋外に避難するため、避難口と呼ばれる扉があります。 この避難口に誘導することを目的とした、箱型の照明器具になります。 誘導灯は消防法に定められた、避難誘導用の標識なんですね!
通路に一定の間隔で通路誘導灯が、脱出可能な出口には避難口誘導灯が設置されています。 これらは蓄電池により、数十分から数時間程度点灯し続けるため、避難の際に”もし”停電したとしても、脱出の目標として使用できるようになっています。
yuudoutou

われわれは、法令で定められた消防点検を実施しています。 誘導灯が非常時にきちんと作動するか点検し、故障が確認された誘導灯は速やかに交換、所轄消防署に届け出るまでを、業務として行っております。

今回は、誘導灯についてほんの少しご紹介させていただきました!

これからも皆様の建物を安心安全で、快適に過ごしていただきたく、社員一同頑張って参ります(^^)

カテゴリー: 防災 | 救いの道を示す、ありがたき誘導灯 はコメントを受け付けていません。

長引く規制!

例年に増して色鮮やかだった箱根の紅葉も、明日からの3連休を限りに、終盤を迎えようとしています。

さて、大涌谷で高濃度の火山ガスが噴出している問題ですが、昨日、気象庁による非公式の会合があったようです。 その結果、噴火警戒レベル2(規制)が、本日14:00にレベル1(留意)まで引き下げられました。 大へん喜ばしいニュースです。

しかしひき下げられたとは言え、現在の二酸化硫黄が5ppmを超えれば、生命に危険がおよぶため安心して立入ることは適いません。

※安心基準は、0.1ppmとされています・・・

安心基準にならなければ詳しい調査も出来ず、温泉供給までには数年かかる見込みです。 その補修費は、○○億円とも言われております。

現場での先が見えない状態は、まだまだ続きます!

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 自然災害, 防災 | 長引く規制! はコメントを受け付けていません。

今の季節に・・・

7月に入り、梅雨本番を迎えました。 7/3~7/5まで、平塚では恒例の七夕祭りが開催されます。

私の近況ですが、昨年から五十肩を発症しております。 梅雨のこの時期、痛みが増したり頭痛まで起きたりと、なかなか気分が乗れません!

この数日、箱根大涌谷の水蒸気爆発の警戒度は「レベル3」に格上げ(?)。 徐々に客足の戻りつつあった観光業界は、以前に増して深刻なイメージダウンが避けられません。 さらに湯本では今週、大型トラック転落死亡事故で、火災までも発生。

小田原では、走行中の新幹線内で放火殺人事件が起きたりと、私が生活している地域の周辺で、いやな出来事が続いております。

情報によれば、現在箱根ロープウエーは運行中止になっていますが、今後復帰した時に備えて、夜間に試験運転をしているみたいです。

さて、今が一番書き入れ時の、植栽の除草を行いました。 先月末、横浜の某会社様のご依頼で、大和市の老健施設の作業になります。 天候にも恵まれ、無事完了しました。

半年で草木がだいぶ伸びていましたが、写真の通りスッキリしました。

これから夏にかけて、草刈り・剪定のお仕事がございましたら、是非私までご相談下さい。

カテゴリー: ホテル, 介護関係, 健康, 協力会社, 天候, 植栽, 自然災害, 防災 | 今の季節に・・・ はコメントを受け付けていません。

話したって分からない人は変わらず分からないが、話さない事には始まらない 2

昨日(6月29日)朝、箱根湯本のホテル統括者から連絡が入る。 大型トラックがホテルの上を走る箱根新道のガードレールを突き破り、40m下の旧道に転落したという。 それが夜中の2時だったらしく、大地を揺るがす爆音に驚かされ、ナイトフロントに確認を促したとの事。

「足の裏カイカイ病(本人が勝手に命名)」という難病に悩まされ寝付けずにいた、孫8人いる63歳の「庄助」という飲み屋の元ママは、事務所から夜の明けるまで、事の次第を確認していたそうだ。 「足の裏カイカイ病」、恐るべし!

その後トラックは炎上し、これも地域性なのか消防車が到着するまで、40分かかったそうだ。 そのとき統括者がiPodで撮影したトラックの炎上風景は、TBSの報道で使用されていた。 僕も後からネットで見たが、おぉこりゃ近いわい。 消し止められたからよかったようなものの、災害時の宿泊客の避難誘導とか、ちゃんと確立しているのかしら? せっかくだから他人ごとにせず、ホテル側も我ら外注業者も、いちど確認するのにイイ機会かもしれない。 実はこの間のミーティングで、こういう非常時にどう対応すればいいのか、話題として出ていたんだよね。

更に事故の副産物として、トラックから漏れ出た化学薬品が須雲川を汚染し、アユが大量に浮いちゃってるのも映像で流れていた。 ちょうど解禁の時期と重なって、釣り客まで激減しちゃうのだろうか、弱り目に祟り目である。 即死であったろう運ちゃんには気の毒だが、追い越しかけてカーブで曲がり切れなかったという目撃情報があるそうで、勘弁してよと本音で思う。 ※

おりしも同じ日、大涌谷から1,2㎞離れた場所で粒子状のものが降ったと確認され、せっかく収まりかけていた風評被害も、再燃しそうな雰囲気。 今日は今日で、震度3の揺れが箱根湯本であったしね。 いろいろ困った話題が、続くときには続くもんだぜ。

お客さんが来ないと、月給制でない皆さんに提供できるお仕事は激減する。 こちらも出来高請求だから、少ない彼らの所得を補うにも、原資がない。 いよいよもって、2011年3月の悪夢の再来が、現実味を帯びてきた。 いくら住み込み保障とは言え、食えなきゃ他を探さざるを得ないし、引き留める術はこちらにない。 「いずれ回復を待って」なんて軽々しく言おうにも、その回復がいつになるか皆目見当つかず、こんな状況が長引けば、そもそもホテル自体の経営がおかしくなってしまう。 深刻だ。

しかし、人智を超えた自然現象など人間の力でどうにも出来ない事を、いくら考えても詮無いのである。 限られてはいてもいま可能な事を、進めていかにゃあなるまいて。

・・・と、ここまで作って昼食を兼ね、車で外出した。 12時過ぎに箱根の統括者から携帯に連絡が入り、「ニュースみた?」。 聞けば大涌谷の警戒レヴェルが、2から3に上がったとの事。 Yahooニュースには、風評被害を強調してきた箱根町観光協会に対し、あてつけの書き込みもされている。 “風評被害”の意図するところは、箱根って地名だけで(大涌谷周辺の施設には申し訳ないけど)湯本や芦ノ湖も一緒くたに危険と思われちゃ、困るってことなんだけど。 もちろん、ぼちぼち噴火が憂慮される富士山と兄妹関係にある箱根連山だから、巨大な噴火も“可能性”としてはあるわけで、でもそうなったら横浜まで含め甚大な被害をこうむる、こちらも“可能性”に繋がるのだし、あんまり拡大して捉えないでよが、生活かかった関係者の切なる願いなのだ。

電話には続きがあった。 「新幹線で焼身自殺があって、小田原付近で立ち往生してるんだって!」 ちなみに箱根町の隣が、小田原市になります。 なんて日だ!

※ その後、現地からの情報によると、トラックの運転手は入社したてで箱根新道を走るのも初めてだったらしい。 下り坂を走行中にブレーキが効かなくなり、前の車両を追い越したのは、巻き添えにしないための判断だったとか。 だとすると、文句言われる筋合いなどないどころか、英雄的行為である。 よく知りもせず悪口書いてごめんなさい。

カテゴリー: ホテル, 担当者の趣味、その他, 日常業務, 自然災害, 防災 | 話したって分からない人は変わらず分からないが、話さない事には始まらない 2 はコメントを受け付けていません。

今の時期こそ、備えあれば憂いなし

箱根町大涌谷では、いまだ水蒸気爆発が続いております。

5月6日、気象庁より警戒レベル2が発表されて以来、下がる見通しはまるで立ちません。 自然相手で致し方ないことですが、この地で商う全ての人達にとって、終息宣言がいつなされるかは死活問題となっております。

立ち入り禁止なのは大涌谷周辺に限られていても、範囲外にある宿泊施設・観光施設等への風評被害は続いております。

我が社の契約先が集中する、箱根湯本。 小田急線の終点・箱根の玄関口にあたります。 いずこもお客様が激減し、会社の経営にも影響が出始めております。

そんな折、大涌谷から車で10分の某大手保養所に、建物内の家具や冷蔵庫等の転倒防止装置をご提案すべく、現調に伺いしました(施工会社はフロントエンド)。

客足遠のくこんな時期だからこそ、地震で倒壊しないための準備には、絶好の機会とも言えます。 噴火が収まり客足が戻っても、大きな揺れでお客様が家具の下敷きにでもなったのでは、元も子もありません。 是非ご検討を頂き、当社をご用命下さいますように。

カテゴリー: 特殊作業, 自然災害, 防災 | 今の時期こそ、備えあれば憂いなし はコメントを受け付けていません。