カテゴリー別アーカイブ: 警備

年度替わりに・・・

通勤途中の沼津国1BP沿いの桜が、先日からポンッと淡い花を咲かせ始めました。 静岡ではimages4/1が開花宣言とのことで、平年よりもかなり遅い開花となります。 この日は新年度の始まりで、新たな挑戦のスタートラインでもあります。

私自身は、やっと一段落つけるかも… と思える日でもあります。 というのも、年度末は毎年のことながら入札を中心とした業務に追われ、睡眠不足の日々が2か月ほど続くのです。 このブログも大幅なノルマ違反となります(規則は規則かもしれませんが、この時間を業務か睡眠に充てたいと、都合の良い優先順位を付けさせていただきました)。

そんなブログを犠牲にした入札は、おおむね好成績の案件が多かったものの、そうでないものも一部あり、パーフェクトは難しいと改めて感じました。

我が警備事業部では、業務拡大に伴い2名の警備員が仲間に加わりました。 今まで以上に仕事に厳しく、人にやさしく、仲間を思いやる事業部を目指していきたいと思います。 それスナップショット 1 (2016-04-04 16-12)には何をさておき、「歓迎会」をしなくてはw

と、飲み歩くことばかり考えている相変わらずのオッサンです。

 

 

 

 

カテゴリー: 営業, 担当者の趣味、その他, 警備 | 年度替わりに・・・ はコメントを受け付けていません。

今年もこの季節がやってきた

SBMブログを読んでくれる皆様!あけましておめでとうございます(早や1/28ですが…)。

ビルメンテナンス業であるSBMに入社し、12年が経ちました。 本社に勤務し12年もの間、一度も昇進しないという他に類を見ないほど出世という言葉からほど遠い私ですが、担当する業務は次々増えております。 12月に役職名がちょっと変わり、警備部長→警備・保守・売電事業部長と、長い役職名となりました。 そして、中西課長が直属の部下となりました。 ノー天気な私と正反対な性格の持ち主です。

管理職として大切な「公正で的確な判断力、決断力と行動力、権力に屈することなく部下を守る気概」といったところを教えていきたいと思っております(ついでに遊び方も伝授してあげようかとw)。17308109

タイトルの“季節”とは、言わずと知れた「入札時期」です。 毎年のことながら、プレッシャーと闘いながら頭をフル回転させ、タイミングを逸することなく行動しなければ大切な契約先(=スタッフの生活)を守ることはできません。 3月末には笑顔で、「今年は良かった」と言えるよう精いっぱい頑張ろうと思います。

その第1回戦が、1/27・熱海で開催されました。 簡単な勝負でなく、重圧のなか物件を死守すべく臨みましたが、結果は不調。 参加業者のいずれも予算額に達せず、おそらくは日を変え、再度入札となる見込みです。  人件費の高騰と人手不足の日本にあって、顧客側にも現状認識を強く求めたいところです。

カテゴリー: 営業, 担当者の趣味、その他, 日常業務, 未分類, 警備 | 今年もこの季節がやってきた はコメントを受け付けていません。

法令順守は優良企業の証です。

images11月に入り、寒暖の差が一気に広がりました。 体調を崩される方もいるようですので、天気予報には毎日注意しているこの頃です。

この時期、各監督省庁が行う立入検査の機会が増えます。 とくに「特定建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(通称:ビル管法)や「警備業法」に関する立入検査の多い時期であり、事務系においても「社会保険事務所」や「労働局」「税務署」といった監督省庁の立入検査が行われることがあります。

警備業については、毎年必ずこの時期に「定期立入検査」が行われます。 業務の性格上、また近年の社会情勢に伴い多様化している業界であり、東京オリンピックに向け民間警備会社が担う責任は増しております。

認定業となっている警備業は、清掃業などの登録業に比べ要件が厳格であり、静岡県公安委員会(静岡県警生活保安課)が監督指導しております。 このようにもともと厳しい監督下にありながら、今年新たに生活保安課の中に「許可事務指導管理室」が新設され、警備業を初めとする許認可指導の徹底を図ってきております。 このような部署が新設された背景は多々あるでしょうが、ここではあまり触れず進みます。

我が社では11/7(月)午後から、所轄の清水警察署生活安全課による立入検査が行われました。 昨年まで1時間掛からず終わっていたと記憶しておりますが、今回は1.5時間ほど掛かりました。 特に問題があったわけではなく、検査する内容がより詳細になったことによるものです。

警備業の立入検査の重要事項は、①新任教育・現任教育といった「法定教育」の計画書と実施簿、②警備員名簿等の「書類の整備」となります。 それに加え、現場における「指導監督」の計画及び記録簿となります。 ただし、現在指導監督に関する書類は法定備え付け書類から除外されておりますので、これに関しては不備があっても法令違反にはなりません。 とはいえ、警備業法第21条2項で「警備業者は、その警備員に対し、警備業務を適正に実施させるため、この章の規定によるほか、内閣府令で定めるところにより教育を行うとともに、必要な指導及び監督をしなければならない。」と規定されているため、当然備え付けられるべき書類と言えます。 この立入検査による法令違反で多いのが、「教育の懈怠」とそれに伴う「虚偽記載」です。

違反の主な理由としては、「教育は経費が掛かる」「現場で人手が足りないから」といったところでしょうか。 教育したように装い、「教育実施簿」を作成し、警備員名簿に虚偽の記載を行うのです。 因みに教育は、一般警備員では採用時に行う「新任教育」30時間を受講しなくては、現場で業務を行うことができません。 仮に採用した警備員が1名であった場合、マンツーマンによる講師が必要です。 警備会社側からすると、両名合わせて60時間分の費用負担となります。 加えdscn1305て6か月ごと、すべての警備員に8時間の現任教育を受講させなくては勤務ができなくなります。 例えば100名の警備員がいた場合、半年ごとに800時間の経費が掛かります。 馬鹿にならない負担ですが、必要不可欠な経費であると考えます。 さらにその教育方法や講師の熱意が、「良い警備員」を育てます。 この良い警備員を育てることこそ、最大の経費削減になるのです。 良い警備員が増えると、管理者がクレームで奔走することがなくなります。 退職者も減り、新任教育の回数も格段に減ります。 因みにSBMには約50名の警備員が在籍しておりますが、今年4月以降退職者0名=新任教育なしとなっております。

最後に、20年以上立入検査を受けてきましたが、今回初めて教育実施簿とタイムカードの照合がありました。 これに警備日誌を加えた3点セットで照合されれば、教育懈怠や教育実施簿の虚偽記載は、すぐに判明するでしょう。 SBMでは法令順守はもとより、充実した教育指導を行うことで、警備業務の適正な実施と利益を追及しておりますので、全く問題ありませんでした。

優良企業であるためには、法令順守により働きやすい職場をつくり、優秀な警備員に永く勤めてもらうことが不可欠であると考えます。11007056883

 

 

 

 

カテゴリー: 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他, 警備 | 法令順守は優良企業の証です。 はコメントを受け付けていません。

2016アツかった夏

10327000332 今夏は各地で猛暑に見舞われました。 気候だけでなく、いろいろな意味で熱い夏だったと思います。

何と言っても、オリンピックで目覚ましい活躍を見せてくれた日本の選手たち。 テレビにかじりついて応援した人も少なくないでしょう。 諸外国の選手を引き合いに出すまでもなく、強い精神力を発揮してくれたシーンが多く、観る者に言い知れぬ感動を与えてくれました。 警備業に携わる者としては、懸念されていたテロも発生せず、無事終了した事に胸をなでおろしています。

11007056881仕事に目を移すと、猛暑のなか日陰もほとんどない駐車場で、朝から晩まで誘導業務を行う警備員さんたちは、本当に大変だったと思います。 当社として、歴史と経験を重ねるごと暑さ対策も上手になり、高齢者が多いこの現場で一人もダウンすることなく元気に乗り切れたことは、うれしい限りです。

台風も、8月中旬ころから続けて襲来しております。 今年の台風は関東~北海道に上陸するという、珍しい進路をたどっております。 このおかげで、鹿児島は7月中旬以降ほとんど晴れており、メガソーラー発電所の発電量は7月に過去最高を記録し、8月は更にそれを大きく塗り替えました。 昨年は上陸した台風で、阿久20140422_144313根では数百枚のパネルが飛ばされ、大変な思いをしました。 今年は逆に、最高の成果を生んだわけです。

9月に入り、日中は暑さが残りますが、朝晩は涼しくなってきました。 かえってこの時期、夏バテや風邪をひきやすくなります。 健康管理に注意が必要な時期です。

9月には警備員現任教育もあり、各現場の警備員さんの笑顔が見れることを、今から楽しみにしています。

カテゴリー: メガソーラー事業, 天候, 担当者の趣味、その他, 警備 | 2016アツかった夏 はコメントを受け付けていません。

性格も本名も、変換不能な警備隊長

皆様、こんにちは。
杉﨑警備事業部長の下で警備業務を務めさせて頂いております、隊長の青野 泰佳(ひろよし)と申します。
このブログで初めてご挨拶する方も、多いはずです。
拙い文章でお見苦しい点あるかと思いますが、どうかよろしくお願い致します。

日頃は県西部のハローワーク(浜松、浜北、細江、磐田、掛川)駐車場警備と、浜名湖ガーデンパークの夜間警備、イベント時の駐車場警備などの任務に就いております。
2年程前には、浜名湖花博でのイベント警備も務めさせていただきました。

いきなりですが、私の名前は「やすよし」ではなく「ひろよし」です。
更に書体も「泰佳」の「泰」の文字は正しくなく、「藤」という漢字の月の横にある文字が正しい漢字になります。
旧漢字になるらしく、自前のPCで変換できません。 大昔の辞書でやっと拾えるかどうかって感じなので、仕方なく「泰」の漢字を利用しています。

大まかなプロフィールをご紹介します。
高校卒業後、写真カメラの販売店(旧イオン系列)に入社し、5年ほど商品の販売や店内でのDPE作業(フィルム現像、プリント)に携わって参りました。
まだデジカメが普及する前でしたので、お若い方には何のことやら?でしょうが。
その後、県内の警備会社に入社し、各工事での交通誘導やイベント警備、守衛業務などに携わって参りました。
前職の会社で浜名湖ガーデンパークの警備をしていたことと、SBMとは写真繋がり?もあって、海のモノとも山のモノとも分からない、何処の馬の骨とも分からないこの私めを、浜名湖ガーデンパーク勤務として塚本常務に採用して頂くことになりました。

しかし最初の1年間は、警備ではなく設備担当でした。
そのとき浜名湖ガーデンパークの警備は、前職の会社が請け負っていたためです。
設備保守や営繕関係はズブの素人で、同僚方々、ガーデンパークのスタッフの皆様にはご迷惑ばかりおかけし、大変申し訳ごさいませんでした。
その1年後、浜名湖ガーデンパークの警備が始まり、ハローワーク駐車場警備も我社が請け負うこととなり、警備事業部に配置転換となって現在に至ります。

私が担当するハローワーク駐車場警備は外仕事のため、真夏・真冬・雨天、時に台風・雪など、大変厳しい日常です。 いくら悪天候だからといって、お休みにはなりません。
そのため、毎日17時に発表される翌日の天気予報のチェックは欠かせません。
静岡県西部の予報だけでなく、愛知県東部(豊橋)も必ずチェックします。
例えば静岡県西部は晴れ時々曇り、愛知県東部は曇り一時雨などと予報が異なる場合、どういう訳か県中部寄りの掛川にいても、愛知県東部の方が何故か当たる確率が高いためです。
梅雨も明けて、今年は猛暑(もう毎年のことですが)の予想が出ており、しばらく炎天下の日々が続きます。
特にこの時期は、天気と同時に最高気温が気になります。
隊員の皆さんが熱中症など起こさない様、体調や“隊長”の体調にも気を配り、水分・塩分補給を心がけながら、任務についております。

浜名湖ガーデンパークの夜間警備について、概要を説明いたします。
閉門時間が17:30(夏季は18:30)となっており、30分前より巡回車にて、お客様の退出を促しながら各施設の戸締りをしていきます。 トイレもシャッターを閉めます。 イタズラ防止のためです。
閉門後に侵入者などないように、隅々まで巡回し目を光らせています。青野2(カラー)
ただ、猫やたぬきはもちろん、最近ではキツネまで出没しびっくりします。
そして朝を迎え、開門までに各施設を点検しながら解錠していきます。
我が社の警備が行き届いているおかげか、近年は自販機荒らしなどの侵入者がありません。
警備業務においては何も無いこと、平常なことが何より良いことです。

最後になりましたが、今後もハローワークやガーデンパークに来られるお客様や車両など、安心安全が保たれる様に日々精進しながら、任務を全うしていきたいと思います。
皆様、最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

警備事業部 隊長 青野泰佳

カテゴリー: 健康, 天候, 常駐設備, 日常業務, 警備 | 性格も本名も、変換不能な警備隊長 はコメントを受け付けていません。

いろいろ育つ季節です。

新緑の季節を迎え、少し前なら満開の花盛りに散るこぼれ桜と、目も心も楽しませてくれた国の花は、緑の葉桜に姿を変えましたrann。 日本人なら毎年当たり前の光景ですが、この季節の植物は日々姿を変えるのが、目に見えて分かります。 私が世話をしている本社鉢植えでも、新しい芽を出し花咲く準備にかかっているようです。 きれいに開花するのが楽しみな今日この頃です。 昨年花を咲かせずにいた胡蝶蘭も、今年は目を覚ましそうな気配が出てきました。

胡蝶蘭はあまり過保護にすると、葉っぱだけで生き長らえるので花を咲かそうとしないそうです。 一方で、鉢植えでほったらかしにすれば枯れてしまいます。 何か人を育てることに、共通していると思いませんか? さらにいうと、同じように世話をして毎年花をつける胡蝶蘭の株もあれば、同じ鉢の中で少し甘やかすと花芽を出すもの、逆に厳しくしたとき花芽を出す株もあります。 難しいものです… わが社の若手は、どうすれば芽が出て花を咲かせてくれるのか? 考えさせられることが多い日々です(自分もこんなことを考える年になってきたのか…と感じます)。

そんな私も、急成長中です。無題

何が??と、突っ込まれそうですが… 成長しなくて良い腹回りです。 原因はハッキリしていて、1つは「食事の量が増えた」(我慢しなくなった)。 2つめは「運動不足」(毎晩のストレッチをサボってる)。 これにより、3Kgほど体重が増え、数値以上に腹が太くなりました。 夏に向けて痩せなくては!と、思いながら毎晩ハイボールを晩酌に、TV観てるダメなオヤジです。

「連休を利用し、運動するぞ!腹八分目に我慢するぞ!」と連休初日の夜、ひとり残業しながら思いました。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 未分類, 警備 | いろいろ育つ季節です。 はコメントを受け付けていません。

厄払いは大事!?

暖冬と思われた今年の冬ですが、1月中旬以降、日本各地で大雪が降ったり、奄美地方で雪が観測されたりと、いきなりビックリする寒さの到来です。 とはいえ静岡県は比較的暖かく、雪はほとんど観測されません。 恵まれた土地で生活していることを実感します。

この時期は入札をはじめとして、多くの現場で契約の見直しが行われるなど、慌しくなります。 警備事業部においては、後期の現任教育を2月に行うことが恒例になっており、今15415248年も3班に分けて行う予定です。

SBMの警備員さんたちは1か月ごとの勤務表に基づいて勤務しており、あまり変更等はないのですが、2/4(木)、静岡地区で3名の警備員さんの身にトラブルが発生しました。 私が10年以上担当している中で、初めての出来事です。 警備員のシフトは、誰かが急な病気などあっても大丈夫なように余裕を持って管理しているのですが、一度に3人も勤務できなくなるなんて想定外でした。

順を追って説明します。 午前中、1人目から「朝のウォーキング中、横断歩道を渡っていたら車に突っ込まれて、足を打撲した」と連絡がありました。 幸い軽傷で週明けから復帰できる見込みと聞いて、ホッと一息です。

2人目は「体調が思わしくないため退職したい」とのことで、数日前から前兆はあったものの、よりによってこのタイミングで… 今月の勤務を変更しなきゃと思案しておれば、夜になって3人目の電話が鳴り、療養中であった御身内が危篤で出勤不可と報告うけます。 夜8時半ごろ、慌てて勤務を組み替えるべく各隊員に電話したところ、警備員の方たちは自らの用事をキャンセルしてまで、仕事を優先してくれるとのこと。 頭が下がる思いとともに、仲間を慮る連帯感に喜びを感じました。13138046

ここで、タイトルの「厄払いは大事!?」ですが、前日の2/3は節分で厄払いをする日だったのにすっかり忘れていたどころか、今日(2/4)恵方巻きを買いにコンビニ行ったら売ってない → 節分は昨日だった(-_-);と初めて気が付いた次第…

個人的に神様の存在は信じておりませんが、厄払いを忘れた翌日にこんなことがあると、バチが当たったかな?と思わずにはいられません。 これで鬼が退散してくれることを、こんなときだけ、神様に祈るばかりです。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 日常業務, 未分類, 警備 | 厄払いは大事!? はコメントを受け付けていません。

現場紹介№20

現場紹介も、ついに20回目を迎えました。

日の入りまで、今が一番早い季節。 午後4時を迎える頃すでに外は薄暗く、夜のとばりが降り始めます。 寂しさをひとしお感じる、中年後期に差し掛かった私であります。

さて、今回ご紹介する現場は、当社で一番西に位置する契約先・浜名湖ガーデンパークとなります。

2004年4月~10月にかけて、浜名湖花博が開催された場所です。

イベント終了後に整備されて、2005年6月より現在の形で再オープンしました。

当社では、5年前から設備・清掃をスタートし、現在は夜間警備と展望台の受付業務まで請けております。 敷地面積は56ヘクタール。 狭い日本にあって、規格外の広大さと言えるでしょう。

以前には徒歩で清掃を行っていたそうですが、軽のワンボックスで移動する許可をいただき、現在ではかなりの効率化が図られています。

今の時期、落ち葉の拾い掃きがピークを迎え、従業員は日課のように汗をかきながら、奮闘しております。 トイレ清掃も異臭1つしないよう、心がけております。

設備要員は自転車で、敷地巡回を行っております。

春ともなればすがすがしい空気に園内は満たされ、チューリップやバラが色とりどりに咲き誇り、コンサートやクラフト体験まで楽しめます。 皆様にとって遠方にはなるでしょうが、何かの機会にぜひ一度、ご体験ください。

カテゴリー: イベント, 天候, 定期清掃, 常駐設備, 担当者の趣味、その他, 指定管理者制度, 日常業務, 空調, 給排水設備, 自動ドア・昇降設備, 警備, 資格制度, 鼠・害虫防除 | 現場紹介№20 はコメントを受け付けていません。

マイナンバーの正体は?

久しぶりのブログとなります(忙しさにかまけてサボってました…)。

秋も深まり、朝に夕に吹く風は、肌にヒンヤリ沁み入るようになりました。 まして景気は、それ以上にお寒くなっているような気がします。 夜の繁華街を歩けば、客の入りがどこの店もまばらなのに気づきます。

察するに、マイナンバーの影響が出始めているのではないでしょうか。 まだ(私を含め)手元に届いていない人も多い中、マイナンバーの様々な影響について、噂だけが先行して飛び交っています。 まさかマイナンバーが影響しているわけでもないでしょうが、この時期それほど忙しくないはずのハローワークが各所で混雑しており、SBMの警備員さんたちも大忙しです。

政府関係者はマイナンバーの利点ばかりアピールしておりますが、セキュリティの脆弱性など大きな弊害も含んでおります。 税務以外の個人情報も、ガラス張りになってきそうです。 私のようなサラリーマンは最初からしっかり税金を引かれておりますが、自営業者や副業を持っている人たちの中には、上手(多少誤魔化して)に税を収め、お小遣いをためたり何とか商売を維持している方もいるはずです。 会社員でも夜間休日を利用し、会社に内緒のアルバイトで何とか糊口をしのいでいる方がいます(公務員の中にもいるかもしれません)。 このような収入に関して、会社にバレてしまえば処分の対象になる可能性があります。

今まで上手くやって遊興費を捻出していた人たちが、レジャーにお金を使わなくなれば、観光などレジャー産業の経営は厳しくなるでしょう。 飲食店などでアルバイトをしている人たちも、会社にバレる前に辞めていくでしょう。

税金をしっかり徴収するのが目的のマイナンバーも、世の中のお金が回らなくなれば税収そのものが減るし、倒産する事業者も増えるのではないか? もしくは地下に潜って商売するところも増えるのではないのか? そう思うのは私だけでしょうか。 だからと言って、ズルを容認しようというわけではないのですが・・・ どこか庶民いじめのような割り切れない感覚が、マイナンバーという新制度につきまとって仕方ないのです。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 未分類, 警備 | マイナンバーの正体は? はコメントを受け付けていません。

定期検査は仕事にも…

今年の夏も猛暑という表現がピッタリでしたが、珍しく残暑を感じる期間が少なく、すっかり秋めいてきました。 エルニーニョ現象が影響しているとのことですが、逆に冬は厳しい寒さになりそうです。

さいきん定期検診を受けたのですが、これは主に生活習慣病に対するもので、一番心配な癌を発見することはほとんど期待できないとのことです。 現在日本で最も有効とされるのがPET(陽電子放射断層撮影)といわれるもので、点滴で検査薬を体内に投与し、ガン細胞に目印を付けるという方法です。 胃カメラ等で発見できないごく小さながん細胞まで見つけることが可能とのことですが、これを行うとかなり多くの人にガン細胞が見つかるそうです(気にしなくていいものまで映ってしまう)。 まぁ、「病は気から」というように、気にしすぎるとそれこそ病気になりそうなので、自覚症状がないうちは大丈夫と思うことにします。

このような定期検査は、体だけでなく仕事でも、必要なのだと思います。 どんな仕事でも、それに関する法令を遵守しなくてはならないし、法令も時代に即して改正されるものですから、最新の法律に適合していなくてはなりません。 これを怠るとよい仕事ができなくなるばかりか、労災事故などに発展する恐れがあります。 とはいえ、自主的にしっかりやりなさいと言っても、人も企業も怠け癖はあるものです。 御上(役人)が立入検査を行うのも、必要悪といえるかもしれません。

警備業では例年10~11月頃に、公安委員会(県警 生活安全課)による定期立入検査が行われます。 4/1~9/30で前期の教育期が終わることから、前年の後期と合わせ1年分の検査を行います。 ところが、今年は9月に行うとの通達でビックリしました。 私の25年の警備経験の中でも、初めてのことです。 警備業は採用する警備員についてだけでも様々な書類が必要で、他の業務では必要ないような「人物(前職)照会に関する書類」「住民票・戸籍・身分証明書」「警備業法の誓約書」「欠格事由に該当しない旨の医師の診断書」など、アルバイトであろうともこれがそろわなければ警備員にはなれません。 次に30時間に及ぶ「新任教育の実施(記録)」6ヶ月毎に8時間受講する「現任教育の実施(記録)」、管理者による「巡察指導の計画書・記録」etc… けっこうな書類整備が必要です。 もちろん、実際にやるべきことをやって綴ることは言うまでもありませんが、稀に教育をせず「書類だけサインしてね」なんて虚偽の記載をする業者もいると聞きます… 実施簿とタイムカード、警備報告書、給与明細をセットで見れば、後でバレるのは間違いありません。 ということ以前に、そんなやり方をしていては、毎日クレームが絶えないでしょう。 管理者は日々、その処理に飛び回る始末となります。 楽をするつもりが、却って大変な目に合うことになるのです。

当たり前のことですが、良い人材を採用し、教育指導に本気で取り組むことにより、その熱意は警備員たちに伝わります。 それが現場での良い仕事に繋がるのです。 こうした雰囲気ができると、歓迎されない人材は居場所がなくなるものです。 最適な状態を維持することに、SBMは力を入れております。 今年の立入検査も、「指摘事項なし」で合格点を頂きました。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 警備 | 定期検査は仕事にも… はコメントを受け付けていません。