カテゴリー別アーカイブ: 求人・採用

グドゥマが来るよ~

7月は新卒者雇用のため、静岡市内の高校を回った。 ほとんどアポなしで訪問したのに、どの学校も丁寧に応対してくれたのはちょっと意外だった。 教師に対する先入観(もちろんマイナスな方)が、強すぎるせいかもしれない。

私立高は行く先々、爽やかな体育会系の男性教諭が面会に応じるケースがほとんどだ。 あまりに好感度が高く、そんなんで先公とさげすまれながらも虚勢を張り、校内暴力に対応できるのか不思議になる。 いまどき誰も威張んないし、直接的な暴力もないか。

対する公立の方はいかにも、っていうか昭和の雰囲気濃厚な、見てくれ構わぬ白髪交じりのオジサン先生(久美ちゃんが髪を切ってしまいたいと言っていた)や、やけにかわいらしい古典担当の女の先生(久美ちゃんによれば「絶対イジめられてる」)とか、千差万別でけっこう面白かった。 たまたまなのかもしれないが。

今年は求人倍率5倍の狭き門でdownload、「担当者が毎年来られているか、先輩がいて学生が情報を取れる会社か、なにより名前のある企業サンにどうしても偏りがちなもんですから…」申し訳なさそうに、来てもあまり脈がないよと臭わせる。
ま、それは覚悟のうえであって、でも中には違う動機から当社を見てみたいという、奇特な学生さんがいるかもしれない。 諦めず、夏休み明けにもう一度回りますか。

そう思っていたらちらほら反応が現れて、明日(8月2日)は女子学生1名が、会社見学に来ると言う。 迎えるこちらも初めてだから、どんなふうに向かえたらいいか、ちょっと思案のしどころである。
本音で言うなら「就職するより子供生め!」と勧めたいところ、今どきは人類普遍の正論であっても差別や暴論と的外れな攻撃を受ける羽目に陥るから、慎重に言葉を選ばなければならない。 何たって、家族に関する質問はダメ、尊敬する人物を聞いちゃダメ、愛読書が何か聞いちゃダメっていう、厚労省サマからのご通達がある。 アホくさ。 黙ってにらめっこでもしてろってか。

ならば「大激闘マッドポリス’80」第7話など鑑賞してもらい、感想文を書かせるというのはどうだろう。 別にそれが、1話でも16話でも構わないのだが。
「10秒に一発撃ち、一分にひとりの犯人が死ぬ」がキャッチフレーズの、トンデモ刑事ドラマである。

DdU98z8V0AAfHT_1980年代、日本の暴力団は幾多の内部抗争と政治との黒い癒着の末、全国統一を成し遂げ、さらに海外のマフィアと手を結び日本全土を制覇する巨大な犯罪組織を形成した。 ジャパンマフィアの誕生である。
警察庁はこの巨大組織の壊滅を目的とし、選りすぐりの精鋭部隊を編成、戦いを挑んだ。この部隊の唯一の目的はジャパンマフィアの壊滅であった。 恐れを知らぬ彼らの行動を、組織は<MP>すなわち<マッドポリス=命知らずの警官>と呼んで恐れおののいた。

もう、オープニングのナレーションからしてぶっ飛んでいる。 ジャパンマフィアなどという広域組織の統合は数年前の山口組を予見させるし、政財界との癒着も半端なく、こちらは中国の浸食をイメージさせる。 マッドポリスなどとカタカナ英語はやめて、「キチガイ刑事」とか、放送禁止用語も堂々無視したタイトルにしてくれれば最高だったのに。

マッドポリスの7人は命知らずであるにとどまらず、生け捕りにした捕虜は必ず拷問にかけ、半殺しにしたうえ自白を強要する。 その際、火あぶり水攻めは常套手段、とても正義の味方とは思えない。 「言えば殺される!」などの抗弁にも一切耳を貸さず、自白した事を承知の相手側に、わざわざ引き渡すまでする。 まさに鬼畜の所業である。
撃ち合いとなれば、背中を向けて逃げ出す犯人にまで容赦なく銃弾を浴びせ、とどめを刺す。 まこと人権意識の欠けらもない、中共によるチベット・ウィグルの弾圧を日本に置き換え可視化したような、ステキなドラマなのだ。

今どきの、暴力描写に馴れていないうぶな女子高生にこんな代物観せたら、どんな反応が返ってくるだろう。 私の知らない世界に出会えた!とでも思ってくれればしめたものだが、ま、入社をご遠慮されるのが関の山だろう。

ならば、資本主義・社会主義・共産主義の違いについてでも一席ぶつか。 けっこう会社のしくみを知るうえで、重要なポイントだと思うのだが。 一通り簡単に解説して、そのいずれにも肩入れしなければ、主義主張にはならないからセーフだろうし。

やっぱ「高嶺の花」とか「チア☆ダン」とか、放送中のドラマを話題にするのが無難か。 ひとつ問題は、出演者もストーリーも全然知らないという点にあるが、そこは想像の力を借りて、なんとかこなそうではないか。

「高嶺の花」なら、きっと極端な格差と圧政にあえぐ中国内陸部が舞台で、当局の弾圧をくぐりぬけながらとても手に入ると思えない自由を獲得しようと暗躍する、石原さとみの物語だろう。

「チア☆ダン」は今トレンドの、LGBTがらみのストーリーに違いない。 チア男子の主人公を主軸に、「生産性」のない人々による恋のさや当てが展開され、クライマックスは国会前でのデモから内ゲバに発展し、壮絶なカタストロフを迎えるのだろう。 違うか。

ダメだ。 手練0541040852424E726A0A42634CBD2EE8れの女子高生を相手にするなど、僕には百年早いかもしれない。 やはりここは吾妻ひでお風に、「じょんじょんじょんじょこじょしこーせー」と脱力しながら歌うしか、術はないのかもしれない。

じゃないかもしれない。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 求人・採用 | グドゥマが来るよ~ はコメントを受け付けていません。

35年ぶりの沖縄

今月も定番の(?)異常気象。 先週末には台風までが逆走と、西から昇ったお日様が東に沈むレヴェルで、バカボンのパパすら予測不能な展開が続きます。

8月も酷暑が予想されております。 熱中症には、くれぐれもご注意下さい。

実は先週、なんと!35年ぶり沖縄まで出向きました。 今回の目的は、当社においてキルギス共和国の学生さんを年間雇用する運びとなり、すでに沖縄数ヶ所で勤務する生徒さんの職場見学や寮での生活状況を、確認に参ったわけです。 雇用されているホテルの支配人様にもお会いして、実態をお聞きしました。IMG_0189IMG_0201

彼らは来日2ヶ月足らずで、シングルルームの清掃を、10室/5時間こなすまでになっており、ホテル担当者も驚いていました。

 

※キルギス共和国 えーと、それどこ?と言う人が大半でしょう。 中央アジア・カザフスタンの南に位置しており、1991年、旧ソビエト連邦から独立した国家です。 写真の通り、顔つきはほぼ日本人です。 左から2番目の女性はとくに高度な人材で、2年半の滞在で日本語がペラペラでした。 今回我が社に来る3名の女子も、母国語・英語・ロシア語は完璧で、日本語もカタコトはしゃべれるレヴェルです。

沖縄に行って驚いた事があります。

交通機関として、モノレールが空港から一部開通していて、路線バスが少なく車が想像した以上に多いのです。 本土のレンタカーは「わ」ナンバーが常識ですが、、こちらでは「れ」ナンバーまであり、これはいかにレンターカーが多いかの証しでしょうか! レレレのレ。 観光客では、やはり中国・韓国人が目立ちました。

さて、次回は何年後にいけるかなー、楽しみです。 って社内では、「仕事で行ってんのに楽しいわけないだろう!」と、一応の体裁を作っておきました。

カテゴリー: ホテル, 天候, 担当者の趣味、その他, 求人・採用 | 35年ぶりの沖縄 はコメントを受け付けていません。

長い道のり

朝晩が肌寒く感じます。 私の嫌いな冬が、もう少しでやってきます。

最近のブログはプライベートな話ばかりでしたので、久々に仕事の事を書かせて頂きます。

9月から新しい現場が始まりました。 立ち上げを任され、当日まで眠れぬ夜を過ごしました。 現場の立ち上げは今回で2度目ですが、前回とは状況が全く違っていたためです。

以前は同じ敷地の中の建て替えで、作業内容の追加や変更箇所など、あるていど勝手が分っていました。 作業手順も、少し考えれば頭の中で組み立てられたので、精神的に余裕がありました。

今回はオフィスビルで、様々なテナントが入り規模も異なります。 想像するほどに不安が先走り、悩み続けながら当日を迎えました。 しかもオープン前日、採用内定していた方から電話が入り、何と辞退の意思表示。 スタート初日、管理監督者のはずの私が、ひとり仕事につくはめに。 元請けさんからも、「まさかの●上さん1人?」なんて言われる始末。 お先真っ暗、精神的に持つのか、泣き叫びたい気分でした。

あれから1ヵ月、何とか現場はまわっています。 それでもいつここを抜けられるのか、まるで分かりません。 年末にかけ、テナントさんが一気に入居してくるとの事です。 これからが本当の戦いです。 始まりではなく、“戦い”だと感じています。 現場との戦い、何より自分との戦いです。 潰れない様に。。。。。前進あるのみ? 「何とかなるさ」と、物事を楽天的に受け止めることのできる人が、心底うらやましいと感じる私です。

秋来たりなば冬遠からじ。 やっぱり、冬は嫌いです。

 

ビル画像2

カテゴリー: 日常業務, 求人・採用 | 長い道のり はコメントを受け付けていません。

最低賃金改定の10月が来ました№4

10月です。 今年もあと3ヶ月を切りました。 朝晩の冷え込みが厳しさを増す昨今は、最低賃金改定の季節でもあります。 ちなみに私のブログによる報告は、4年連続となりました。

今回は、静岡県807円→832円 神奈川県930円→956円の改定です。 yjimageRH9JC4B2従業員さんにとっては朗報でしょうが・・・

当社では、箱根・横浜と慢性的な人不足が続き、現場の皆さんにご苦労おかけしております。 毎週募集を更新しておりますが、職種や時間帯によって、反応ゼロの状況も珍しくありません。 人不足による企業倒産も、現実に起き始めているそうです。 派遣会社においても状況は変わらぬようで、たとえば小田原のA物流会社では通常4,000人が従事し、11~12月の繁忙期には1,500人の臨時従業員を募集するそうです。 今年はこの目標人員に遠く及ばないとの声を耳にします。

宿泊施設等からお仕事のご依頼もありますが、断腸のおもいでお断りせざるを無い状況です。

検討中の外国人実習生制度にも、そろそろ舵を切らねばならない時期がきているよう感じます。

カテゴリー: 求人・採用 | 最低賃金改定の10月が来ました№4 はコメントを受け付けていません。

求人!!

こんにちは! 梅雨明けというのに、パッとしない天気が続きます。 各所で集中豪雨による被害が拡大しています。 災害に見舞われた皆様におかれましては、心よりお見舞い申しげます。 安倍内閣も昨今の天気のように荒れに荒れ、内閣改造が行われるようです。 どなたが入閣されるか、楽しみにしております。

さてさて、弊社といえば各現場の例外なく、人材不足に悩まされております。 現状、どの会社様も厳しい状況とは思いますが、今後はますます深刻化していくことでしょう。 人材確保に向け、社内基盤の強化・魅力ある企業への成長が必須です。 同時にそれをわかりやすく伝えることも、大事な要素の一つです。

弊社は今まで、紙媒体を中心に募集広告を掲載することがほとんどでした。 先日初めて、某求人サイト運営会社と打ち合わせをしました。 それによれば応募の7-8割は、ネットからの反応とのこと。 そしてほとんどの方は、企業ホームページを検索するそうです。 弊社も昨年、自社HPをリニューアルしました。 見る人に伝わるものになっているのか、まだまだ改良が必要と考えます。 採用情報等をもっとわかりやすく、どんな仕事でどんな人たちが働いているのか、どんな職場環境なのかまで、よりわかりやすく伝えられるよう、来週、セミナーに出向くことになりました。 近々リニューアルできた折は、またご紹介させてください!

ではでは、日々勉強・日々精進!

頑張ってまいります^^yjimage

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 求人・採用 | 求人!! はコメントを受け付けていません。

最低賃金改定の10月が来た! №3

10月に入り、毎年の見直しが定着した感のある最低賃金のご報告、今回で3年目になります。

今年も事前に、厚労省から発表されております。e39e9b891

静岡県 783円→807円 神奈川県 905円→930円 に、賃金がアップされました。

箱根の現場でも、これまでの雇用契約を変更する方が続出しました。

従業員にとっては喜ばしい反面、実態は相も変わらぬ慢性的な求人難。 むかし箱根の相場と言えば街中より100円程度時給が高く、それが差別化となり遠くても応募してくる小田原の住民が、一定数いました。 だからと、最賃アップにスライドして賃金を上げていこうにも契約先のご理解は程遠く、結きょく箱根は、遠くて時給も最低、土日祝日年末年始の出勤が前提の、魅力のない勤務先になってしまいました。

ある現場では現在、派遣2社に協力してもらい、毎日を何とか乗り切っております。

そんな中、新しい業務の問い合わせも増えておりますが、労働する方がいないと正直、受注に二の足を踏むことしばしです。 ネガティブ発言

そんな中、営業取締役部長は毎日、新規受注獲得に飛びまわっております。

目指すは売り上げ、○○億円!

カテゴリー: 協力会社, 営業, 求人・採用 | 最低賃金改定の10月が来た! №3 はコメントを受け付けていません。

新規現場紹介№24

新規現場を紹介するのも、かなり久しぶりな気がします。

日常現場としては初の、横浜進出となります。 自宅から近い(?)との事で、私が担当させて頂いております。

仕事内容は、「横浜ロイヤールパークホテル」4フロア(164室)のルーム・クリーニングです。

昨年秋ごろに照会があり、11月頃からスタートする予定のところ、諸事情から今年2月まで延びました。

東京の会社様がオープン当初から約23年間、こちらの業務を受けてこられました。 IMG_0144諸般の事情から廃業されるため、営業譲渡の形で当社が後を継ぐことになりました。 引き継ぎも、社長様のお人柄で順調に推移と思いきや、2~3月は移籍した従業員の退職等で、かなり厳しい人手不足の状態が続きました。

従業員の協力からなんとか苦難を乗り越え、今日を迎えています。

幸いいい求人媒体との出会いもあり、最近は安定した現場になってきました。

カテゴリー: ホテル, 求人・採用 | 新規現場紹介№24 はコメントを受け付けていません。

限られた人の世を生きる その4

d0226187_18174415人が集まらない。

もともと人気ない稼業がここにきて輪をかけるように、ひと現場・月ン10万円かかる複数の求人媒体掲載も数名の応募しかなく、実際の勤務に堪えそうな人材と言えばそのうち1~2名程度で、じゃあこの日から出勤して下さいと心待ちすればドタキャンとか、宿泊業に至っては稼働は上がる一方なのに労働者数は右肩下がりと、目も当てられない惨状にある。

だからと、大所帯の現場で求人のため条件(時給)を上げようとすれば、とうぜん現役の人達には同額かそれ以上の見直しが不可避となり、契約額との狭間でバランスとれない事態を生む。 人が足りない分、限られた人員で無理をしながら日々の業務をこなせば、疲労が蓄積しミスを誘発する。 それで取引先からクレームでも来た日には、利益よりも人手不足解消を目的とした契約交渉のはずが、二の足踏む悪循環に陥る。 こりゃ、どっかで破たんするぞなどと、決して他人事でないのに手のつけようもなく、途方に暮れる昨今なのだ。

求人誌(紙)ばかり頼ってもラチは一向明きそうになく、(スマホなどから開く)動画の人員募集といった、新手の媒介を使うことにする。 箱根で一度試して、多少とも反応のあった広告店だ。

取材と撮影を兼ね現地に待ち合わせると、未だあどけなさ残る女性が、一人でやってくる。 アナタ、若いね。 「23歳です」。 僕の長男と、同じ齢だ。

d0286848_13473262

体育会系の大学を出たという彼女は、ハキハキした受け答えがとても好ましい。 空いた時間にいろいろ雑談をしたが、将来の夢など聞けばこちらまで楽しい気分にさせられる。 若いっていいなぁ~と、だからと自分は若い頃に戻りたいなどとは露ほど願ってもいないが、社会人一年目の彼女の言動は、キラキラと眩しい。

一昔前だとね、箱根で夏休みのバイトを募集すると、(東大を除く)六大学の学生とか京大・筑波大の現役とか、集まった時期もあったんだよね。 当時そこを仕切っていたのはわけアリ関西弁の所長さんで、エリートと異質な彼のキャラクターや、経験の豊さから醸される人間としてのスケール感に触れることで、受験一辺倒でやってきた彼らにとっても、いい刺激になったはず。 今じゃ募集しても、大学生はおろか高校生も来ないけど。

「ホテル業界って、今でも魅力ある職種の一つだと思うんですけど。 ルームメイクはその第一歩です、若い人に向けては、そういう切り口でどうでしょう?」

去年、自分の長男が就職する際、5年・10年後の収入がいかほどにも上がらないって、入る前からグチっていて呆れた。 先輩からの情報や、もらった賃金規定なんかを計算して、将来に希望が持てなくなったらしい。 お前、せっかく拾ってもらった会社に、貢献ひとつ出来ない内からナニ言ってんだ。 会社は生き物で、今がそういう規定だから未来も変わらない、そんな膠着した世界じゃないし、だいたい条件自体も相場からして低くないぞ。 説教する一方で、この世代って将来までが数値化されて見えちゃうんだと、自分が20代だった時代との違いも認識できた。

何が言いたいかっていうと、スマホからネットで求人欄を検索すれば、見切れないほどの企業や職種が載っていて、それぞれの業界のステータスや将来性も、容易に比較できる時代になったってこと。 われわれサービス業はその中にあって、総じて条件が低い。 収入だけじゃなく、土日祝日も出勤しなければならないとか、勤務時間帯が変則だとか、求職者にとって魅力的なポイントが極めて乏しい。 ホントは子供が生まれて学校に行くまでは、平日休みの方が利点も多いんだけどね。 だからホテルの仕事にしても、魅力を云々する以前に、より高収入で、ラクそうで、休日も世間の事情に見合った所が最優先されることになる。

あくまで表面的な情報で、仕事の質と比例しているわけじゃないのに、全て相対化されていて、そこに自分を当てはめると先々までが見えちゃう気になる。 それがイイことなのか、疑問だけれど。

「確かにそうですね。 私、というより私たちの世代って、失敗できないっていう気持ちがとても強いんです。 対人関係も就職活動でも、いまのお話のように無数にある中からの選択を余儀なくされて、そうでありながら実体は、どこも大して差がない事まで同時に実感しているんです。 そうした中ではちょっとした失敗であっても、一定の水準から脱落してしまったような、恐怖感が湧くんですね。 それが自分の可能性を狭めている感覚は、確かにあります」

僕だけかもしれないけれど、そもそも若いころは失敗っていう概念自体、持たなかったように思う。 アレは失敗だったとか、後から振り返ることはあるにしろ、何か行動を起こす時に失敗するかもなんて、これぽっちも考えちゃいなかった。 情報が限られていた時代の功罪だよね。 比較する対象がないから、こっちに行ったら成功の確立が高いとか、あっちを選ぶとリスクの方が大きいとか、いっさい悩まずに済む。

51lKcO3fyIL._SX310_BO1,204,203,200_ならネットで調べれば、迷信や噂に過ぎないとたちどころに判る程度の事象も、本に書いてあったり目上の人から聞いた話だけが、当時の僕にとって“真実”であったし、勘違いから進んだ人生であっても、それはそれでよかったと思えるんだ。 要領や効率からははるかに遠いのに、遠回りしたとかいう印象は、まるでないんだよな・・・

しかしコレって、昔は良かったなぁ的な、オジサンの回想に過ぎんのかもね。 幾度か訪れた人生の転換期を良き縁に恵まれ、新興過激宗教団体などに入ることなく、お試し覚せい剤に手を染めることもなく生きて来れたのも、偶然っちゃ偶然かもしれない。

ちなみにこのお嬢さんの作った求人ビデオ、クォリティは中々のモノと思うのだが、結果に今一つ結びついていない。 無念。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 求人・採用 | 限られた人の世を生きる その4 はコメントを受け付けていません。

来たれ、救いの働き手よ!(足抜けしたら、指一本)

お疲れ様です。

今回、現場スタッフ紹介はお休みさせて頂き、かわって私の心の叫びを届けたいと思っております。

ヒィ~~、このまま誰も入ってくれないと、アタシ壊れちゃうぅ!(官能小説風)

現在、深刻な人材不足となっております。

募集すればジャンジャン電話が鳴った7~8年前と違い、一人の応募ないことも常態化した現在、求人の表現ひとつにも、独自の工夫が要求されます。

そこで今回、AKBのCMで有名なバイトルさんに依頼し、動画による求人を試みました。‎‎

天成園のスタッフに協力してもらい、出来上がったのが下の動画です。

少しふざけているよう思われるかもしれませんが、担当者曰く、動画で人を呼ぶには面白おかしくした方が良いとの事でした。

実際、掲載2日後には2人の応募があり、雇用に繋がりました。

箱根・熱海地区は、まだまだ人材不足です。

このブログを見て頂いている方で、知人・親族・ご近所にご興味お持ちの方おられましたら、半田までご一報ください。 因みに箱根地区は寮もございますので、遠方からでもOKです。

カテゴリー: 求人・採用 | 来たれ、救いの働き手よ!(足抜けしたら、指一本) はコメントを受け付けていません。

十の支流は、我の元一つの本流となる

私にとって、今年最後の投稿となります。
今回も、箱根の現場からご登場いただきました。 十川さんです。 では、どうぞ。

まだお会いしたことのない皆様、初めまして!
箱根湯本温泉「天成園」で、設備を担当しております十川正元です。
この名前、初対面できちんと読んでいただけた記憶がありません。。。
画数たったの14画。 すべて小学校二年生で習う漢字にも関わらず、です。
ソガワマサモトと読みます。 十川姓は全国に4,500人ほどいるそうで、香川県高松市がルーツだそうです。 同じ十川でも、地方によってトガワ・ツジカ ワ・ソゴ・ジュウガワ・ソガ等々いく通りもあって、読み方から自分のルーツが分かるというのも、稀少名ゆえでしょう。 10の村落が合併したとか、10の 河川が合流するところといった、語源に関しても諸説あります。

これを機会に覚えていただければ、是れ幸い。
お願いしますよ、半田所長!

さて、我が職場・天成園ですが、入口になる橋を渡り、庭園のほうへ歩いていくと、アヒルの暮姫(通称くれちゃん)がお出迎えしてくれます。
くれちゃんは数いるアヒルの中で唯一、自分の事を人間と思っているようで、仲間と全く群れません。 お客様に喜んでいただけるよう放し飼いになっているに もかかわらず、裏手に引っ込んでは全く仕事をしてくれない。 私としてはくれちゃんを手なずけ、来園されるお客様にとって癒しの存在となるよう、機会ある ごとちょっかいを掛け続けてきました。 努力は報われるもので、今では私が姿を見せれば、喜んでついてくるまでになっています。 そんな時、他に代えがた い幸福感に満たされるのです。
しかるに、そこに至るまでつぎ込まれた膨大な労力を、いま冷静に振り返ってみるにつけ。。。

もしかして私、仕事をしていない!?

いやいや、そんなはずはありません。 普段あくせく仕事をする中で、ささやかな癒しを求めていただけ、という事にしておきましょう。

せっかくブログを書かせていただいているので、私が入社したきっかけを少々。
前職を辞めたばかりの私は、「何かいい仕事ないかなぁ~」とスマホいじりの職探し。 もともと機械好きだったので、設備関係といった大まかな枠で、漠然と仕事を探していました。
そこで目についたのが、(株)SBMの求人広告。 ホテルの設備管理を急募とあります。 すぐにTEL。 すると電話の向こうから、テンション高めのお調子よさげな声が。。。

面接に伺うと、初っ端にギクッ! 俺、来ちゃいけないところに来ちゃったかも。。。
面接官の人相が、超ヤバイ。 修羅の群れ? この方が上司となる、半田所長でした。 それがいったん話し始めると、想像もつかない気さくさにホッと一息。  面接当日に、職場となる館内を見学しました。 最も興味ある機械室を確認し、丁寧な説明を頂きます。 数日後には、採用の通知が来ました。

そんなこんなで、今年12月をもって早や1年、お世話になっています。
それだけ時間は経過しても、まだまだ出来ていないことが多すぎ。 設備面・人事面とも、これからもっと強い意志をもって精進していかなければ! この組織 で、今後たくさんの方と出会う機会があるでしょう。 皆さんから少しずつ良いものを盗ませていただき、自分の肥やしにしていこうと思います。 皆さんも出 し惜しみされず、私の肥やしとなってください!!ねっ所長

では、また逢う日まで。。。

カテゴリー: スタッフ紹介, ホテル, 常駐設備, 担当者の趣味、その他, 求人・採用, 空調, 給排水設備 | 十の支流は、我の元一つの本流となる はコメントを受け付けていません。