作成者別アーカイブ: Daisuke Inoue

忙しい悲鳴と新しい仲間

早いもので、今年も半年経ちました。 6月に入り、暑さも増しています。 我が至福のビキニシーズンが、もう目の前です。

5月は忙しい日々でした。 GW明けから三島の常駐現場が作業変更・増加の為、月末まで作業と指導に入りました。 毎朝5時過ぎに起床し、現場に向かう日々は正直辛かったです。 しかしそれ以上に、いい勉強になりました。

今回は資材の選定から作業手順、時間の割り出しまで全て任されました。 頭で考えていても、実際に作業して時間通り終わらなければ、パートさんに負担を掛け、会社の数字にも影響します。

前夜は考え込んで眠れず、寝不足の状態で初日を迎えました。 時間通り無事終わって、ホッと胸を撫で下ろしたところです。 スタッフも新たに1名加わり、1か月過ぎました。 今のところ問題なく、順調に進んでおります。

狩野窪部長、現場を任せて頂き、私への信頼に感謝しております。 とても貴重な経験になりました。 O関さん、早く一人前になって、日常現場も覚えて下さいね。

さて、話は変わりますが、6月1日から業務部に新しい仲間が入社しました。 村松誠くん。 34歳、期待の若手です。 2ヶ月の試用期間を経て、正社員登用が内定しています。

これから覚える事だらけで苦労続きの日々を過ごすでしょうが、彼ならきっと大丈夫です。 私も同じ道を通ってきたので、彼を全力でサポートします。

DSCF0379

カテゴリー: スタッフ紹介, 日常業務 | 忙しい悲鳴と新しい仲間 はコメントを受け付けていません。

GWの仕事

いい陽気になってきました。 私の大好きなシーズンが目の前です。 待ち遠しいです。 GWは毎年恒例の定期清掃があり、大型連休とは全く無縁の日々でした。

久々に、仕事についてご報告したいと思います。 GWの1日目は、床面剥離清掃を行ないました。  久々の作業でしたが、特掃班全員の頑張りで無事終わる事が出来ました。

IMG_4516IMG_4517

2日目・3日目は、富士宮にある工場の定期清掃を行ないました。 床面洗浄と換気扇清掃です。 1Fの工場内通路は油汚れが酷く、自動床洗浄機とポリッシャーの二刀流で行ないました。 時間と手間は掛かりますが、私達はキレイにする事が仕事ですので妥協は許されません。 3日間と大変な作業でしたが、達成感に満たされた、充実のGW(グッド・ワーク)でした。

IMG_4593IMG_4604

カテゴリー: 定期清掃 | GWの仕事 はコメントを受け付けていません。

連休、羽の生えた小遣い

IMG_4330久しぶりに連休を頂き、充実した2日間を過ごしました。 同時に、仕事より疲労度高い2日でもありました。

4月1日と2日、地元・春の風物詩「静岡まつり」が開催されます。 子供たちはお祭りが大好きです。 と言うより、屋台が好きと言った方がいいか。 露天を回って大はしゃぎ。 あれ買って、これも欲しい。 姉弟双方からせがまれます。

子供の幸せは、親父にとっての地獄です。 屋台で売られている物はどれも割高、お小遣い制の私には痛い出費となります。 今思い返せば、自分も幼少期に祭りに連れて行ってもらい、色々おねだりしたものでした。 あの時の父の心境も似たようなものであったか… 子を持って初めて知る親のありがたさです。 少し大げさか。

小雨降る初日は、寒さに震えながらロンブーの亮を見てきました。 亮より、本音はビキニですが。 それでもわざわざ出向いたのは、私が多少ともミーハーだからでしょう。
2日目の朝は、町内会の組長をやっている関係で公民館の清掃をしてきました。 清掃が終わり家に帰ると、娘に「お祭り」とせがまれ、自転車を走らせ会場に。 昨日に続き、しこたま買わされました。 まぁ、娘が喜んでくれればいいか。

IMG_4333夜は夜で、息子の誕生日を1日前倒ししてお祝いします。 私のプレゼントはストライダー。 2歳から乗れる自転車です。 べダルがなく、バランス感覚が身に付くと言われる逸品です。 お値段もそこそこ高いので、飽きずに乗って欲しいものです。 出費続きの父ちゃんは明日から仕事に励んで、また稼がなくちゃ。 ささやかな私の小遣いは、連休に生えた見えない羽と共に、はかなくも去って行ったのでした。

 

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 連休、羽の生えた小遣い はコメントを受け付けていません。

世界児童画展

3月に入ると寒さも和らぎ、暖かくなってきたと同時に辛い季節の到来です。

花粉症の私は、この時期から梅雨入りぐらいまで毎日が憂鬱です。 ヒドイ時には花粉症と蓄膿を発症するのですが、今年はこのダブルパンチに当たってしまいました。 2月下旬に体調を崩し、37.8度の熱が出ました。 私にとっては超高熱。 もともと平熱が低く滅多に熱の出ない私には、耐えられない事態です。 翌日にはトイレ清掃200基以上が待ち構える状況。 休むこともままならず、ふらふらになりながらも仕事に励みました。

風邪の悪化・蓄膿・花粉と、ダブルどころかトリプルパンチです。 現在は回復傾向ですが。

今回のお題ですが、もうすぐ5歳になる娘が幼稚園で書いた絵が、世界児童画展で入選いたしました。 世界児童画展とは、公的財団法人「美育文化協会」が主催とのことです。 私にはさっぱり判りませんが、話題の森友学園とは何の関係もないようです。

応募点数50989点に対して入選6607点。 数字も美術も苦手な私には、入選の確率もどれほどの価値かもさっぱり分からないものの、1歳頃から絵を描くのが好きだった娘にあっぱれ!です。 今後もビキニ好き親父の背中など見ず成長して、(私が唯一知っている)ジミー大西画伯など目指してほしいものです。 といってジミー大西タイプが娘の彼氏になるのは、ちょっと抵抗がありますが。

IMG_4083

※絵のタイトルは「こびとのくつやさん」

 

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | 世界児童画展 はコメントを受け付けていません。

オクシズ

最近、オクシズにはまっています。 2週連続で、オクシズに行きました。 「奥静岡エリア」の愛称で、大井川上流域の「奥大井」、藁科川上流域の「奥藁科」、安倍川上流域の「安倍奥」、興津川上流域の「奥清水」の4地域をいいます。

先週は寸又峡に行き、パワースポットでもある夢の吊り橋を渡ってきました。 しかし、残念な事がありました。 ネットで見た夢の吊り橋と現実はかけ離れ、橋の眼下にエメラルドグリーンの光景IMG_3979はなく、枯れ果てた湖だけが拡がっています。

なんと、工事中のため上流のダムからの放水を止めているとの事。 無念。 片道1時間50分、険しい道を走り来たのに・・・ それでも、来れた事自体に満足しようと前向きに思い直したものです。

今週は、リバウェル井川と井川湖に行きました。 リバウェル井川では、子供とソリ滑りを満喫しました。 続いて井川湖に到着すれば、またしても残念な光景が眼前に。 こちらも工事中で、綺麗な湖はどこへ? 私は日ごろの行いにやましい所がなく、多分妻の出張を良いことにキャ●クラ通いを続ける大●さんあたりの影響によるものと、微かな恨みの念を抱いております。 とことんついていない、オクシズの旅でした。

少し気落ちした帰り道、井川駅を通ると、ミニトロッコが停車していました。 最近めっきり電車に乗る事もなく、レトロ感満載で車を止めて写真を撮りました。 こんな思いがけない出会いも、静岡県に住めばこそ、そう実感しました。

海でビキニを眺めるのもいいですが、いや、ビキニはとてつもなくイイものですが、時間を忘れさせてくれる山もいいなと実感した、小さなオクシズの旅でした。

IMG_3993

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | オクシズ はコメントを受け付けていません。

アッという間の3年

新年おめでとうございます。 本年最初のブログ更新です。

私がエス・ビー・エムに入社して、3年が経ちます。 当初ひと騒動起こしまして、1か月後に退社寸前までいきました。 入ってすぐに、右も左も分からないまま某ホテルの新規立ち上げを任され、頭がおかしくなりそうだったのです。 というか、実際おかしくなりかけましたが。

振り返ればあの時のパニックを通過してこそ、今があることを実感します。 ホテルが落ち着き、特掃班に入ると突然(とてもブログで公表出来ない理由から)リーダーがいなくなり、やむなくその後任になりました。 この時はホテルの管理以上にきつく、正直もう無理だ!と思い、毎日悩みました。

契約先の場所も分からず、定期清掃の範囲も知らず、教えてくれる人もいない孤独な日々でした。 ある日を境に管理の全てが、ビッグウェーブの如く我が身を襲ったのです。 上司たるK部長は、そんな状況にあっても一切助けてくれません。 「あんたの管理だから」の一点張り。 上司ってこんなに冷たいものなのかと感じながら、1日1日を乗り切るので精一杯。 夜も眠れず、頭の中は仕事ばかりで家族の会話も上の空。 そんな毎日が続き、どうにか心身ともに安定したと思えるまでには、相応の歳月が必要だったわけです。

0e3a1873今では冷淡とも思えたK部長の対応に、皮肉でなく感謝しています。 辛い時期を過ごし、自力で乗り切ったからこそ少しは成長出来た自分がいるのだと。 K部長、これからもクールな(冷やかな)ご指導、お願い致します。

今は特掃班スタッフに、新たな戦力の参加を希望しています。 まだ見ぬ後輩が成長して、いつしか現場管理を任せられる日が来ますように。 それに私の場合、我が上司のような氷の指導はしませんので、安心してご入社ください。

今年も宜しく、お願い致します。。

 

 

カテゴリー: 定期清掃, 常駐設備, 研修 | アッという間の3年 はコメントを受け付けていません。

J1昇格おめでとう

今年も残りわずかとなりました。 1年終わるのがアッという間です。  恋しい夏、ビキニの季節が待ち遠しい、今日この頃です。

11月20日、J2リーグ最終節。 札幌・清水・松本、上位3チームいずれもがJ1昇格の可能性を残す大混戦となりました。

我らがエスパルスは勝てば自動昇格、負ければ松本山雅の結果次第でプレーオフ進出に回ることになります。 当日は現場に出ていましたが、正直、気持ちここにあらずでした。 もちろん、作業はしっかりこなしましたけどね。 コッソリ途中経過を見た時は1-1の状況で、今日の昇格は無理かな。。 嫌な予感が頭をよぎりました。 後半28分、これまで出場機会に恵まれなかった金子 翔太が鄭大世のクロスに合わせ、勝ち越しゴールを奪取! 結果2-1で勝利し、自動昇格を勝ち取りました。

清水エスパルス、J1昇格おめでとうございます。

1年でのJ1復帰、本当に嬉しいです。 今の勢いを保って来年は、J1優勝をぜひお願いします!

img_2841

 

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | J1昇格おめでとう はコメントを受け付けていません。

アイコスよりも愛が欲しい

既存のタバコをアイコス(写真下)に切り替えて、早いもので1ヵ月が経ちました。 最初の頃は不味くて、吸い続けるのに抵抗を感じたりもしました。

アイコスもタバコの一品目には違いありませんが、火を使わず、ヒートテクノロジーで加熱します。 しかも灰が出ない。 この点が、とても素晴らしい。

アイコスを吸い始めて、自分の中でいくつか変わった事があります。 まず、手のタバコ臭が消えて、特に口臭が気にならなくなりました。 逆に他人の煙をうとましく感じる様になり、近くで吸われると気持ち悪くなることさえあります。 さんざん自分も周囲に迷惑をかけておきながら、まったく勝手なものです。 汚いお話ですが、朝起きた時の気持ち悪さも全く無くなりました。 もともと偏頭痛持ちの私ですが、こちらも少し改善されたようです。

気の持ち様かもしれませんが、アイコスにして本当に良かった。 個人的にお勧めです。 本音を言えば私にとって、アイコスよりもはるかに吸いたい、弾力があって丸い形状の好物があるにはあるのですが・・・

dscf1002

カテゴリー: 担当者の趣味、その他 | アイコスよりも愛が欲しい はコメントを受け付けていません。

待ってろJ1

J2リーグも、残り8試合となりました。

現在5位のエスパルス。 10/2に行なわれたセレッソ大阪戦の幕切れは、まさかの劇的勝利でした。 アウェーでの試合経過が気になり、ネットで頻繁に確認していました。

途中経過は1-0、今日はダメかと内心諦めていました。 それが1-1に追いつき、すわ終了かと思われたアディショナルタイム、劇的ゴールが生まれ勝利しました。 前回の水戸戦に続き粘った末の勝ち点3、感動しました。

現状5位で状況は厳しいですが、必ず1年でJ1に返り咲いて欲しいです。 残り8試合、全力で応援します。

812aceb71

カテゴリー: イベント, 担当者の趣味、その他 | 待ってろJ1 はコメントを受け付けていません。

誰もいない海 届いたあなたからの便り

今年も海に行けぬまま、大好きなシーズンが終わりました。 時は残酷なまでにその歩みを止めず、至高の輝きに満ちたビキニ・シーズンはセピア色の過去へと遠ざかり、いつしか色褪せていきます。 詩人ですね。 プールで、多少のビキニは堪能しました。 しかしこちらはあくまで子連れ中心のため、ビキニ・マニアの私にとっては邪道の地です。 やはり海に行かなければ、真の御馳走にはありつけないのです。 こんな変態ジョーク、嫁にはとても見せられません。 これぐらいにします。

7月中旬に受講した清掃作業監督者の終了証書が、やっと届きました。 講習会時に、合格していれば1ヵ月で終了証書が届くと伝えられていたのに、それ以上経っても届かないので半分ダメだと思っていました。 その矢先の到着です。 ビルクリーニング技能士に続き、清掃作業監督者を取得した今、ホッと胸をなでおろしています。

長い道のりでしたがとてもいい勉強になり、貴重なプレッシャーを味わう機会にもなりました。 少し間をおいて、次の資格に挑戦したいと思っています。 個人的にはまだまだ知識が足りない貯水槽清掃作業監督に挑戦したいのですが、来年は水槽の水を相手にするより、海に浮かぶビキニの波間を漂いたいと心から願う、素直な心の二児の父親でした。

DSCF1570

 

 

 

カテゴリー: 担当者の趣味、その他, 資格制度 | 誰もいない海 届いたあなたからの便り はコメントを受け付けていません。