カテゴリー別アーカイブ: 研修

管理職研修

8月、夏本番となりました。
先日の台風5号では、避難勧告や土砂災害の緊急速報が発表されるなど、全国的に大きな影響を受けました。 皆様のところは大丈夫ですか? 地震や火事など、自然災害は色々ありますが、命に関わるもっとも大きな影響を受けるのは、水害と聞いたことがあります。 今や「過去例がない」は、まったくアテにならない状況です。 自分の安全は、自分で守るしかありません。

1-HuepDgEa-HXq8Be3E2gVewさて今回は、7月19日20日に、某大手企業が運営するセミナーに参加した際の報告をさせていただきます。
自身の立場としては、中間管理職の要と言える課長職になります。 上司・部下・他部署を視野に入れた疑似体験をもとに、対応手段を学び意識を深める内容になっておりました。 改めて管理者としての立場を認識すると共に、自分の考えや行動を改める機会となりました。
管理職とは、「チームの成果とメンバーの成長に責任を取る人」なのです。

本社の課長職として今一度、自分がまかされている現場に対して違った視点を持つことにより、これまで捉えられなかった改善が実現できるかもしれません。 現場責任者・関係者とよく話し合い、問題に対しての具体的な取り組みと、いつまでに・だれと・何を・どのように行うかなど、継続的に続ける以外にないと覚悟しております。 まずは有言実行、自身の成長と上司・部下の信頼を、日ごと強化して行きたいものです。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 研修 | 管理職研修 はコメントを受け付けていません。

忘却

先日の幹部研修会は、今まで出会った中で一番苦手な人をイメージし、その人の取り扱いについて説明するという変わった企画でした。
私は以前働いていた職場の上司について説明しましたが、後日改めて思い返すと、更に苦手な人がいた事に気付きました。 きっと拒否反応から、記憶が脳の奥底に封印されていたんだと思います。

生まれ育った環境や出会った人は皆バラバラですから、性格も千差万別です。
私に対して苦手意識を持っている人も、必ず存在しているはずです。

661a3972私にとって苦手な人に共通するのは、自己主張が過剰に強いという性質です。 言い方を変えれば、相手に対し『共感』する能力に欠けている人達です(決して、上から目線で言っているつもりはありません・・・)。

性格や考え方が違えど、相手に『共感』する気持ちは、自分が置かれている立場や年齢に関係なく大切な事だと、改めて思いました。 相性の合わない人とは一生合わないと思いますが、こうした意識付けをこれからも肝に銘じて、人と接していくでしょう。

最後に、今月我が家に新しい家族が増えました。 6月11日、午前5時33分、3066g、49.7cm、男の子です。 身長以外はゾロ目という、まるで勝負師として生まれたかの様です。

写真のアップは、今後機会を見て行うかもしれません。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 研修 | 忘却 はコメントを受け付けていません。

講師体験

先日、新人研修の場をお借りして、初めて講師としてお話をさせていただきました。

私はfree-illustration-whiteboard-memo-woman-irasutoya人前で話をすることが苦手なので、講師の話が決まってからは夜も眠れず、毎晩練習しておりました。 何度も頭の中で講義内容を反芻したはずが、当日皆さんの前に立った瞬間、頭の中が真っ白に。 考えていた事すべてを忘れてしまいました。

正直、どのような話をしたか覚えていません(聞いてくださった皆様、申し訳ありません)。

みなさんが苦痛にならず、わかりやすく楽しくお話ができる方って素晴らしいなと、感じた1日でした。

カテゴリー: 研修 | 講師体験 はコメントを受け付けていません。

新人研修

みなさん、こんにちわ。 お疲れ様です。 これから憂鬱な季節を迎えますね。

自分自身、夏は好まないですけど・・・ でも、水着は大歓迎です。 あ、これは井上係長の専売特許でしたね。

さて、本題に入らせて頂きます。

6/1 本社にて、新人研修を行いました。

JR三島研修センターから3名、清水ホテルクエストの2名、入社初日の本社特掃班1名の、計6名が参加。 9時30分~16時までと、かなりの長丁場になりました。

研修の内容を簡単に申し上げます。 今回の趣旨として、管理部・森上さん、保守の中西課長、業務部・井上係長、そして同じく業務部の私大関と、大半が講師初体験の、いわば講義する側・受講する側ともに新人という、みんなで考え創っていく「新人」研修を目指すことになりました。

——-仕事を楽しむコツについて考えよう———

塚本常務はじめ、本社スタッフ(講師)の話しを聞いて、皆様方がどれほどの学習定着率に達したのか。 せめて講義における習熟率とされる、5%は越えて欲しいものですね。 人前で話す事、話しを伝える事の難しさを改めて感じます。 本業とは違う意味で、良い緊張感を体験できました。

DSCF0372

帰りの際、ホテルクエストの方から、知らない事を知ることが出来て良かったと感想を頂きました。 塚本常務のトークが楽しかったと、言っておりましたよ。

「ありがとうございました」のコメントを今後の励みに、より良い研修を目指したいと思います。

カテゴリー: スタッフ紹介, 研修 | 新人研修 はコメントを受け付けていません。

アッという間の3年

新年おめでとうございます。 本年最初のブログ更新です。

私がエス・ビー・エムに入社して、3年が経ちます。 当初ひと騒動起こしまして、1か月後に退社寸前までいきました。 入ってすぐに、右も左も分からないまま某ホテルの新規立ち上げを任され、頭がおかしくなりそうだったのです。 というか、実際おかしくなりかけましたが。

振り返ればあの時のパニックを通過してこそ、今があることを実感します。 ホテルが落ち着き、特掃班に入ると突然(とてもブログで公表出来ない理由から)リーダーがいなくなり、やむなくその後任になりました。 この時はホテルの管理以上にきつく、正直もう無理だ!と思い、毎日悩みました。

契約先の場所も分からず、定期清掃の範囲も知らず、教えてくれる人もいない孤独な日々でした。 ある日を境に管理の全てが、ビッグウェーブの如く我が身を襲ったのです。 上司たるK部長は、そんな状況にあっても一切助けてくれません。 「あんたの管理だから」の一点張り。 上司ってこんなに冷たいものなのかと感じながら、1日1日を乗り切るので精一杯。 夜も眠れず、頭の中は仕事ばかりで家族の会話も上の空。 そんな毎日が続き、どうにか心身ともに安定したと思えるまでには、相応の歳月が必要だったわけです。

0e3a1873今では冷淡とも思えたK部長の対応に、皮肉でなく感謝しています。 辛い時期を過ごし、自力で乗り切ったからこそ少しは成長出来た自分がいるのだと。 K部長、これからもクールな(冷やかな)ご指導、お願い致します。

今は特掃班スタッフに、新たな戦力の参加を希望しています。 まだ見ぬ後輩が成長して、いつしか現場管理を任せられる日が来ますように。 それに私の場合、我が上司のような氷の指導はしませんので、安心してご入社ください。

今年も宜しく、お願い致します。。

 

 

カテゴリー: 定期清掃, 常駐設備, 研修 | アッという間の3年 はコメントを受け付けていません。

会社の看板・特掃班の研修

DSCN0007今日から7月です。 天候が回復し、気温が上昇してきました。

さる6月27日、本社3階会議室において、特掃班と設備管理工事課に配属されたばかりの渡辺君の計6名で、約3時間、研修を実施しました。

従来は社内スタッフ(上司)により開催していますが、今回は外部から講師をお招きしました。

真鶴在住で、J社技術者やISOの審査員など歴任され、現在は神奈川県ビルメンテナンス協会のお仕事をされております平田和義様です。

今回の講義のテーマは、マナーについて。 お客様・上司との敬語を用いた会話、作業の身だしなみ・挨拶など、基礎的でありながら中々身につかないポイントを復習していきます。 お辞儀の際に頭を下げる角度や姿勢など、実践しながら学びました。

その他、個人情報保護法や建築物衛生制度に関するお話もして頂きました。

今後は3ヶ月に1回程度、テDSCN0012ーマを設定して実施して参ります。 次の研修までにマスターすべき課題を一人ひとりが掲げ、終了となりました。

特掃班のPDCAサイクルは、スタートしたばかりです。

カテゴリー: 研修 | 会社の看板・特掃班の研修 はコメントを受け付けていません。

社内従事者研修会

早いもので、あと数日で2月になります。

私たち業務部では、昨年10月より本格的に社内研修を開催しております。

浜松から箱根まで、管理エリアごと計画を立て、座学と実践(OJT)を行っております。

半田課長担当のマナー講習は、時に質問形式を取り入れ、時に笑いを取りながら、回を重ねるごと内容もだいぶこなれてきました。 静かに座ったまま受講する人達を飽きさせない努力は、講師の条件として必須と言えます。

私・狩野窪業務部長は、カーペットしみ抜きの実践を伝授しました。

最近のTVを観ていると、清掃に関する特集が増えているように感じます。 意外とその中に、効率化や技術向上のヒントが少なからず存在し、つど記憶しては研修に取り入れております。

従業員からも、研修を受けてためになったという感想や、勘違していたことに気づかされいい勉強になったと、嬉しい意見をもらっています。 我が社にとって有効な研修になっていれば幸いです。

未実施の現場も、順を追って開催してまいります。 年度末(当社では9月)までに一巡する予定です。

カテゴリー: 研修 | 社内従事者研修会 はコメントを受け付けていません。

いよいよ試験本番です

今年、初ブログになります。 いよいよビルクリーニング技能士の試験が迫ってきました。 毎日緊張して、夢でうなされる毎日です。 メンタル弱すぎ35歳です。 会社で日々、練習しています。 お陰様で我が社には、床面コート・ガラスコートがあるので、トレーニングするのに大変助かっています。 カーペットだけ、練習できなくて悩んでいました。 そこで、自ら作ろうと思い立ちました。 容器等に多少の違いはあるものの、自分なりに満足しています。 前日までしっかり練習して、本番に備えます。

カテゴリー: カーペット清掃, 研修, 資格制度 | いよいよ試験本番です はコメントを受け付けていません。

講義の達人

あと10日足らずで、新しい年を迎えます。 2月には私も、53歳となります。

昨日から今日にかけ、季節はやっと寒さモードーに切り替わりました。

年末恒例、宝くじの締め切りも来週火曜日(22日)で終了します。 今年は一度も購入しないうちに、10億円は夢の彼方となりそうです。

年の瀬を前にした18日、業務部が今年度の目標に掲げる、社内従事者研修会を開催しました。

処は箱根湯本の「南風荘」。 今回は特別講師として、半田課長がマナーの講義を担当しました。 ノリのいい一人ボケやツッコミに、皆さんもすっかり リラックス・ムードです。 笑いのツボも鮮やかに、短い持ち時間が終了しました。 まずは聞き手に興味を持ってもらえなければ、意図するものは伝わりませ ん。 私の不愛想面までダシにされてしまいましたが、課長はすでに講義の達人の域にいるのかもしれません。

続く私の講義は、会社概要・及び清掃作業の「洗剤の知識「汚れについて」「トイレ清掃」などお客様目線での取り組みが中心になりました。

今まで良かれと思い作業していた事が、まるで逆の結果になる場合もあると、認識いただけたはずです。

今後の成果につながる講習になったでしょうか?

また来年も、各現場に伺い講義を開催してまいります。

では、よい年をお迎え下さい。

カテゴリー: 研修 | 講義の達人 はコメントを受け付けていません。

ホストクラブじゃねえよ!

皆様、お疲れ様です。
さて、私のブログ「各現場の人材にズームイン!」も、3回目となりました。 こんなタイトルのシリーズがあること、当の私も知りませんでしたが。
このブログもしかり、継続は力なりと心に刻み、今後も続けてまいる所存です。

今回も引き続き、箱根のスタッフ紹介となります。
過去2回も、「お前、よく載せられるな」と言われかねない内容でしたが、今回は若者が人との出会いで人生が変わる!と、最高にして自画自賛な内容ですので、恐縮ですが一読頂けると幸いです。 なお、私(半田浩幸)が強要して書かせたわけでは決してありません、念のため。

お疲れ様です。 倉橋信幸と申します。
今回、半田業務課長のブログに掲載させていただけるという事なので、簡潔に自己紹介をした上、近況報告など書かせて頂きます。
最初に述べさせて頂くと、僕には誇れる学歴が無く、まして文章をつづった経験など、過去一度もありません。 見るに堪えない記録となるはずですが、僕なりに頑張って書かして頂きますので、ご容赦下さい。

箱根のホテルで内務の勤務を始め、丸6年が経ちました。 申し上げた通り学歴もなく、頭もさほど良くないと自覚する僕は、自分の意志と言うより成りゆきから箱根に暮らし始め、何となく最近まで過ごしてきたというのが本音です。 勤務した当初は、業界特有のしきたりや不規則な勤務に、だいぶ戸惑いもしました。 くじけそうになるたび、(少なくとも表向きは)いつも明るい大石所長をはじめ、職場の先輩たちのご助力から、なんとか踏ん張ることが出来ました。 それでも、将来に向けて前向きな気持ちまではなかなか持てず、振り返ればよどんだ意識のまま、怠惰な日々を送っていたように思います。

それが最近では、仕事が楽しくて仕方ありません。 なぜこんなにも、気持ちが変わったのか。 その理由は「半田課長との出会い」に他なりません。 以前、エスビーエムの幹部研修に初めて出席した際、ご挨拶したのがきっかけでした。 僕は内向的性格と自覚していますので、半田課長のユーモアと積極性ある人柄に接して、すぐに惹きつけられました。 自分に足りない魅力を感じたからです。 その後、仕事やプライベートの面でも色々声を掛けて頂くようになります。 半田課長を通して、今まで遠い存在でしかなかった塚本常務はじめ、本社管理の方たちと交流を持たせて頂ける機会も増え、仕事にやりがいが生まれました。

今は通常業務とは別に、仲間を先導しサポートしていく立場の仕事を、大石所長から教わる日々です。 なんといいましても飽き性の僕が仕事を続ける事ができているのも、いつも明るい大石所長のおかげです。 ですが大石所長との出会いまでさかのぼるのは、今回は差し控えたく思います(←お前、大石所長の言えない過去を、何か知ってるのか?by半田)。

数10名の従業員を管理する立場になるべく研鑽を重ねることになろうとは、1年前には想像もしていませんでした。 一つの出会いが人生を豊かにし、もしかしたら貧しくもしてしまうことを、今は肌で感じております。 上司だけでなく、関わる全ての方達によって今の僕が生かされていることに、感謝の気持ちを持ちたいと思いました。 とは言え職場では、つい短気になってしまい仲間とぶつかってしまう未熟さから、理想と現実のギャップはまだまだ遠いのですが・・・

最後に、ETCとか労災とか「殺して~」とか、僕の知らない大石所長の過去のエピソードを、塚本常務はいろいろとご存知のようです。 こうした情報も、大事な引き継ぎの一環と思います。 ぜひご教示下さい。 大石所長、半田業務課長、これからもご指導の程よろしくお願いいたします!

カテゴリー: スタッフ紹介, ホテル, 研修 | ホストクラブじゃねえよ! はコメントを受け付けていません。