カテゴリー別アーカイブ: 未分類

9月に入り

皆様いかがお過ごしでしょうか。 厳しい暑さも和らぎ、朝晩はすっかり秋めいてまいりました。

今夏を振り返ると、担当現場以外に突発修繕、不具合による設備改修工事が多く発注され、対応に追われました。 昼間は現場、夕方から夜は事務処理に追われ、忙しい日々と言うか、仕事を請け負いすぎてしまったと感じております。 最近落ち着きを取り戻したのを契機に、今後はスケジュールを詰め込み過ぎることのないよう、自らを戒めております。

9月23日は秋分の日。 季節の変わり目を前に、仕事を円滑にこなすヒント?及びアドバイスする立場として、様々な物の見方を備えておかなければならないと思うようになりました。 そこで今まで興味の対象外だった雑誌にも、意識して目を通すようにしております。 中でも目を引き付けられる記事が結構あって、ちょくちょく購入するようになったのが月2回発刊の「プレジデント」です。 ご存知の方も多いと思いますが、市販で一番売れているビジネス総合誌です。 仕事・人間関係・老後など、生きているからこそ直面せざるを得ない様々な事態が、毎号特集されております。

先月の目玉は「実家の大々問題」。 私自身、40歳を前にして思うところ、少なからずあります。 (まだ全部は読めていませんが)テーマこそ不変にして一つであっても、状況や対応策は十人十色・千差万別。 「これがだけ正解」なんて、あり得ません。 色々な人達の経験・見識に触れれば、自分が今後進むべき道、そのヒントには少なからずなると思います。 先人たちによって蓄積された情報に接するほど、過たず進むことが容易になります。

011718-sこうした感覚を仕事面でも生かせるように、通り一辺のテレビやネットのニュースだけでなく、書物や職場の情報など、常に感度の高いアンテナを張っておきたいものです。 過去の失敗や経験を踏まえて、新たな知識・先人の経験を基に、柔軟な思考を獲得したいものです。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 未分類 | 9月に入り はコメントを受け付けていません。

ある・・・大会です。 

みなさ~ん お疲れ様です。

さる6月17日、静岡市民文化会館にて、県内のアビリンピック大会が開催されました。

前年度は大会運営のお手伝いで、参加させて頂きました。

今回はエス・ビー・エム選手として、業務部特掃班・鈴木剛氏がノミネート。 Aコート・Bコートに分かれ、24名がビルクリーニングの鍛え上げた技を競いました。

DSCF0530DSCF0531

 

ゼッケンは「1」番と、大へん縁起の良い数字。

実演の方は7番目と、これまた良い番号・・・ 目指すは1位になって、今年は栃木で行われる全国大会だ! 業務部特掃班メンバーが一丸となって応援、村松取締役も駆け付けました。

競技開始 !

会社で練習していた時と違って、かなり緊張している感じだぞ。 一つひとつの動作は確実だけど、若干スピード感と言うか、リズムにも欠けているかな。 実践であれば慎重なのは評価されるけど、技を競い合うこうした場では、マイナスに見られがちかなぁ・・・

DSCF0536

上記写真は、競技後です。緊張が解けて、いつもの顔色に・・・

結果ですが、ウ~ン、全国大会は来年に持ち越しってことに。 鈴木さん、お疲れ様でした。

PS:来年はぜひ、全国大会を目指しましょうね。 会社の経費で、応援ついていきますから。

カテゴリー: スタッフ紹介, 担当者の趣味、その他, 未分類 | ある・・・大会です。  はコメントを受け付けていません。

命をつなぐ

一年の中で、私が尤も過ごしやすい時期になりました。
この季節、玉葱・トマト・ジャガイモが旬で、食卓に並ぶ事が多いかと思います。
秋の実りを見据えて、新たに作物を栽培する準備期間でもあります。

代表的なのは稲作です。 皆様は、『代掻き』をご存じですか?

代掻きとは、稲作を代表する『田植え』前に行う作業の事です。 田起こしが完了した田んぼに水を張って、土をさらに細かく砕き、トラクター等で丁寧に混ぜて土の表面を平らにします。 手間をかけることで、苗の生育や雑草の発芽を抑える効果があるそうです。
稲作にとって、代掻きは非常に重要な作業なのです。 「苗床」はその名の通り苗にとっての土台であり、手間暇かけた段取りです。 段取り八分なのは、稲作にも通じます。
代掻きが終わると数日後に田植えがあり、その後数か月に渡り、田んぼに張る水の管理が必要になります。

私の実家は元々、数十世代に渡り農家でした。 祖父の代からサラリーマンとの兼業農家となり、今に至ります。 稲作は渡辺家でも大昔から行っていますが、半世紀ほど前までは農機具などなかった為、手作業が普通でトラクターの代わりは『牛』だったそうです。

今年も仕事の合間に、代掻きを行いました。
半世紀前に比べれば田んぼの規模も小さくなり、作業効率も格段に増しましたが、慣れない手つきで田んぼに立つ私の姿は、きっと先祖から見たらヤキモキすることでしょう。
IMG_1197IMG_1200

カテゴリー: 天候, 担当者の趣味、その他, 未分類 | 命をつなぐ はコメントを受け付けていません。

今年もこの季節がやってきた

SBMブログを読んでくれる皆様!あけましておめでとうございます(早や1/28ですが…)。

ビルメンテナンス業であるSBMに入社し、12年が経ちました。 本社に勤務し12年もの間、一度も昇進しないという他に類を見ないほど出世という言葉からほど遠い私ですが、担当する業務は次々増えております。 12月に役職名がちょっと変わり、警備部長→警備・保守・売電事業部長と、長い役職名となりました。 そして、中西課長が直属の部下となりました。 ノー天気な私と正反対な性格の持ち主です。

管理職として大切な「公正で的確な判断力、決断力と行動力、権力に屈することなく部下を守る気概」といったところを教えていきたいと思っております(ついでに遊び方も伝授してあげようかとw)。17308109

タイトルの“季節”とは、言わずと知れた「入札時期」です。 毎年のことながら、プレッシャーと闘いながら頭をフル回転させ、タイミングを逸することなく行動しなければ大切な契約先(=スタッフの生活)を守ることはできません。 3月末には笑顔で、「今年は良かった」と言えるよう精いっぱい頑張ろうと思います。

その第1回戦が、1/27・熱海で開催されました。 簡単な勝負でなく、重圧のなか物件を死守すべく臨みましたが、結果は不調。 参加業者のいずれも予算額に達せず、おそらくは日を変え、再度入札となる見込みです。  人件費の高騰と人手不足の日本にあって、顧客側にも現状認識を強く求めたいところです。

カテゴリー: 営業, 担当者の趣味、その他, 日常業務, 未分類, 警備 | 今年もこの季節がやってきた はコメントを受け付けていません。

定期検査(診断)は長寿の秘訣!?

DSC_03038月というのに、ここ数日は暑さがひと段落の静岡です(と、油断させておいて、これから猛暑日が続くのでしょうが…)。

人間、どうあがいても年をとるものです。 個人差はあれ、老化を止めるなど現在の医学では不可能です。 これは私たちが管理する建物も同じで、躯体そのものの劣化もさることながら、各種設備機器に顕著となります。

人も物もメンテナンス次第で、長生きできるというものです。 自分の体をいたわるように、機械や道具を丁寧に使うことが肝要です。

法律によりコンディションをチェックすることが義務付けられているものも、数多くあります。 今回はその中の一つである、ボイラーについて触れたいと思います(といっても私は技術者ではないので、難しい専門用語は使いません)。

SBMで管理している契約先に、50年稼働しているボイラーがあります。 それってスゴいの!? 調べれば業務用ボイラーの寿命は、一般的に10~20年とする資料を多く目にしました。 これだけの長寿は、やはりスゴいようです。

ボイラーは年1回の性能検査が義務付けられており、ボイラー協会の各地域の検査員によって実施されます。 今回の検査員によれば、「この界隈でダントツに古いボイラーですね」。 人間に例えると、百数十歳の仙人みたいな感じでしょうか。 「しかし、コンディションは悪くない」とのことでした。 これは、ボイラー技士が毎DSC_0301日手を抜かず、古老の機械をいたわり愛情をこめてメンテナンスし続けた結果に、他ならないと思います。

昭和41年8月に製造されたこのサイクロンボイラー(バブコック日立製)は、現在の小型高性能化されたボイラーに比べ能力として大きく劣るものの、作りがシンプルな所に愛らしさを感じます。 できた当初は最新鋭だったはずで、看板には「特許申請中」などと書かれておりました。 メーカーのやる気が感じられます。 高度経済成長期の当時、国中が活気に溢れていたんだろうななどと、想像してしまいました。

私より年上のこのボイラーは、50年の永きにわたDSC_0300りひたすら蒸気を発生させ続け、おそらくはこの建物が建て替えられるとき、その役目を終えることでしょう。 機械とはいえ、少なからぬ畏敬の念を抱かせられます。

このように長く続けていくには、何より健康が第一です。 ・・・実は本日、年に1度の健康診断日になっている私です。 昨日は夜遅くまでブログを書いて、「血圧が高かった時の言い訳にしよう」などと・・・

思ったものの早く帰宅し、寝る努力をしました。

カテゴリー: メガソーラー事業, 常駐設備, 担当者の趣味、その他, 未分類, 特殊作業, 空調, 給排水設備, 電気設備 | 定期検査(診断)は長寿の秘訣!? はコメントを受け付けていません。

シロアリってやっぱり怖い!?

6月に入りました。 沖縄から順次、梅雨入りしていく季節です。 日本ではすでに、ゴールデンウィークを境に虫たちが活発に動き出しています。 虫の盛りは夏だと思っている方が多いかと思いますが、多くの虫たちは猛暑より、程よい暖かさを好むものです。imagesCAGBZ12C

一口に虫と言っても、可愛らしいのもいれば、グロテスクなものまで千差万別です。 とりわけ害虫といわれる、人の生活に悪影響を及ぼすものは、先入観からでしょうか、見てくれもあまり良くありません。 その中で今回は、家屋に深刻な被害をもたらすシロアリについて、触れたいと思います。

シロアリは「木を食べる白いアリ」と思っている方が多いかもしれませんが、実はアリではなく、ゴキブリの仲間なのです。 ゴールデンウィークが終わるあたりから梅雨前にかけて、羽アリとして巣立つシロアリを私たちは目にしているはずですが、実は羽アリのうちは黒いのです。 それで、シロアリと気づかない方が多いといわれています。

日本には、全国に分布するヤマトシロアリと、南部に分布するイエシロアリがおります。 静岡県は、このイエシロアリの分布境界線に当たります。 どちらも大事な家の木材に巣をつくり、食害を発生させますが、1つのコロニーが数万匹程度のヤマトシロアリに比べ、数百万単位で発生するイエシロアリの被害は甚大です。 よって新築時の木材にはシロアリ防除加工を施しますが、10~15年で効果がなくなります。 さらに最近は規制が厳しくなり、強い薬剤は使えないため、5年程度で薬剤効果がなくなるといわれております。images

シロアリは自然界に多く生息しており、特に山間部や海の近くほど数が増えます。 市街地でもちょっとした公園など、木のあるところには生息しておりますので、ほとんどの家で被害にあう危険性があります。 シロアリは地面の中から這い上がり、床下の柱から食い荒らします。 部屋の柱などに被害が出てから気づいたのでは、床下が悲惨な状態になっていることも少なくありません。 そこで定期的な防除施工を行うことが、不可欠になります。

SBMでは、このようなシロアリ等の調査・防除作業も行っております。

先日、山間のお宅で調査した際にシロアリの生息が確認されました。 その後、羽アリが家の中でも目撃されましたので、すぐに防除作業を実施しました。 作業は主に、家の床下を中心とした木部全体に薬剤を注入していく方法で行います。 その場にいたシロアリはもちろん、逃げ帰れば巣の中のアリたちまで駆除できます。 さらに5年間、薬剤効果でシロアリが発生しない保証もお付けします(それ以外の害虫の発生も、抑制できます)。

大事なマイホームがシロアリに食べられては大変ですし、被害が進行してからでは多額の修繕費が掛かります。 イエシロアリが多く分布する九州地方では、5年毎に必ず防除施工をする家が多いそうです。 地球の温暖化に伴い、北上してくるイエシロアリの被害にあわないたDSC_0295めにも、ぜひSBMにご相談ください。imagesCA3FFJYD

カテゴリー: 健康, 建築物環境衛生, 担当者の趣味、その他, 未分類, 特殊作業, 鼠・害虫防除 | シロアリってやっぱり怖い!? はコメントを受け付けていません。

いろいろ育つ季節です。

新緑の季節を迎え、少し前なら満開の花盛りに散るこぼれ桜と、目も心も楽しませてくれた国の花は、緑の葉桜に姿を変えましたrann。 日本人なら毎年当たり前の光景ですが、この季節の植物は日々姿を変えるのが、目に見えて分かります。 私が世話をしている本社鉢植えでも、新しい芽を出し花咲く準備にかかっているようです。 きれいに開花するのが楽しみな今日この頃です。 昨年花を咲かせずにいた胡蝶蘭も、今年は目を覚ましそうな気配が出てきました。

胡蝶蘭はあまり過保護にすると、葉っぱだけで生き長らえるので花を咲かそうとしないそうです。 一方で、鉢植えでほったらかしにすれば枯れてしまいます。 何か人を育てることに、共通していると思いませんか? さらにいうと、同じように世話をして毎年花をつける胡蝶蘭の株もあれば、同じ鉢の中で少し甘やかすと花芽を出すもの、逆に厳しくしたとき花芽を出す株もあります。 難しいものです… わが社の若手は、どうすれば芽が出て花を咲かせてくれるのか? 考えさせられることが多い日々です(自分もこんなことを考える年になってきたのか…と感じます)。

そんな私も、急成長中です。無題

何が??と、突っ込まれそうですが… 成長しなくて良い腹回りです。 原因はハッキリしていて、1つは「食事の量が増えた」(我慢しなくなった)。 2つめは「運動不足」(毎晩のストレッチをサボってる)。 これにより、3Kgほど体重が増え、数値以上に腹が太くなりました。 夏に向けて痩せなくては!と、思いながら毎晩ハイボールを晩酌に、TV観てるダメなオヤジです。

「連休を利用し、運動するぞ!腹八分目に我慢するぞ!」と連休初日の夜、ひとり残業しながら思いました。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 未分類, 警備 | いろいろ育つ季節です。 はコメントを受け付けていません。

明るい兆し!

今週末より、世はゴールデンウイークに突入します。

大型連休を前にして、明るい話題を耳にしました。 昨年5月、大涌谷の水蒸気爆発以来、一部区間で運休になっていた箱根ロープウェイが、4月23日より姥子~大涌谷間で再開されました。

但し大涌谷駅から外には出れませんので、利用者は車窓からの眺めのみになってしまいますが・・・

更に朗報は続き、1個食べると7年寿命が延びると言われる名物【黒たまご】が、近接する「ロッヂ富士見苑」で、28日から販売されるとの報道がありました(数量限定)。

そんな折、いつもお世話になっていますクライアント様より、箱根仙石原の某施設に提案していました冷蔵ショーケース設置の依頼を受けました。

納品は、さすが専門メーカーのホシザキさん。 狭い通路も慎重に運搬し、手際よく設置。 約1間程度で完了しました。 休眠状態の続いた大涌谷周辺も、ようやく活性化しつつあります。

 

 

 

 

カテゴリー: グルメ, 定期清掃, 担当者の趣味、その他, 未分類, 自然災害 | 明るい兆し! はコメントを受け付けていません。

J2開幕

2月29日、2016年のJ2が開幕しました。

15,000人もの観客数となり、J1から落ちたチームとは思えない程の賑わいでした。

J2・清水エスパルスを見るのは初めてですが、むしろ去年の開幕戦より盛り上がっている感じがします。 西側スタンドを埋め尽くすオレンジ色は、見るたび感動新たです。

個人的には、去年と比べ守備も安定して、多少攻撃的になったと思います。 でも、肝心のシュート数が非常に少ない。 結果、愛媛からゴールを奪えず引き分けに終わりました。 早く1勝を上げ、波に乗ってJ2優勝を果たし、来年はJ1に復帰してほしいです。 頑張れ、清水エスパルス。

IMG_1684追:3月6日(日)第2節V・ファーレン長崎戦で、3対0と快勝しました!

 

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 日常業務, 未分類 | J2開幕 はコメントを受け付けていません。

厄払いは大事!?

暖冬と思われた今年の冬ですが、1月中旬以降、日本各地で大雪が降ったり、奄美地方で雪が観測されたりと、いきなりビックリする寒さの到来です。 とはいえ静岡県は比較的暖かく、雪はほとんど観測されません。 恵まれた土地で生活していることを実感します。

この時期は入札をはじめとして、多くの現場で契約の見直しが行われるなど、慌しくなります。 警備事業部においては、後期の現任教育を2月に行うことが恒例になっており、今15415248年も3班に分けて行う予定です。

SBMの警備員さんたちは1か月ごとの勤務表に基づいて勤務しており、あまり変更等はないのですが、2/4(木)、静岡地区で3名の警備員さんの身にトラブルが発生しました。 私が10年以上担当している中で、初めての出来事です。 警備員のシフトは、誰かが急な病気などあっても大丈夫なように余裕を持って管理しているのですが、一度に3人も勤務できなくなるなんて想定外でした。

順を追って説明します。 午前中、1人目から「朝のウォーキング中、横断歩道を渡っていたら車に突っ込まれて、足を打撲した」と連絡がありました。 幸い軽傷で週明けから復帰できる見込みと聞いて、ホッと一息です。

2人目は「体調が思わしくないため退職したい」とのことで、数日前から前兆はあったものの、よりによってこのタイミングで… 今月の勤務を変更しなきゃと思案しておれば、夜になって3人目の電話が鳴り、療養中であった御身内が危篤で出勤不可と報告うけます。 夜8時半ごろ、慌てて勤務を組み替えるべく各隊員に電話したところ、警備員の方たちは自らの用事をキャンセルしてまで、仕事を優先してくれるとのこと。 頭が下がる思いとともに、仲間を慮る連帯感に喜びを感じました。13138046

ここで、タイトルの「厄払いは大事!?」ですが、前日の2/3は節分で厄払いをする日だったのにすっかり忘れていたどころか、今日(2/4)恵方巻きを買いにコンビニ行ったら売ってない → 節分は昨日だった(-_-);と初めて気が付いた次第…

個人的に神様の存在は信じておりませんが、厄払いを忘れた翌日にこんなことがあると、バチが当たったかな?と思わずにはいられません。 これで鬼が退散してくれることを、こんなときだけ、神様に祈るばかりです。

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 日常業務, 未分類, 警備 | 厄払いは大事!? はコメントを受け付けていません。